青のカルチャー論〜『半分、青い。』永野芽郁さんに聞く

青のカルチャー論〜『半分、青い。』永野芽郁さんに聞く

空や海色の静けさや、孤独や憂鬱、ときには若さを意味する青。キーカラーとなる朝ドラヒロインの青とは──


月から土まで、毎朝15分間。物心ついた頃から、BSの先行放送でNHKの連続テレビ小説(以下朝ドラ)を観てから登校するのが日課だった。たとえば、明治時代にも男性に引けをとらない女性がいたんだとか、専業主婦がただ1人になりたくて部屋を借りたりするんだなぁとか。そういう感情は、小説やマンガと同じくらい、朝ドラが教えてくれた。

 

少女から大人への成長を見守るブルー。

1961年から始まり、現在は6カ月クールで主人公の半生や生涯を描いている朝ドラ。主人公は架空だったり、実在の人物がモデルだったりするが、もっぱら女性が多い。子どもから大人へと成長してゆく女性たちが背負っているのは、やっぱりブルーなのである。振り返ってみても、『純情きらり』『あまちゃん』『まれ』『とと姉ちゃん』も、キーカラーには青があった。

色彩心理学のリートライス・アイスマンによると、青は信頼感や忠誠心を象徴する色だという。色がキャラクターにアクティブな強さというパワーを与えるそうだ。

現在放送中の第98作目1『半分、青い。』のビジュアルも、ヒロイン・鈴愛が空を背景にジャンプしている。そのタイトルも、幼少期に片耳が聴こえなくなった鈴愛が、雨の音を聴いて、「面白い!半分だけ雨降っとる!」と、ポジティブに世の中を見据える姿勢に由来する。鈴愛の心にはいつも、半分青空が広がっている。今回、運命の少女漫画との出会いから上京した鈴愛の奮闘を描く、東京編の現場を取材させてもらった。

お邪魔したのは、鈴愛が岐阜の実家、ふくろう商店街の「つくし食堂」にいる夢を見ているシーンの収録日。

半分、青い。 永野芽郁 松雪 泰子 中村雅俊 滝藤 賢一 風吹ジュン
鈴愛(永野芽郁さん)のおばあちゃん役で普段はナレーションを担当している風吹ジュンさんが楡野家と初共演した記念すべき日(6/27放送)の撮影に潜入。奇跡の共演シーンに立ち会えて、スタッフ一同、感無量!

 

ヒロインの心の情景はいつだって半分、青い。

たとえば、95年から99年までの5年間をピョーンと飛び越える数10シーンの撮影が1日の中で行われるNHK内のスタジオは、緊張感はありつつも想像以上に和気あいあいとした雰囲気。今日は東京編に入って以来、久しぶりの実家での撮影なのだとスタッフさんが教えてくれた。鈴愛をはじめ、実家楡野家のメンバーは、カメラが回っていないときも楽屋に戻ることなくおしゃべりを続けていて、まさに「鈴愛ちゃんおかえり!」ムードが全開。そして、そこで誰よりも発光していたのは、もちろん、ヒロイン役の永野芽郁さんだ。現場の癒しであり、ムードメイカーの彼女は、完全に〝鈴愛ちゃん〟として降臨していた。

マイペースで前向きなところがヒロイン・鈴愛の性格と重なるのは、自他共に認める事実とか。 「鈴愛もいろいろ壁にぶつかってますけど、必ず最後はまたがんばろう!という気持ちになる子なので、そういうところは一緒だなぁと」

永野さん、CMなどの印象もあってか、「青のイメージをもたれることが多いんです」と微笑む。

「私の中で青っていう色は、パッと晴れやかに抜けてる気もするけど、どこか子どもな部分が残っているイメージもあるんです。『半分、青い。』というタイトルもそうですが、自分のそういう青い気持ちも込めて、未熟な鈴愛がちょっとずつヒロインとして成長していくところをうまく表現できたらいいなと思っています」

ヒロインたちは、半分子どもで、半分大人だ。その曇りがちな時代を抜ければ、いつかどこかで清々しい青空が待っている。そう信じさせてくれることこそが、朝ドラのヒロインに求められる気質なのかもしれない。かくあるべきという正解はないけれど、永野さんはこう考える。「朝見た人に、清々しい気持ちになってもらえること。ドラマ全体を通して作っていくものですけど、ヒロインが引っ張っていくものだと思ってやっています」。そうキリッと語りながらも、「どうしよう!あと4カ月で終わるんだ!寂しくなってきた!私絶対泣くと思う!」と笑顔でスタッフとじゃれ合う彼女、どっちもとびきりかわいくて撮影中、心の中で100回は「鈴愛ちゃん、かわいい!」と唱えていたことをここに報告します。

【”青”を背負う朝ドラガイド】

Photo: Katsumi Omori Text & Edit: Tomoko Ogawa

GINZA2018年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)