SEARCH GINZA ID

G’s BOOK REVIEW 藤野可織『ピエタとトランジ〈完全版〉』女子バディものの短編がカムバック!etc.

G’s BOOK REVIEW 藤野可織『ピエタとトランジ〈完全版〉』女子バディものの短編がカムバック!etc.

『ピエタとトランジ〈完全版〉』

藤野可織

ピエタとトランジ

(講談社/¥1,650)

《トランジのそばにいるとみんな死ぬ》。事件を誘発する特殊体質を持つトランジと、高校で彼女と出会って以来、親友として、助手として、一緒に事件を捜査するピエタ。2013年に発表された女子バディものの短編が、エンタメ長編になってカムバック!目次には12の「事件」が並び、少女たちは年を重ねながら事件に挑み、それを楽しむ。80歳を越えたってアイスを食べ、そしてこぼす。オリジナルから読むか?長編に飛びこむか?どちらもおすすめです。

 

『チェリー』

ニコ・ウォーカー

チェリー

(黒原敏行訳/文藝春秋/¥1,950)

ドラッグ、大学、従軍と帰還。ドラッグ、結婚と離婚、銀行強盗。現実が性に合わないアメリカ人の青年は、イラク戦争に派遣されれば、兵隊も軍隊も《全部ふりなんだ》と感じる。ヘロインを打っては期限つきの安らぎを得、薬を手に入れるために犯罪に歩み寄る。獄中で、タイプライターで書かれた文章は、リズムを変え場面を変えながら、人が抱える寄る辺なさをザクリザクリと掘り起こす。トム・ホランド主演で映画化も決定した話題作。

 

『エレンの日記』

エレン・フライス

エレンの日記

(林央子訳/アダチプレス/¥2,400)

旅をして、ショーを観て、人と近しく語り合ってワインを飲む。写真、小説、映画、アート、猫、そしてもちろん雑誌のことをいつだって考えている。2001〜05年に『流行通信』で連載された「Elein’s Diary」が15年の時を経て1冊になった。書き手は、多くのクリエイターに影響を与えたフランスの雑誌『Purple』の創刊編集長。客観より主観によって、感性に形を与え、女性のヴィジョンを伝え、消費だけではない生活を綴る言葉が今に響く。

Recommender: 鳥澤 光

ライター、編集者。痛快さと、痛快でなさと、生の言葉。人の目に映るものを見つめるように読む3冊。

GINZA2020年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)