SEARCH GINZA ID

G’s BOOK REVIEW 津村記久子の新作『サキの忘れ物』etc. 読書の秋、幾度も読み返したい3冊をピックアップ

G’s BOOK REVIEW 津村記久子の新作『サキの忘れ物』etc. 読書の秋、幾度も読み返したい3冊をピックアップ

『サキの忘れ物』
津村記久子

『サキの忘れ物』 津村記久子

(新潮社/¥1,400)

愛とか運命とか優しさとか、そういうものは額に入れられて飾られるような立派ななりをしている時もあるけれど、喫茶店のテーブルに残された文庫本のようにひっそりと存在していたりもする。この質感が、愛である。忘れ物、目の中を滑る女友だち、野生動物に隣のビル。行列、パワースポット、ゲームブック、9つの短編の入り口は読み手の世界と地続きで、登場人物の横顔は見知った誰かによく似ている。世界へのこの信頼感が、津村記久子印なのである。

 

『余生と厭世』
アネ・カトリーネ・ボーマン

『余生と厭世』 アネ・カトリーネ・ボーマン

(木村由利子訳/早川書房/¥2,300)

72歳の誕生日、引退の日を指折り数えるフランス人の精神科医のもとに新しい患者がやってくる。「消えてしまいたい」という告白とほのかな焼き林檎の香りが医者の内側に入りこむ。目に映していた日常というフレームの外に、感情が、生活が、色づき始める。生きているのは誰か、死はどこに存在するのか。生と死が語られるなかでしばしばこぼれ落ちてしまう思いを拾い上げ、柔らかな布のような言葉で磨き上げた、静かな中編小説。

 

『かしこくて勇気ある子ども』
山本美希

『かしこくて勇気ある子ども』 山本美希

(リイド社/¥1,800)

結ばれ、子を授かり、生まれる日のために準備をする。数限りなく繰り返されてきたこの営みには、どれほどの思いが重ねられ、時間がかけられてきたのだろう。「ユニークで面白い子」に、「賢くて勇気あるスゴい子」に、と夢想しながら子の誕生を待つ夫婦のもとにひとつのニュースが届けられ、思い描いた未来に影が差す。子どもたちにどんな世界を手渡すのか?誰もが抱える問いと迷いを、真正面から見つめるための勇気をくれるフルカラー長編漫画。

Recommender: 鳥澤 光

ライター、編集者。誠実さの気配に吸い寄せられるように手にした3冊。幾度も読み返したい3冊です。

GINZA2020年9月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)