SEARCH GINZA ID

G’s ART REVIEW 世界初の大規模な回顧展『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』etc.

G’s ART REVIEW 世界初の大規模な回顧展『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』etc.

12月のエンタメをレビュー!GINZA編集部がレコメンドする展覧会をご紹介。


石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

石岡瑛子 ポスター [西洋は東洋を着こなせるか]

石岡瑛子 ポスター [西洋は東洋を着こなせるか]1979(パルコ) アートディレクション

アートディレクター、デザイナーとして、新しい時代を切り開きつつ世界を舞台に活躍した、石岡瑛子。その仕事は、1970〜80年代のパルコなど時代を画した広告キャンペーンから、アカデミー賞も受賞した数々の映画での衣装、ビョークと組んだミュージック・ビデオや北京オリンピックのプロジェクトなどのほか、オペラ、演劇、サーカスなど多岐にわたる。世界初の大規模な回顧展となる本展。パワフルな情熱が刻印された石岡の仕事は、私たちに勇気と力をくれるはず。

【石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか】

期間:  開催中〜2021年2月14日(日)
場所: 東京都現代美術館

▶︎https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/eiko-ishioka/

 

トランスレーションズ展 −「わかりあえなさ」をわかりあおう

『トランスレーションズ展 −「わかりあえなさ」をわかりあおう』

和田夏実+signed[Visual Creole]

テクノロジーの発展によっていつどこでもつながれる現在、「翻訳」の役割も変わりつつある。本展は「翻訳」を「互いに異なる背景をもつ“わかりあえない”もの同士が意思疎通を図るためのプロセス」と捉え、さまざまな「翻訳」のあり方を提示していく。展覧会ディレクターは、情報学研究者のドミニク・チェン。AIの自動翻訳を用いた体験型展示や、手話などの豊かな身体表現、人と動物そして微生物とのコミュニケーションまで。知らない世界への鍵となる「翻訳」の魅力を感じて。

【トランスレーションズ展 −「わかりあえなさ」をわかりあおう】

期間:  開催中〜2021年3月7日(日)
場所: 21_21 DESIGN SIGHT

▶︎http://www.2121designsight.jp/program/translations/

 

生誕100年 石元泰博写真展 伝統と近代

[桂離宮 中門の乗越石]ゼラチン・シルバー・プリント 1953, 54 高知県立美術館蔵 ©高知県, 石元泰博フォトセンター

石元泰博は、戦後日本の芸術界に大きなインパクトを与えた写真家。日本の伝統建築の新たな解釈を表現した桂離宮シリーズをはじめ、同時代の建築家の仕事を撮った作品、そしてライフワークとなったシカゴと東京の人と街を捉えた作品など、対象の構造的、空間的特性を鋭く捉える石元の美学は今もなお輝きを放つ。生誕100年にあたる2021年に向けて、本展のほか、東京都写真美術館、高知県立美術館でも異なる切り口の回顧展を開催。石元の世界を存分に堪能できる。

【生誕100年 石元泰博写真展 伝統と近代】

期間:  開催中〜2020年12月20日(日)
場所:東京オペラシティ アートギャラリー

▶︎https://www.operacity.jp/ag/exh234/

Recommender: 柴原聡子

建築とアートの編集者。近年の巨匠の回顧展続々。彼らの作品は、見る側のパワーを引き出してくれる。

GINZA2020年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年2月号
2021年1月12日発売

GINZA2021年2月号

No.284 / 2021年1月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
どんなときでも
ファッションスナップ

2021年もスナップ特集
スタートします!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)