SEARCH GINZA ID

地道でにぎやかな日々の記録。くどうれいん『虎のたましい人魚の涙』|G’s BOOK REVIEW

地道でにぎやかな日々の記録。くどうれいん『虎のたましい人魚の涙』|G’s BOOK REVIEW

12月のエンタメをレビュー!GINZA編集部がレコメンドする新刊をご紹介。


虎のたましい人魚の涙
くどうれいん

(講談社/¥1,540)

営業職、作家、歌人、俳人。会社生活と創作活動が24時間の中にぎっしり詰まった、25歳から27歳までの地道でにぎやかな日々の記録。蠅を「飼った」二週間、琥珀のピアスがもたらす興奮、地元盛岡の青く光る豪雪。文章のかろやかなリズムに温かなものを手渡されながら、いくつもの仕事を抱えて走る著者の心の表面張力にも思いを致さずにはいられない。「傷跡を聞く」「あまりにきまじめな薪」「祝福の速度」など、ひとつひとつのタイトルも魅力的。

Recommender: 北村浩子

ライター、フリーアナウンサー。服のサブスクを考えています。選んでもらった服が届くのって、楽しいかも?

2212 バナー

GINZA2022年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

南仏の蚤の市でみつかった『ポール・ヴァーゼンの植物標本』、堀江敏行の文章を添えて。|G’s BOOK REVIEW

南仏の蚤の市でみつかった『ポール・ヴァーゼンの植物標本』、堀江敏行の文章を添えて。|G’s BOOK REVIEW

伝えること、伝わること。三木那由他『言葉の展望台』|G’s BOOK REVIEW

伝えること、伝わること。三木那由他『言葉の展望台』|G’s BOOK REVIEW

ルーマニアに生まれ、弘前に暮らすイリナ・グリゴレ『優しい地獄』|G’s BOOK REVIEW

ルーマニアに生まれ、弘前に暮らすイリナ・グリゴレ『優しい地獄』|G’s BOOK REVIEW

今にも崩れ落ちそうな嘘のタワー。辻村深月『噓つきジェンガ』|G’s BOOK REVIEW

今にも崩れ落ちそうな嘘のタワー。辻村深月『噓つきジェンガ』|G’s BOOK REVIEW

綿矢りさの疾走感に満ちた一冊『嫌いなら呼ぶなよ』|G’s BOOK REVIEW

綿矢りさの疾走感に満ちた一冊『嫌いなら呼ぶなよ』|G’s BOOK REVIEW

どうして勝手に属性を決められてしまうのだろう。年森 瑛『N/A』|G’s BOOK REVIEW

どうして勝手に属性を決められてしまうのだろう。年森 瑛『N/A』|G’s BOOK REVIEW

ショパンの依頼は本当か―スリリングな長編。エリック・ファーユ『プラハのショパン』|G’s BOOK REVIEW

ショパンの依頼は本当か―スリリングな長編。エリック・ファーユ『プラハのショパン』|G’s BOOK REVIEW

ムスリム3人姉弟の物語 カミーラ・シャムジー『帰りたい』|G’s BOOK REVIEW

ムスリム3人姉弟の物語 カミーラ・シャムジー『帰りたい』|G’s BOOK REVIEW

世代を超えて夢を共有する、女性たちの志。深緑野分『スタッフロール』|G’s BOOK REVIEW

世代を超えて夢を共有する、女性たちの志。深緑野分『スタッフロール』|G’s BOOK REVIEW

どうしても見逃したくないと思った小さな景色を記したエッセイ集。寿木けい『泣いてちゃごはんに遅れるよ』|G’s BOOK REVIEW

どうしても見逃したくないと思った小さな景色を記したエッセイ集。寿木けい『泣いてちゃごはんに遅れるよ』|G’s BOOK REVIEW

翻訳者9人が、言葉との出合いと紆余曲折の道のりを語る『「その他の外国文学」の翻訳者』|G’s BOOK REVIEW

翻訳者9人が、言葉との出合いと紆余曲折の道のりを語る『「その他の外国文学」の翻訳者』|G’s BOOK REVIEW

ルシア・ベルリン、待望の第二弾『すべての月、すべての年』|G’s BOOK REVIEW

ルシア・ベルリン、待望の第二弾『すべての月、すべての年』|G’s BOOK REVIEW

人生の些事を見逃さない作家、アン・タイラー『この道の先に、いつもの赤毛』|G’s BOOK REVIEW

人生の些事を見逃さない作家、アン・タイラー『この道の先に、いつもの赤毛』|G’s BOOK REVIEW

現実世界のリズム感を映し出した会話も魅力。大前粟生『きみだからさびしい』|G’s BOOK REVIEW

現実世界のリズム感を映し出した会話も魅力。大前粟生『きみだからさびしい』|G’s BOOK REVIEW

職場の人間関係を浮かび上がらせるスリリングな中編。高瀬隼子『おいしいごはんが食べられますように』|G’s BOOK REVIEW

職場の人間関係を浮かび上がらせるスリリングな中編。高瀬隼子『おいしいごはんが食べられますように』|G’s BOOK REVIEW

いしいしんじの半生記&レクチャー。『書こうとしない「かく」教室』|G’s BOOK REVIEW

いしいしんじの半生記&レクチャー。『書こうとしない「かく」教室』|G’s BOOK REVIEW

なにかをほんのちょっとよくする女性たちのリレー。山内マリコ『一心同体だった』|G’s BOOK REVIEW

なにかをほんのちょっとよくする女性たちのリレー。山内マリコ『一心同体だった』|G’s BOOK REVIEW

世代を超えて夢を共有する、女性たちの志。深緑野分『スタッフロール』|G’s BOOK REVIEW

世代を超えて夢を共有する、女性たちの志。深緑野分『スタッフロール』|G’s BOOK REVIEW

優しい線に心が緩む。エイドリアン・トミネ『長距離漫画家の孤独』|G’s BOOK REVIEW

優しい線に心が緩む。エイドリアン・トミネ『長距離漫画家の孤独』|G’s BOOK REVIEW

PICK UP

MAGAZINE

2023年2月号
2023年1月12日発売

GINZA2023年2月号

No.308 / 2023年1月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
ファッション大好き324人が集合!
BEST STYLE SNAP!

新しい年が始まったね
ファッションスナップ!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)