イラストレーターの長場雄が映画の名シーンを描き下ろし。 映画が観たくなる、『みんなの恋愛映画100選』

人気イラストレーターの長場雄が全イラストを担当する書籍『みんなの映画100選』(オークラ出版)の第2弾として、恋愛にまつわる100本の映画にフォーカスした、『みんなの恋愛映画100選』が2月21日より刊行される。

イラストレーター長場雄が描いた映画の名ワンシーンと、その映画にでてくる様々なセリフを抜粋し、独自の解説をしていく絵本のような1冊。100点のイラストは、全て長場による描き下ろし。透明のフィルムカバーの装丁は、前作と同様、雑誌『POPEYE』などを手掛けるアートディレクターの前田晃伸が担当。セリフのチョイスと解説は、雑誌『POPEYE』、『TRANSIT』、『GINZA』などのカルチャー誌でそれぞれ活躍している、山瀬まゆみ、小川知子、中村志保の3名が手がける。

掲載作品は、『紳士は金髪がお好き』『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』、『タイタニック』、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、『JUNO/ジュノ』、『華麗なるギャツビー』など。観たことのあるものもないものも、読んでいるうちに映画を観たくなってくる、映画について誰かと話したくなる、そんな内容となっている。

スクリーンショット 2018-02-19 15.02.01

スクリーンショット 2018-02-19 15.02.38

また、『みんなの恋愛映画100選』刊行記念として、 2018年02月23日(金) – 2018年03月14日(水) の間、蔦屋書店代官山 蔦屋書店2号館 1階 ブックフロアにて、長場雄の個展「LOVE」が開催される。イラストが展示される会場でも、長場雄の描く恋愛映画の世界が楽しめそうだ。

0016

『みんなの恋愛映画100選』
絵: 長場雄
文: 山瀬まゆみ・小川知子・中村志保
デザイナー: 前田晃伸/馬渡亮剛
発売元: 株式会社オークラ出版
価格: 本体2,500円+税

長場雄 ながば・ゆう

1976年東京生まれ。東京造形大学卒業。人物の特徴を捉えたシンプルな線画が持ち味。プライベートワークとして毎日1点作品を制作する他、広告、書籍、アパレルブランドとのコラボレーションなど幅広く活動中。2015年に作品集『I DRAW』、2017年には過去3年間のワークスを集めたアーカイブ集『I DID』(PARCO出版) を発表。前作『みんなの映画100選』でも全てのイラストを担当。