【INTERVIEW】アキラ100%:BET MY LIFE ON YOU – 僕の人生、お盆に賭けてます

「R-1」優勝おめでとうございます!

「ありがとうございます! でも、こんなおしゃれな雑誌に僕が出て大丈夫ですか?」

大丈夫です。「見えてない」んで。

「横方向はダダ漏れなんですけどね(笑)」

 

お盆1枚、素っ裸。「絶対に見せない」のがアキラ100%さんの芸。2015年、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の「山-1グランプリ」に「丸腰刑事」として登場しじわじわと人気が高まり、去年の年末に放送された『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』では原田龍二さんとコンビを組んでの「丸腰刑事」で大晦日のお茶の間を笑わせた。そして今年2月、ピン芸人ナンバーワンを決定する『R-1ぐらんぷり2017』で見事優勝。もー、笑いました。お腹がよじれるほどに。

「笑ってもらえてよかったです。女性の場合、ウンともスンとも笑わない人とキッパリ分かれるんです。三振かホームランかで」

 

でも、アキラさんの裸はちっとも不快じゃない。ほどよく筋肉がついていて、髪も七三分け、お肌も毛深くない。妙な爽やかさが面白さに拍車をかけてると思うんです。

「色気がないんです。平均の平均、ジャストアベレージの体なんで。もともとスポーツクラブでバイトしてたんです。でも、真面目にトレーニングをしてないんでバキバキの体でもなく。中肉中背、40代にしてはまあまあ保ってるのかな、程度の(笑)」

 

埼玉県秩父市出身。高校時代に演劇部に入って芝居に目覚め、大学卒業後は俳優を目指し、椎名桔平さんの付き人も経験した。

「椎名さんの付き人は、自分的には大きなチャンスだったんです。でも、急ブレーキ急発進、縦列駐車が苦手、首都高もどこを走ればいいかわからない。椎名さんは本来、車内では台本を読んだり休まれたりされるんですが、運転席の真後ろに座られ、『そこ右。はい、ウィンカー出して。次左』っていつも声をかけていただきまして(笑)」

 

その後、30歳で大学の同級生とコンビを組み、お笑いの世界に足を踏み入れる。

「もともとチャップリンが好きで、コメディがやりたかったんです。だから、お笑いも大好きで。芸人になるのも自然の成り行きだなって。それで、お笑いライヴをやったり、テレビにも何回か出させてもらったりしました。でも結果がなかなか出せなくて。始めて5年くらい経って、『来年1年やってうまくいかなかったらやめよう』と。そしたら、ホントなにもなく終わりまして(笑)。でも僕は、これで終わっちゃうのはイヤだなって。それでなんとなくピンになったんです。36歳のときでした」

 

そして、〝裸芸〟に行き着いたのが40歳手前のとき。番組のオーディションで宴会芸のような笑いを求められ、ふと、コンビ時代のコントを思い出したという。

「『喫茶ナチュラル』というコントで、店員の僕が裸で出てくるネタだったんです」

 

あ、じゃあ、銀のお盆はそこから?

「そうなんです。でも結局、『面白いけど、 テレビだからね』って断られてしまうことがほとんど。僕も『そうですよね』って自粛するようになって。でも『山-1』のオーディションでスタッフさんに言われたんです。『去年やってた裸ネタはやらないんですか?』って。そのときハッとしたんです。売れない芸人が自分で制限を決めてどうする、ボーダーをつくっちゃダメだなって」

 

ちなみに、アキラさんが長年付き合っていた彼女と結婚したのは「山-1」のオーディション前、14年の年末のことだった。

「あきらかに結婚が転機になりました。それまでは、売れたいという気持ちはありつつ、どこかユルくて覚悟が足りなかった。結婚したからには、ずっと励ましてくれていたヨメさんを喜ばせたいなって。いまはお盆に全額ベットして、ギリギリのラインを歩いてます。完全アウト側かもしれませんけどね。でも僕、服を着るとなんの特徴もない42歳のオジサンですから(笑)」

アキラ100% Akira 100%

1974年埼玉県生まれ。2005年、大学時代の同級生とお笑いコンビ「タンバリン」を結成。ボケ役を担当する。10年に解散してからは、ピン芸人として活動開始。お盆1枚の「丸腰刑事」ネタが話題となり、『R-1ぐらんぷり2017』優勝。現在、半年先のスケジュールまで真っ黒に埋まってるとか。

Photo: Kenta Sawada
Text: Izumi Karashima

2017年5月号掲載