シティーボーイの旅行プラン。米オースティンで映画フレンドリーな滞在を

シティーボーイの旅行プラン。米オースティンで映画フレンドリーな滞在を

遡ること半年前、「年末はどこ行きたい?」と何気なく彼女に問うてみたら、返す刀で「テキサス」と言うではありませんか。そう、アメリカ合衆国テキサス州です。私はのけぞりました。だって、テキサスには私も10年くらい前から興味をいだいていたんですから。まぁ、彼女はヒューストン、私はオースティンに興味があったという方向性の違いはあれど、いずれもそう離れてはいません。ならば、どっちも行っちゃえ! ってことで、クリスマス・イヴから大晦日まで、ヒューストン&オースティンに滞在してきます。彼女との海外旅行ということで、しっかり計画してみました。今回はオースティンの行きたい場所をお伝えします。ヒューストン編はこちらから

 

オースティンは映画フレンドリーな街らしい。

“Keep Austin Weird”。「いきなりなんですか?」と問い詰められそうですが、テキサス州オースティンの街のスローガンです。いいじゃないですか。さすが、テキサス州という保守的なエリア(=トランプ支持)のなかで、ほとんど唯一リベラルな街と言われるだけあります。

そもそもオースティンのことを私が気にするようになったきっかけは、「サウス・バイ・サウスウエスト」(以下、SXSW)にほかなりません。SXSWとは、毎年3月にオースティンで開催される、音楽と映画とテクノロジーのフェス。もとは1987年に音楽フェスとして始まり、その後に映画、テクノロジーと部門を増やしていきました。なかでも、映画部門のラインナップのエッジが効いてて、10年くらい前から「面白いインディ映画の登竜門になりつつあるぞ」という声を日本でも耳にするようになり、私も注目し始めたクチです。実際、『GIRLS/ガールズ』のレナ・ダナムや『アンダー・ザ・シルバーレイク』のデヴィッド・ロバート・ミッチェルが頭角を現したのもここで……と、長々とSXSWについて解説してきましたが、開催されるのは3月なので、今回の旅ではもちろん行けません(悔)。

 

View this post on Instagram

 

SXSWさん(@sxsw)がシェアした投稿

今年のSXSWでは『レディ・プレイヤー1』が特別上映された。

 

リンクレイター監督の映画館もあるって!

ですが、これに限らずオースティンは、なかなかどうして映画フレンドリーな土地なのです。それを語る上でのキーマンが、映画監督のリチャード・リンクレイター。『ビフォア・サンセット』に始まる「ビフォア」シリーズや『スクール・オブ・ロック』『6才のボクが、大人になるまで。』などで知られる人ですね。彼がオースティン出身で、作品の舞台にもかの地がよく選ばれていることは映画好きには周知の事実かもしれません。しかし、その彼がオースティンに映画スタジオや映画館を所有していたなんて知ってました? その映画スタジオを作るまでの経緯っていうのがまた最高なんです。なんでも90年代後半、街の南に新しい空港ができることになったので、リンクレイターとその友人たちは市役所を訪ねて言ったそうなんです。「古い空港をぼくらに預けて、地元の映画産業のためにスタジオを作らせてくれないか」と。そしたら、市役所からの返事は即答で「イエス」。「他の街じゃ突っぱねられてたはずさ」とリンクレイターはある雑誌のインタビューで笑っていましたが、まさに“Keep Austin Weird”アッパレなエピソードじゃないですか。前置きが長くなりましたが、件のリンクレイターが運営する映画館「AFSシネマ」には行って、グッズをしこたま買ってくるつもりです。

AUSTIN FILM SOCIETY www.austinfilm.org/afs-cinema/


リンクレイターのオースティン映画としては『スラッカー』が有名。

 

View this post on Instagram

 

Austin Film Societyさん(@austinfilm)がシェアした投稿

ASFシネマの外観。

 

View this post on Instagram

 

Austin Film Societyさん(@austinfilm)がシェアした投稿

マーチャンダイジングも充実している。

 

「A24」のマーチャンはゲットしたい。

1997年に開業した「アラモ・ドラフトハウス・シネマ」って映画館も気になっています。ここは本格的なレストランやバーを併設した映画館の先駆けで、また上映前に独自に制作した注意喚起ビデオや予告編を流すことで有名。

 

View this post on Instagram

 

Alamo Drafthouseさん(@drafthouse)がシェアした投稿

そうそう、オースティンが舞台のドリュー・バリモア監督作『ローラー・ガールズ・ダイアリー』で、主人公がボーイフレンドとデートに行っていたのもここですね(ちなみにいうと、この映画ではもうひとつデートスポットとして、街中にあるダニエル・ジョンストンのカタツムリの壁画も映っていました。これも見たい!)。「アラモ」では予告編見学と同時に、もうひとつ目的があります。「A24」という会社を聞いたことがあるでしょうか。『スプリング・ブレイカー』『ブリングリング』『ムーンライト』『20センチュリーウーマン』『レディバード』などなど、今もっとも具合のいい作品を手がける映画制作&配給会社です。マーチャンダイジングにめちゃくちゃ力を入れていて、これがまた具合がいいのなんの。特に気になっているのが、監督たちに作らせたZINE(マイク・ミルズやグレタ・ガーウィグも作っている!)。だかしかし、残念なこと日本にはシッピングができず。アメリカ国内の映画館では買えるらしいので、「アラモ」で買えるだけ買ってこようと思っています。

Alamo Drafthouse Cinema drafthouse.com/sfx

A24  shop.a24films.com

 

View this post on Instagram

 

Alamo Drafthouseさん(@drafthouse)がシェアした投稿

座席はこんな感じだから飲食したい放題。

 

View this post on Instagram

 

Alamo Drafthouseさん(@drafthouse)がシェアした投稿

「スターウォーズ」上映時の注意喚起ビデオ。

 

View this post on Instagram

 

A24さん(@a24)がシェアした投稿

グレタ・ガーウィグが作ったZINE

 

View this post on Instagram

 

A24さん(@a24)がシェアした投稿

こちらはマーチャンのソックス。普通にかわいい。

 

世界一のタコスも食べられる。

もちろん、食べ物も映画がらみで考えていますよ。アジズ・アンサリが監督&主演を務めたネットフリックスのドラマシリーズ『マスター・オブ・ゼロ』はみなさんも大好きかと思います。そのシーズン1でアジズの彼女役を演じたノエル・ウェルズというコメディエンヌを覚えています? 彼女も実はオースティン出身。でもって、自身の監督作『ミスター・ルーズベルト』や、監督作ではないけど出演している『ソーシャル・ロマンス』の舞台がオースティンなのです。どちらも“プロレタリアート版レナ・ダナム”って感じの趣で大変に素晴らしい作品なのですが、注目すべきはその両方で「アメリカで一番美味いタコス」として、「PUEBLO VIEJO」というフードトラックのタコス屋さんが登場するのです。ノエルがそこまで推すならば、行かないという選択肢はないでしょう。
PUEBLO VIEJO www.puebloviejoaustin.com


『ミスター・ルーズベルト』はNetflixで観られるよ。

 

View this post on Instagram

 

Pueblo Viejoさん(@puebloviejoaustin)がシェアした投稿

「PUEBLO VIEJO」のタコス。食べなくてもわかる、美味いやつやん。

オースティンはそんな感じです。とにかく映画フレンドリーなエリアだってことは伝わったかと思います。他にも、古着屋、古本屋、雑貨屋なんかにも行ってくる予定ですが、それについてはまた今度。というわけで、いってきまーす。

鍵和田啓介 KEISUKE KAGIWADA

ライター。「POPEYE」「GINZA」「BRUTUS」など雑誌を中心に活動。著書に「みんなの映画100選」。来春、インディペンデントファッション雑誌「PENDING MAGAZINE」を立ち上げる予定。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)