SEARCH GINZA ID

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

黒の安心感にあぐらをかいて考えなしに身につけていると、単なる“無難な人”に…。そこで「モードなブラック」をものにするポイントを、3人のプロに教えてもらいました。


選びで変わる

脇役ブラックをアップデート

黒小物、パッとしないものと今どきのものの差は?その違いをスタイリスト吉田さんが解説。

Tights

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「脚を隠すという意図じゃなくて、モードなマインドではく黒タイツはスタイリッシュ。マットなナイロン素材が使いやすい」

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「微妙~な透け感で霜降り模様になるタイツは、脚が太く、野暮ったく見えてしまいます。透けさせるなら潔くストッキングで」

Long Boots

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「セリーヌのようなクラシックでミニマルなデザインや、プラダのようなボリュームのあるタイプなど、存在感のあるものがIN」

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「光を吸い込む黒スウェードやボリュームの足りないものだと、印象の薄い足元に。着こなしのアクセントになるものを選んで」

Leather Gloves

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「淑女感が漂う黒のレザーグローブは、ジャケットやケープなどに合わせて、クラシックなムードでまとめると素敵」

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「品のよさが魅力の黒のレザーグローブ。ライダースやダウンなど、ストリートなアイテムと合わせるとちぐはぐな印象に」

Belt

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「黒やグレー。ボトムを黒ベルトとなじみのいい色にすると、こなれて見えます。細いベルトの方が合わせやすくおすすめ」

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「淡い色のボトムに黒ベルトを合わせると、悪目立ちする結果に。“おしゃれがんばってます感”が出てしまい残念」

Hat

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「クラシックなハットにも注目。ヘアをまとめ、ハットのフォルムを生かしてかぶるのがこの秋のベストバランス」

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「ダウンヘアでハットをかぶると、今季は重たい印象に。服にボリュームがある分、頭はコンパクトにするのがよさそうです」

Fur

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「存在感が強めの黒いファーは、アウターの一部分やバッグなど、小さめの面積で取り入れていくのがベター」

スタイリスト吉田さんが解説。今どきに見える「ブラック」はここが違う

「黒いファーが全面にあしらわれたアウターは、どうやっても金持ちマダム感が。黒いファーはさりげなく、がカギに」

話を訊いた人

吉田 恵さん
(スタイリスト)
モード誌をはじめ、ショーやルックブックなどで活躍中。最新モードの知識とリサーチ力は、編集部からも一目置かれている。

関連記事

ちょっと残念!な黒の着こなし3つ。「おしゃれな黒」に見せるためのヒント

無難な黒じゃなく「モードなブラック」に!素材、肌見せ、シルエットのポイント

「モノトーンなら失敗しない」は思い込み。黒スタイリングのGOODとNG

Illustration: Kahoko Sodeyama Text&Edit: Sayoko Imamura

GINZA2019年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)