SEARCH GINZA ID

一つ一つたどり物語を味わうアート。 国立新美術館「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」

一つ一つたどり物語を味わうアート。 国立新美術館「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」

【TOP画像】小林エリカ 《わたしのトーチ》 2019年 Cプリント 54.9×36.7cm(各、47点組) 作家蔵©Erika Kobayashi Courtesy of Yutaka Kikutake Gallery 撮影:野川かさね

本展は、国内外で活躍する日本の現代美術家6名によるグループ展。参加する6名の作家は、表現方法も映像や写真を用いたインスタレーションをはじめとして多岐にわたる。これら作家に共通するのは、作品のうちに文学の要素が色濃く反映されていることだ。

国立新美術館の展示室はとにかく大きい。キャリアの異なる作家が出品しているとはいえ、若手・中堅作家も多い本展では、これほど大きな空間で彼らのインスタレーションを見られる機会も貴重だ。

田村友一郎さんの作品
「話しているのは誰 ? 現代美術に潜む文学」展 2019 年 国立新美術館展示風景 田村友一郎 Photo: Shu Nakagawa

冒頭は田村友一郎の大規模なインスタレーション。
壁に掛けられたアメリカの車のナンバープレート、壁の向こう側に再現された、模型を作りかけの設計事務所の様子。角を曲がると、開けた空間の床には、いくつものオール(船をこぐときのもの)が置かれていて、上部に英語のナレーションがついた映像が淡々と流れている。映像は、置かれたオブジェや空間のモチーフにも言及し、まるで言葉遊びの連想ゲームのようにストーリーを展開していく。

田村友一郎 《Sky Eyes》
田村友一郎 《Sky Eyes》 2019年 ミクストメディア 作家蔵 ©Yuichiro Tamura

田村の作品は、空間にモノが置かれたインスタレーションとそれを紐解くような物語のある映像によって構成されていることが多い。今回は、これまでにない規模感でその世界観を体験することができて、不思議と腑に落ちるところがあった。同時に、その大きさ故、冗談みたいなことを壮大に実験しているような、ちょっと皮肉めいた感じもあって面白い。

ミヤギフトシさんの作品
「話しているのは誰 ? 現代美術に潜む文学」展 2019 年 国立新美術館展示風景 ミヤギフトシ Photo: Shu Nakagawa

ミヤギフトシは、写真作品と映像モニターが入り混じったインスタレーション作品を展示。この作品でも、これまで彼が取り組んできたセクシュアリティと沖縄が主題となっている。彼が昨年発表した小説『アメリカの風景』と同じ系譜にある本作は、実際に目にしたり聞いたりする言葉は少ないものの、ミヤギの繊細な感覚と背後にある物語がじんわり伝わってくる。

小林エリカさん 《ドル》

小林エリカ 《ドル》 2017年 ウランガラス、鏡、紫外線ランプ 61.0×41.0×7.5 φ70cm 個人蔵 協力:妖精の森ガラス美術館 © Erika Kobayashi Courtesy of Yutaka Kikutake Gallery

小林エリカは、真っ暗にした部屋の中を、『注文の多い料理店』のように、少しずつ読み進めつつ、見ていく展示だ。詩的な言葉がつづられる中、オリンピックの聖火という輝かしいモチーフと、戦争やエネルギーといった現代まで続く社会問題がクロスオーバーしていく。小説も書く小林ならではの、物語の力を感じるインスタレーションだ。

小林エリカさんの作品
「話しているのは誰 ? 現代美術に潜む文学」展 2019 年 国立新美術館展示風景 小林エリカ Photo: Shu Nakagawa

すべてに触れられないのが残念だが、ギンザ読者には、最後の部屋の北島敬三による写真の展示もぐっとくるはず。80年代の東欧を撮影したシリーズに写る市井の人々がなぜかとてもファッショナブルに見えるのは、今のファッション界を席巻する東欧やロシア勢のデザインに通じるものがあるからだろうか?

北島敬三さんの作品
「話しているのは誰 ? 現代美術に潜む文学」展 2019 年 国立新美術館展示風景 北島敬三 Photo: Shu Nakagawa

インパクトのあるひとつの作品が持つ良さも当然ある。一方で、こういった複数のモチーフ、オブジェ、言葉、映像の間にある連がりを紐解き、たどることによって、ほんのりと世界が広がっていくタイプの作品は、たしかに文学的手つきといえるのかもしれない。展覧会の主旨には、「本展では文学をテーマに掲げています。ですが、ここでの文学は、一般に芸術ジャンル上で分類される文学、つまり書物の形態をとる文学作品だけを示すわけではありません。現代美術において、文学はこうした芸術ジャンルに基づく区別とは違ったかたちで表れているように思われます」とある。それはアートに限らず、同世代の感覚として共通するなにか、のような気もした。時間をかけて、それぞれの作品がもつ世界をじっくり堪能してもらいたい。

【「話しているのは誰 ? 現代美術に潜む文学」国立新美術館 企画展示室1E】

開催期間: 開催中~11月11日(月)
開館時間: 10:00~18:00 ※毎週金・土曜日は、9月は21:00まで、10・11月は20:00まで(入場はいずれも閉館の30分前まで)
休館日: 火曜休館 ※ただし、10月22日(火・祝)は開館、10月23日(水)は休館

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)