SEARCH GINZA ID

3年ごとに開催される国際現代美術展『岡山芸術交流2022: 僕らは同じ空のもと夢をみているのだろうか』|G’s ART REVIEW

3年ごとに開催される国際現代美術展『岡山芸術交流2022: 僕らは同じ空のもと夢をみているのだろうか』|G’s ART REVIEW

11月のエンタメをレビュー!GINZA編集部がレコメンドする展覧会をご紹介。
TOP画像:Rasel Ahmed “Who Killed Taniya” (Video Still from the Film)/span>


『岡山芸術交流2022: 僕らは同じ空のもと夢をみているのだろうか』

岡山芸術交流は、岡山市で3年ごとに開催される国際現代美術展。アーティスティックディレクターにタイ出身のリクリット・ティラヴァーニャを迎え、岡山城、岡山後楽園周辺エリア各所を会場に、国内外の28組のアーティストによる作品やイベントを展開する。今回は、西洋以外の立場からのアイデンティティが根底にある作家が多く参加。時間や歴史、国境などを行き来する作品を通して、タイトルにある、同じ空のもとみる夢、とは何かを考えてみては?

『岡山芸術交流2022: 僕らは同じ空のもと夢をみているのだろうか』

開催中〜11月27日(日)
場所:旧内山下小学校、岡山県天神山文化プラザ、岡山市立オリエント美術館、林原美術館ほか

▶︎https://www.okayamaartsummit.jp/2022/

*展示期間、内容などは諸事情により変更する場合があります。詳細は各展公式サイトをご参照ください。

Recommender: 柴原聡子

建築とアートの編集者。芸術祭は、知らなかった作家や作品に思いがけず出合えるのが楽しい。

GINZA2022年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)