みなさん!読書してますか?今月読みたい三冊 – 柴崎友香『千の扉』etc…

みなさん!読書してますか?今月読みたい三冊 – 柴崎友香『千の扉』etc…

『千の扉』
柴崎友香

gz05_36209_a-のコピー

中央公論新社 ¥1,600

新宿区の3000戸もある都営団地へ引っ越してきた千歳。交際期間なしで結婚した夫との生活は、いまだ現実味が薄い。転機が訪れたのは、そこに45年住む義祖父から頼まれた人探しだった。形見の箱を預けている〈高橋さん〉とは誰なのか。その中身は何なのか。団地の人々との交流は、土地の記憶や歴史を呼び醒まし、ある秘密が明らかになる。〈覚えている人が誰もいなくなったとしても、確かに、ここにいた人たち〉の、昭和から続く日常をたどった長編小説。

 

『とてもとても サーカスなフロラ』
ジャック・センダック
モーリス・センダック
江國香織

とてもとても サーカスなフロラ

集英社 ¥1,500

サーカスで生まれ育った小さな女の子・フロラ。ある日見た夢をきっかけに、彼女の心に不安な気持ちが芽生える。〈ねえ、そとの人たちってどんなふうなの?〉小屋を抜け出したフロラは、村の人たちの生活をはじめて目にする。大混雑の朝の通りで喧嘩をしたり、犬を蹴飛ばしたりして歩く人に恐怖する彼女だったが、振り絞った小さな勇気が、世界の色を変える。『かいじゅうたちのいるところ』のモーリス・センダックが1957年に発表した作品が、本邦初訳。

 

『森へ行きましょう』
川上弘美

森へ行きましょう_川上弘美

日本経済新聞出版社 ¥1,700 

1966年ひのえうまの同じ日に生まれた〈留津〉と〈ルツ〉は、パラレルワールドに生きる。進学、就職、家庭を持つか、子どもはどうするか。選択の数だけ増えていく“あったかもしれない未来”は、〈琉都〉〈るつ〉〈流津〉〈瑠通〉さらなる人格となり…。60歳を迎えたとき、彼女たちに残った「幸福」とは。〈あたしたち、遠くまで来たけど、たぶん、もっと遠くまで行かなきゃならないんだよね〉。川上弘美による待望の最新長編小説。

Text: Ayako Kimura Edit: Shun Sato, Akira Takamiya 

GINZA2017年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)