90’s 気分を盛り上げるディスクレビュー Doug Carn,Brigitte Fontaine,etc…気の向くままに雑多に聴くのが90年代流!

90’s 気分を盛り上げるディスクレビュー Doug Carn,Brigitte Fontaine,etc…気の向くままに雑多に聴くのが90年代流!

新しいのも古いのも、デジタルもアコースティックも、ジャンルも問わず、気の向くままに雑多に聴くのが90年代流。そのアティテュードを表す4選。


gz04_-5

Doug Carn / Adams Apple (Black Jazz)

公民権運動の隆盛とともに音楽/政治に向かった60年〜70年代半ばまでのジャズ・ミュージシャンたち。スピリチュアル・ジャズは心と肉体のダンスも指向していた。白眉はスティーヴィの「Higher Ground」カヴァーか。

 

 

gz04_-6

Weldon Irvine / Cosmic Vortex (RCA Victor)

ニーナ・シモンの共作者として知られるキーボード・プレイヤーのソロ。ジャミロクワイがよく演奏した「We Gettin’ Down」入り『Spirit Man』もお勧めだが、ここではあえてNASがジャケをサンプリングした本作を。

 

 

gz04_-9

Brigitte Fontaine / Comme à la radio (Saravah)

前衛ジャズ集団アート・アンサンブル・オブ・シカゴとフランスのシンガー/女優ブリジット・フォンテーヌが1970年に生み出した奇跡。ポスト五月革命時期の結晶的な作品。ソニック・ユースが絶賛。

 

 

gz04_-10

Ghost Dog / OST (Epic)

ニューヨーク・インディペンデント派の映画人ジム・ジャームッシュの“内なる武道精神”と堕落する西欧文明を対比させたBボーイ映画『ゴースト・ドッグ』のOSTはウータンのThe RZAが。インストお勧め。

Selection&Text: Hiroshi Egaitsu

GINZA2017年4月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)