SEARCH GINZA ID

G’s MUSIC REVIEW タイム誌「次世代の100人」にも選ばれたオリヴィア・ロドリゴの『サワー』etc.

G’s MUSIC REVIEW タイム誌「次世代の100人」にも選ばれたオリヴィア・ロドリゴの『サワー』etc.

6月のエンタメをレビュー!GINZA編集部がレコメンドする新譜をご紹介。


『TOKYO HAKAI』
Aya Gloomy

『TOKYO HAKAI』 Aya Gloomy
アヤ・グルーミーは15歳でギターを手にした東京出身のアーティスト。東京オリンピックの開催が決定した際の音声から始まる本作は、泡沫の2020年の憂鬱を彼女の才気あふれるワードセンスで破壊。大量生産・大量消費の日本で未来に何を残せるかなど、東京の真ん中で聴き手に尋ねる。オリエンタルなエレクトロ・サウンドも魅惑的。彼女の愛するスマイリーに埋もれたジャケットは写真家の都築響一が撮影。次のステージはカルチャーとともにやってくる。

(PCI MUSIC)

 

『サワー』
オリヴィア・ロドリゴ

『サワー』 オリヴィア・ロドリゴ
2003年ロサンゼルスに生まれたフィリピン系アメリカ人のオリヴィア。『ハイスクール・ミュージカル』のリバイバル版で主演をつとめ、俳優として活躍しながら今年歌手デビュー。自身の失恋体験を綴ったのでは?と考察合戦が起きた楽曲がグローバルチャートで9週連続1位と新記録を達成。タイム誌「次世代の100人」にも選ばれた彼女が放つ、繊細なサウンド・クリエイション、胸を打つ素直な歌声、その才能を世界に轟かせる一作。

(ユニバーサル・ミュージック)

 

『ダディーズ・ホーム』
セイント・ヴィンセント

『ダディーズ・ホーム』 セイント・ヴィンセント
金髪ボブに70sスタイルで、4年ぶりの新作を携えカムバックしたセイント・ヴィンセント。今作のインスピレーション源は、なんと10年服役した父の出所。そんな家族の一大事を『Daddy’s Home(父が帰ってきた)』というなんともファニーなタイトルで、ならず者の父への想いや人生のままならなさを物語性豊かに歌う。一目置かれるギターテクだけでなく、自らプロデュースするヴィジュアル・イメージなど先鋭的な美意識にいつもハッとさせられる。

(Virgin Music Label)

Recommender: 奥浜レイラ

音楽、映画のMC。TENDOUJIのアルバム『MONSTER』もオルタナ・ロックファンをゴキゲンにしてくれます。

GINZA2021年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年11月号
2021年10月12日発売

GINZA2021年11月号

No.293 / 2021年10月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
結局最後はヘアスタイル!
ファッションとの密接な関係

ヘアスタイルが決まれば
すべてうまくいく

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)