SEARCH GINZA ID

仕掛け人に聞く、海外で愛される日本のアニメ作品とは?

仕掛け人に聞く、海外で愛される日本のアニメ作品とは?

日本のアニメカルチャーを世界へというコンセプトのもと、エッジの効いた作品を発表し続けるフジテレビの深夜枠「+Ultra」。 そのプロデューサーであり、熱狂的なファンが多い放送枠「ノイタミナ」の制作にも携わってきた森彬俊さんに聞いた、アニメの“今”を知るための3つのポイント。


Q. アニメのトレンド、国内外で違いはある?

A. そもそも日本のアニメ文化は、1990年代にOVA(オリジナルビデオアニメ)が盛んに発売されるようになってから、大人が楽しめるコンテンツとして成熟していった流れがあります。ただ、欧米では10年くらい前まで、あくまで子どもが観るジャンルというムードが強かった。海外の映画祭でもアニメーション部門にノミネートされるのは、基本的にキッズ向け作品がほとんどでした。

それが近年、配信プラットフォームが浸透してきたことで、日本のアニメがより広く深く浸透していった。その結果、国内で話題になると、そのまま欧米諸国やアジアでも同じようにヒットするという現象が起きています。ラブコメや青春物語だけでなく、ここ数年トレンドになっている“なろう系”、いわゆる異世界転生モノの話なんかも、諸外国でかなり人気を集めています。

 

Q. ズバリ、どんなアニメがヒットする?

A. 国内外で受け入れられる作品に必要不可欠なのは、きちんと一本筋の通った物語があって、その中に魅力的なキャラクターが生きていること。ジャンルはアクションでも、SFでも、青春ドラマでも、正直なんでもいいんです。たとえば諸外国のファンにも評判だった『BEASTARS』は、動物を擬人化した学園青春モノ。番組立ち上げ当初は、根強い海外人気を誇る『カウボーイビバップ』(98)や『攻殻機動隊』(95)のような、ハイエンドなSF作品を外に向けて作るべきだろうと考えていました。

でも、最近我々がパートナーシップを組んだクランチロール(アメリカの配信プラットフォーム)の方々に話を聞くと、今の視聴者は決してジャンルや世界観だけで作品を選んでいるわけではないと。どんな設定でも、例え日本のなじみのない地方が舞台になっていたとしても、描かれる物語やキャラクターが濃いものであれば、海外でも受け入れられる。考えてみれば、僕らもアイオワ州の話だろうが、ニューヨークの話だろうが、違和感なく映画やドラマを観ている。それと同じことですよね。

 

Q. 今後、どんなことを仕掛けていきたい?

A. 「こんなのアリなんだ!」と思わず驚いてしまうような、新鮮味のある作品を常にラインナップしたいですね。三谷幸喜さんの言葉を借りると、「期待に応えて予想を裏切る」のが大切。観る人を楽しませつつ、この角度で攻めてくるとはと感心させられる新作を生み続けたいです。近年に多いパターンですが、大ヒット漫画や小説のアニメ化というのは、やはりハードルが高いなと感じる時も。

とはいえそういう作品だとしても、想像の斜め上をいく人選にクリエイターとして参加してもらうとか、“予想の裏切り方”はいろいろある。無事に受け入れてもらえるかどうかを心配するよりも、「絶対に楽しませるので待っていてください!」という気持ちのほうがいつも強いですね。

「+Ultra」とは >>> 2018年に始動した深夜アニメ枠。これまでに『BEASTARS』、『キャロル&チューズデイ』(19)、『GREAT PRETENDER』(20)といった話題作を多数発表。2005年にスタート以降『ハチミツとクローバー』(05)、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など大ヒット作を送り出した放送枠「ノイタミナ」とともに、国内外のアニメファンから常に注目されている。

 

GINZA読者に観てほしい作品リスト

『よふかしのうた』(22)

仕掛け人に聞く、海外で愛される日本のアニメ作品とは?

©2022コトヤマ・小学館/「よふかしのうた」製作委員会 テレビアニメ『よふかしのうた』 2022年7月よりフジテレビ「ノイタミナ」ほかにて毎週木曜24:55〜放送中*放送時間は変更の可能性があります

タイトルの由来はCreepy Nutsさんの同名曲。その縁でアニメの音楽も彼らにお願いしました。ヴァンパイアの女の子と不登校の男の子が深夜に2人で過ごす、フェティッシュでビターなテイストの「ノイタミナ」らしい作品。

 

『PSYCHO-PASS サイコパス』(12)

仕掛け人に聞く、海外で愛される日本のアニメ作品とは?

©サイコパス製作委員会 「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ Blu-ray&DVD好評発売中 発売元: フジテレビ/東宝 販売元: 東宝

今年でシーズン1放送から10周年を迎える近未来SFシリーズ。スリリングな物語やアクションも人気で、第3期ではテレビアニメとしては異例の毎週1時間枠で放送されるなど面白い試みも。海外ファンも多いです。

 

『エスタブライフ グレイトエスケープ』(22)

仕掛け人に聞く、海外で愛される日本のアニメ作品とは?

©SSF/エスタブライフ製作委員会「エスタブライフ グレイトエスケープ」Blu-ray&DVD9月2日(金)発売 発売・販売元: ギャガ

舞台は“魔改造”された近未来の東京。『コードギアス』シリーズや『ONE PIECE FILM RED』(22)を手がける谷口悟朗氏のオリジナル企画。アニメ、ゲーム、映画などとのメディアミックス作品として展開していきます。

 

『映画 バクテン!!』(21)

仕掛け人に聞く、海外で愛される日本のアニメ作品とは?

©映画バクテン製作委員会 『映画 バクテン!!』絶賛公開中

男子新体操を題材にした物語で、今夏に公開された劇場版も好評です。高校生の青春や、マイナースポーツならではの悲哀が写実的に描かれているので、邦画が好きな方にもきっと気に入ってもらえると思います。

 

『マブラヴ オルタネイティヴ』(21)

仕掛け人に聞く、海外で愛される日本のアニメ作品とは?

©aNCHOR / オルタネイティヴ第三計画 TVアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』第一期(再) フジテレビ「+Ultra」ほかにて2022年7月より毎週水曜24:55〜放送中*放送時間は変更の可能性があります TVアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』第二期 フジテレビ「+Ultra」ほかにて2022年10月より放送

2003年発表当時、『Fate』と人気を二分していたとされるPC恋愛アドベンチャーゲームが原作。『進撃の巨人』の諌山創先生も影響を受けたと公言しているこの作品を、我々「+Ultra」が満を持して映像化しました!

森彬俊 もり・あきとし

1985年生まれ、フジテレビ アニメ開発部プロデューサー。2014年から深夜アニメ枠「ノイタミナ」の編集長を務め、18年に「+Ultra」を立ち上げた。

Text: Fumiaki Amano Text&Edit: GINZA

GINZA202209_AD

GINZA2022年9月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2023年2月号
2023年1月12日発売

GINZA2023年2月号

No.308 / 2023年1月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
ファッション大好き324人が集合!
BEST STYLE SNAP!

新しい年が始まったね
ファッションスナップ!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)