SEARCH GINZA ID

開館時のコレクションと、開館後に新収蔵した作品をあわせて紹介する『ポーラ美術館開館20周年記念展』|G’s ART REVIEW

開館時のコレクションと、開館後に新収蔵した作品をあわせて紹介する『ポーラ美術館開館20周年記念展』|G’s ART REVIEW

5月のエンタメをレビュー!GINZA編集部がレコメンドする展覧会をご紹介。
TOP画像: ゲルハルト・リヒター [抽象絵画(649-2)]1987 油彩 カンヴァス 200.7×200.8cm ©Gerhard Richter 2021 (05102021)


『ポーラ美術館開館20周年記念展   モネからリヒターへ ─新収蔵作品を中心に』

開館20周年を迎えるポーラ美術館。モネやルノワールといった近代美術の名作を多数所蔵することで知られる同館は、近年、20世紀から現代に至る美術の展開を跡づける重要な作品の収集も精力的に行っている。本展覧会は、開館時のコレクションと、開館後に新収蔵した作品をあわせて紹介する初の機会。「光」をテーマに、印象派からゲルハルト・リヒターなどの現代抽象画、写真や彫刻作品まで多様な作品を展示する。新しい切り口から近現代の美術史が概観できる、贅沢な展覧会だ。

【ポーラ美術館開館20周年記念展   モネからリヒターへ ─新収蔵作品を中心に】

期間:開催中〜9月6日(火)
場所:ポーラ美術館

▶︎https://www.polamuseum.or.jp/exhibition/20220409c01/

*展示期間、内容などは諸事情により変更する場合があります。詳細は各展公式サイトをご参照ください。

Recommender: 柴原聡子

建築とアートの編集者。吉阪先生は私の恩師の師匠。奇想天外な発想は本当に楽しいので、建築をよく知らない人もぜひ。

GINZA2022年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年7月号
2022年6月10日発売

GINZA2022年7月号

No.301 / 2022年6月10日発売 / 特別定価860円

This Issue:
ひみつの場所

プライベートな時間を過ごす
自分だけのテリトリー

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)