SEARCH GINZA ID

G’s BOOK REVIEW ポルトガル語圏初のノーベル文学賞作家による長篇『だれも死なない日』 etc.

G’s BOOK REVIEW ポルトガル語圏初のノーベル文学賞作家による長篇『だれも死なない日』 etc.

12月のエンタメをレビュー!GINZA編集部がレコメンドする新刊をご紹介。


『東山道エンジェル紀行』
町田 康 文/寺門孝之 絵

『東山道エンジェル紀行』 町田 康 文/寺門孝之 絵

(左右社/¥1,980)

発光するようなピンク色のカバーとカバー裏に、小説の中に、上に、 寺門孝之の絵が舞っている。本のそこかしこに刻みつけられた手作業をなぞり、紙やインクの変化を味わい、町田康が言葉で構築する未知なる世界を彷徨い歩く。《心にエフェクトがかかっちゃっていろいろ あった》と語る《追放者》が山野を行く。旅の道中で出会う、泣き女、 人虎、舞踏家、音楽女王、妙なる調べ、追憶の光が、人間の内側に広がる宇宙と死の淵の向こう側さえ幻視させる。

 

『だれも死なない日』
ジョゼ・サラマーゴ

『だれも死なない日』 ジョゼ・サラマーゴ

(光文社/¥1,760)

新年の訪れとともにその国では人が死ぬことをやめた。病院が、老人ホームが、葬儀社が、社会構造が綻びをみせ、教会も王室も政府もマスメディアも戸惑い人々は途方に暮れる。《われわれがまた死に始めなければ、わが国に未来は》ない、と政府はマーフィアと手を結ぶが、《死》と署名された手紙が届いたことで不死は再び覆される。普遍にして不変であるはずの《死》が語り始める、ポルトガル語圏初のノーベル文学賞作家による長篇。

 

『みんなの現代アート 大衆に媚を売る方法、あるいは アートがアートであるために』
グレイソン・ペリー

『みんなの現代アート 大衆に媚を売る方法、あるいは アートがアートであるために』 グレイソン・ペリー

(ミヤギフトシ訳/フィルムアート社/¥1,980)

アートとは大衆文化である!という宣言から始まる現代美術の入門書。 作品の価値、評価とマーケットの論理、美しさの危険性、未知と既知、 アーティストになるには、アートとともに生きるには?現代美術へ の素朴な疑問を入り口に、ユーモアと皮肉をたっぷりまぶし、カラフルなイラストも添えてアート界をご案内。著書『男らしさの終焉』な ども人気のターナー賞作家の言葉を、アーティストのミヤギフトシが 訳す贅沢な1冊。

Recommender: 鳥澤 光

ライター、編集者。『象の旅』も刊行されたサラマーゴ。コロナ禍を予見したかのような『白の闇』も話題。

GINZA2021年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年2月号
2022年1月12日発売

GINZA2022年2月号

No.296 / 2022年1月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
FASHION SNAP!
スタイリング上手 318人の私服を紹介

街にはおしゃれが
溢れています!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)