温泉&アートでエネルギーチャージ!東京から45分のリゾート熱海探訪記

温泉&アートでエネルギーチャージ!東京から45分のリゾート熱海探訪記

青とピンクが混じり合う美しいサンセット。心地よさそうに風になびくヤシの木。ここはサンタモニカでしょうか。マイアミでしょうか。いいえ。答えは、東京からわずか45分でたどり着けるご近所リゾートこと、熱海です。一時は観光客も激減し元気を無くしてしまったはずの熱海が、近ごろで再びホットなスポットに生まれ変わりつつあるとか。この目で確かめるべく私たちは、温泉、海、アートを求め、旅に出かけました。ファッションブランド〈kudos〉デザイナーである工藤司さんの写真とともに、熱海探訪記をお届けします。


あの徳川家康も愛した熱海の名湯

日航亭・大湯

日航亭・大湯

駅弁と缶ビールを買って、こだまに揺られること45分。熱海駅に到着したら、その足で温泉へ。駅から10分ほど歩き、全国の温泉ファンにも名の知れた老舗温泉「日航亭・大湯」を訪ねました。ここはかつて徳川家康が愛した温泉として、“出世の湯”とも呼ばれているそう。露天風呂に浸かりながら青い空と庭の景色を眺めれば、しばらく無心になれます。入浴後は裸足のまま、畳の休憩所で至福の時間。テレビを見ながらくつろげる和室がある銭湯や温泉って、最高ですよね。温泉でリフレッシュできたので、本日のメインイベントへ向かいます。

 

密かに高まるアートの熱

この日のお目当ては、写真家の川島小鳥さん、ginzamagでもおなじみの画家・小橋陽介さんによる「飛びます」展。会場は海からすぐの場所にある、古い雑居ビルの6階。熱海の海や東京の街中で撮影された川島さんの最新作と、豊かな色彩とダイナミックなタッチで描かれた小橋さんの絵画が、空間のいたるところに展示されています。昼と夜では窓から差し込む光などが変化するので、訪れる時間によって違う表情を楽しめそう。(展示は〜27日まで開催中)

川島小鳥さん(手前)と小橋陽介さん(奥)

川島小鳥さん(手前)と小橋陽介さん(奥)。2人が着用している「飛びます」スウェットは残念ながら非売品だそう。

会場

夜にかけて、会場には途切れることなくお客さんが。東京からも続々と仲間たちがお祝いに訪れていました。だいぶカオスな状態に。

太賀

川島さんのアイコンの一人、太賀さんご本人を発見!今回の展示にももちろん登場されています。お隣は、いつもリュックを前にかけている友人の野崎くん。

 

View this post on Instagram

 

飛びますさん(@tobimasu_atami)がシェアした投稿

会場で先行販売されている作品集『飛びます』は、クリームソーダの表紙が目印。ページをめくるたびに何かを発見できる、エネルギーの詰まった1冊です。

 

View this post on Instagram

 

飛びますさん(@tobimasu_atami)がシェアした投稿


ステッカー、Tシャツ、トートバッグ、手ぬぐいなど、オリジナルグッズも充実。川島さん、小橋さんと共にセンス抜群のグッズを作っていたのは、熱海の憩えるお土産屋〈論LONESOME寒〉の店主・横須賀馨介さん。次回はぜひお店に行ってみたい!

 

花火

夜もすっかり更けた20時過ぎに始まる、熱海恒例の花火大会。海辺まで歩いて、夜空に次々と打ち上がる美しい花火を見物しました。昭和27年にスタートした「熱海海上花火大会」は、夏だけでなく、春夏秋冬、年間15回以上も開催されているというから驚き。花火に興奮し過ぎて、スマホに残っていたのはブレブレの写真のみ…。

温泉。海。花火。今はアートという楽しみも加わった熱海。懐かしい気持ちになれる、レトロな喫茶店や旅館もたくさん。1年中、夏休みのような気分で過ごせることが、この街の最大の魅力なのかもしれません。

Photo: Tsukasa Kudo Text: Satoko Muroga

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)