90’s 気分を盛り上げるディスクレビュー Alton McClain & Destiny,iri,etc…

90’s 気分を盛り上げるディスクレビュー Alton McClain & Destiny,iri,etc…

新しいのも古いのも、デジタルもアコースティックも、ジャンルも問わず、気の向くままに雑多に聴くのが90年代流。そのアティテュードを表す4選。


gz04_-1

Alton McClain & Destiny (Polydor)

使い古されたテーマに歌詞の曲「It Must Be Love」だが、それがエクスタシーにまでに到達するディスコ・カルチャーの特権的素晴らしさ。アルトン・マクライン&ディスティニーの短命な輝きに相応しいクラシック。

 

gz04_8159eAiowCL._SL1500_

iri / Groove it (Victor)

デビュー・アルバムにして2010年代の音楽を決定づける傑作。感性と巧みなヴォキャブラリーが交差する歌詞は21世紀の都市空間とダンスフロアを表象する。支えるのは素晴らしい歌声。アレンジ完璧。必聴。

 

gz04_R-221040-1150720572.jpeg

The Clipse / Grindin’ (Arista)

ファレル・ウィリアムスがプロデュースしたミニマルで隙間だらけの異能トラックの上でプシャ・Tとノー・マリスが「俺は近所のプッシャー まるでサブ・ウーハー」といったリリックをかます。これがヒップホップ。

 

gz04_-3

Vainqueur – Lyot [Original Mix] (No label)

1980年代終わりに始まったレア・グルーヴとヒップホップに続き、テクノは90年代のクラブ・カルチャーの公式なサウンド・トラックとなった。攻撃的なリミックスが当時人気だが、ここではオリジナルを。

Selection&Text: Hiroshi Egaitsu


line02

GINZA2017年4月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)