SEARCH GINZA ID

80年代好きライターの純喫茶巡りVol.1 スワンシューが人気の中板橋「白鳥」

80年代好きライターの純喫茶巡りVol.1 スワンシューが人気の中板橋「白鳥」

昭和の喫茶店を紹介しつつ、その店をイメージして聴きたくなる80年代の名曲を、80s好きライターの水原空気がレコメンド。Vol.1はロマンチックなスワンシューが人気の中板橋「白鳥」にて。


中板橋「白鳥」

1966年のオープン以来、喫茶室のある洋菓子店として愛されるお店。スワンシューを出す店もいまやすっかり減ってしまったが、「白鳥」では無添加にこだわり、3階の工房で他の洋菓子と共に毎日手作りしている。

 

この店で聴きたい80年代の名曲

 

純喫茶巡り   スワンシュー 中板橋「白鳥」

 

「Autumn Park」
松任谷由実

この店で聴きたい80年代の名曲は松任谷由実さんのアルバム『アラーム・ア・ラ・モード』から『Autumn Park』。ダジャレ?いえいえ。ロンドン北部の公園ハムステッド・ヒースにインスパイアされたこの曲。「オールを漕ぐ水の輪のきらめき映し出した向こう」という詞の続きには水鳥も登場。大サビでは「いつか生まれ変わり別の人になっても、あなたを探してる私を見つけて」と永遠の愛を誓う。

欧風菓子 白鳥 喫茶店 ケーキ 板橋 80年代名曲

白いテーブルにスワンシューを置いて撮ると、まるで公園の森と湖のよう。ティーカップはボート?恋人同士、この店でスワンシューを食べれば来世でも結ばれるかも?

よく見ると壁には白樺の絵が。初代店主のご友人の作品だそう。

欧風菓子 白鳥 喫茶店 ケーキ 板橋 80年代名曲

内装のそこかしこに感じる”森”。

もしやと思い2代目に内装のモチーフを聞いたが、初代が単純に緑を好きだったからだそう。「だから1階の床もグリーンなんです」

欧風菓子 白鳥 喫茶店 ケーキ 板橋 80年代名曲

紙ナプキンで包まれたスプーンやお菓子のジオラマもお見逃しなく。お土産には「森の精バームクーヘン」を。

あれっ?やっぱり森!?

 

水原空気のこぼれ話

「白鳥」が開店した1966年は、ビートルズが武道館ライブを敢行、アルバム「RUBBER SOUL」の日本盤が発売され、その中には80年代に村上春樹の小説のタイトルにもなった曲『ノルウェイの森』が。翌年には小枝のような英国モデル・ツィッギーがミニスカートブームのアイコンとして来日している。

「欧風菓子 白鳥」

住所: 東京都板橋区弥生町31-15
Tel: 03-3958-4425
営業時間: 10:00〜19:00LO(お菓子売り場〜20:00)
定休日: 水曜日
 32席 禁煙

コーヒーまたは紅茶とケーキのセット680円

 

水原空気 みずはら・くうき

80年代好きライター。夏の扉を開け秘密の花園へ時をかける探偵物語。GINZAウェブ「松田聖子の80年代伝説」でインタビュアーも。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年12月号
2020年11月12日発売

GINZA2020年12月号

No.282 / 2020年11月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
新鮮なアイテムが必ず見つかる!
メンズ服の可能性

いま気になるのは
メンズファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)