SEARCH GINZA ID

横浪修、石田 真澄、Takako Noel、藤田一浩、水谷吉法、川島小鳥が、北海道の“写真の町”・東川町を写した

横浪修、石田 真澄、Takako Noel、藤田一浩、水谷吉法、川島小鳥が、北海道の“写真の町”・東川町を写した

北海道の真ん中に、東京から約2時間で行ける“写真の町”があるのをご存知だろうか?その町の名は、東川町。1985年に「写真の町宣言」を行ってから今日まで、国際写真フェスティバルや全国の高校写真部が参加する大会の開催、美しい景観の町づくりなど、写真文化を盛り上げるべく町を挙げて取り組んできた。

現在、町のシンボルでもある「東川町文化ギャラリー」にて、東京を拠点に第一線で活躍する6名のフォトグラファーが参加するグループ展「6STORIES-東川町を写した写真家たち-」が開催中だ。

展示メンバーは、横浪修、石田 真澄、Takako Noel、藤田一浩、水谷吉法、川島小鳥の6人。それぞれが異なる季節の東川町に滞在し、四季折々の風景を交えながら作品を撮り下ろした。東京でも一堂に介することはなかなかない、ファッション・アート界で引く手数多のフォトグラファーの作品が集結する貴重な機会。だが、予期せぬ緊急事態宣言の延長も重なり、見に行くことのできない写真ファンたちも多いはず…なので、今回は展示の中身をダイジェストでお届け。

本展は、横浪 修さんが撮り下ろした「農家の人々」から始まる。東川の名産である米やトマト、とうもろこしを育てる農家の親子や、養鶏場の夫婦など、地元の家族を被写体に迎えた力強いポートレートが並ぶ。普段は広告や雑誌でプロのモデルを撮影する機会の多い横浪さん。今回、赤ちゃんからおじいさんまで年齢も幅広い老若男女と真正面から向き合い撮影した作品は、どれも人と自然の生命力で満ちあふれている。

続いて、雪が降り積もる冬の東川を捉えた水谷吉法さんの「Higashikawa」。本人たっての希望で、北海道で最も高い山である旭岳や、スキー場が隣接するキトウシの林道など、カメラを片手に本格的な冬のトレッキングに挑んだ。一面真っ白な雪景色のパレットに、色とりどりのライトを加えたような幻想的な写真は、見るたびに心が洗われる。

 

同じく冬の東川を訪れた川島小鳥さんの被写体は、モデルのKeigo Okazakiさん。ロケ地を探す時も、「実際にその地で生活しているような姿」を撮るべく、東川町に永く住む方の家やお店を探して撮影に臨んだという。モード、ストリートファッションのメディアに登場することが多いKeigoさんも、川島さんのマジックにかかれば、白銀の世界で自由に生きる少年のようだ。スノードームから着想を得たという、ユニークな映像の展示も見どころのひとつ。

 

本誌でもおなじみの石田真澄さんは、定期的に撮り続けている女優の夏帆さんと旅をしながら、夏の終わりの東川を撮影。晴れた空の下、美しい光に包まれた東川町の森林と水辺の風景。映画館のスクリーンでは見られない夏帆さんの素の表情から、とてもリラックスしながら撮影していたことがうかがえる。

 

Takako Noelさんは、紅葉が広がる東川町の自然を舞台に、地元の中学生5人のイキイキとした姿を切り取った。ピンクのドレスやカラフルなニットをまとい、プロのメイクで変身した彼女たちが駆け巡る様子は、どこか童話の世界のよう。タイトルの「Circle」は、未来に向かって走り出す女の子たちと、やがて朽ちて自然に還る落葉を見つめながら、Takakoさんが「生命の循環」を感じてつけたものだそう。

 

今年の春、卒業を迎えた高校3年生たちのポートレートを撮り下ろしたのは藤田一浩さん。タイトルは「卒業写真II」。進学や就職を控え、将来への期待と不安が入り混じる高校3年生の冬は、一度きりの特別な時間。20年以上ファッションフォトを撮り続けてきた藤田さんの視点で切り取った生徒たちは、高校で撮影する卒業アルバムの個人写真とはまた違う、豊かな表情を見せている。

 

展示風景

 

以上、個性豊かな6人が思い思いに写した東川町の写真が、ギャラリーの6つの展示スペースを使って展示されている。そもそも、なぜ6人も東京のフォトグラファーが集まっているの?と不思議に思った方もいるのでは。その答えは、展示企画チームの一員である、スタイリスト山本マナさんにあった。山本さんは、数年前に初めて訪れた日から、美しい自然やおいしい食がぎゅっと詰まった東川町に魅せられ、写真展の構想を少しずつ練り始めたのだとか。

「知り合いのヘアメイクさんに連れられプライベートで訪れて以来、東川町へは仕事や作品撮りで何度も通っています。モデルのモトーラ世理奈さんと一緒に、GINZAの仕事で撮影に行ったことも。空気が澄んでいて、水がきれいで、食べ物も美味しくて。いつ訪れてもポジティブな気持ちになれる、不思議な町なんです。私の地元である北海道・美幌町も同じくらい小さな町ですけど、ムードが全然違うんですよね(笑)。

普段、スタイリストとして色々なフォトグラファーさんと仕事をする機会があって、頭の片隅で『大好きな東川町で、東京のフォトグラファーと一緒に何かできないかな』と思っていました。そんな矢先に東川町文化ギャラリーがリニューアルすることを聞き、今回の写真展を提案してみたんです。町の方もおもしろがってくださり、約1年の撮影期間を経て展示が形になったときは、6人が心から楽しんで撮っているのが伝わってくる写真ばかりでうれしかったです」


現在、東川町文化ギャラリーの公式インスタグラムでは、展示に参加したフォトグラファー6人のトーク動画が楽しめる(〜6月末まで公開中)。写真を撮るのが好きな人も、写真を見るのが好きな人も、どちらの視点からも楽しめる写真展。思い立ったが吉日。北海道の“写真の町”をぜひ訪れてみて欲しい。

6STORIES -東川町を写した写真家たち-

開催期間: 開催中~2021年6月22日(火)
開館時間: 10:00~17:00(会期中無休)
会場: 東川町文化ギャラリー
住所: 北海道上川郡東川町東町1-19-8
Tel: 0166-82-4700
観覧料: 500円

公式HPはこちら

Text: Satoko Muroga

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年10月号
2021年9月10日発売

GINZA2021年10月号

No.292 / 2021年9月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
physical stores
ショップの実力

フィジカルストア
お店に行きたいのです!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)