SEARCH GINZA ID

G’s BOOK REVIEW 香りに導かれて感情が躍る長編小説。千早 茜『透明な夜の香り』 etc.

G’s BOOK REVIEW 香りに導かれて感情が躍る長編小説。千早 茜『透明な夜の香り』 etc.

『透明な夜の香り』
千早 茜

透明な夜の香り

(集英社/¥1,500)

蔓薔薇、坂道から見える薄灰色の海、深い深い紺色の声。香りの話は色からはじまる。暗闇で花が咲くのを知り、雑踏で人を見つける嗅覚を持つ朔は調香師。彼のサロンにはオーダーメイドの香りを求めて人々がやってくる。家事手伝いに通う一香は《秘密のにおい》を抱えている。トップノートから香りに導かれて感情が躍る長編小説。シャンプーや化粧水を支給され、調香されるがごとく《手入れされ》る従業員と雇い主の関係がなんともロマンティックだ。

 

『月のケーキ』
ジョーン・エイキン

月のケーキ

(三辺律子訳/東京創元社/¥2,000)

桃、ブランディ、クリーム、タツノオトシゴの粉にグリーングラスツリー・カタツムリを混ぜて混ぜて、満月の夜に作られるケーキは誰のもの?戸棚に隠れたバームキンは敵なの味方なの?死んだ人にお別れを言う方法は?“おおかみ年代記”や“アラベルとモルティマー”シリーズなどの児童文学でも知られる英国人作家が、1000年前の森の中から現代のスーパーマーケットまで、時空を行き来して集めた奇妙な手触りの13編を収める。

 

『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』
宇多丸

ライムスター宇多丸

(新潮文庫/¥710)

オススメ映画を聞かれたら、まずは《「相手が本当に望んでいるものはなんなのか」を探り当てる》ための会話から。映画時評も長く続ける著者が、生来のオススメしたがり体質を蛇口全開にして、自転車通勤、旅への欲求、「男らしさ」への不満、ファッションの意味など種々雑多なお悩みに答える。1つの悩みに5本10本なんて当たり前。ビフォー/アフターで《決定的に変わってしまったと感じられるほど》の映画との「縁」を手渡してくれる人生相談本。

Recommender: 鳥澤 光

ライター、編集者。本を読み、映画を観て、過去と未来を思って今を磨く。そんな日々もよいものです。

GINZA2020年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年8月号
2020年7月10日発売

GINZA2020年8月号

No.278 / 2020年7月10日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
もっと知りたい もっと観たい 映像クリエイターズ!

映像の中で見つける
夏ものがたり

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)