SEARCH GINZA ID

80年代好きライターの純喫茶巡りVol. 3 駒込「ボンガトウ」にて極上プリン・アラモードを

80年代好きライターの純喫茶巡りVol. 3 駒込「ボンガトウ」にて極上プリン・アラモードを

昭和の喫茶店を紹介しつつ、その店をイメージして聴きたくなる80年代の名曲を、80s好きライターの水原空気がレコメンド。Vol.3は駒込駅からの歩いてすぐのかわいい昭和遺跡、駒込「ボンガトウ」。前回訪れたのは大岡山「伊藤珈琲店」


駒込「ボンガトウ」

プリンアラモード

いつ見ても何歳になっても心ときめくプリン・アラモード。駒込「ボンガトウ」ではグラスの上に、イチゴ、バナナ、キウイ、サクランボ、ミカン、桃、バニラアイスと生クリームが共演! プリンはケーキ屋さんに併設された喫茶店ならではの手作りで、しかも680円(税別)と嬉しい昭和プライス。まさにプリンアラモードの鏡なのだ。こちらでの正式なメニュー名は「プリン・ローヤル」。翻訳するなら「プリンの王様」といったところ?「ボンガトウ」が誕生した70年代はケーキ屋さんブームで、日本のお茶の間に洋菓子の新しい波が訪れた時代。その後世の中に「パティスリー」もたくさん登場したが、こちらは今でもケーキ屋さんと呼びたくなる希少な存在だ。

鏡と言えば「ボンガトウ」のもう一つの魅力はインテリア。オレンジのランプシェードがUFOのように鏡の中にもいっぱい。腰の高さまであるオレンジと白のタイルが絶妙なアクセントになって、オープンした1977年当時のレトロポップな雰囲気をそのままに伝える。

駒込 ホンガトウ

ケーキはどれもイートインが可能。70年代から変わらないレシピを存分に味わいたい。ショートケーキやレアチーズケーキが一番人気。特にオススメはシロップひたひたのサバラン。洋酒がしっかり効いた大人のスイーツ。

駒込 ホンガトウ 喫茶店

スイーツだけでなく、モーニングも大充実。トーストやホットドッグの他、ホットケーキも。ヨーグルト付きのセットに茹でたまごとサラダをプラスすれば、朝からヘルシー!

喫茶店の楽しみは、小ぶりのナイフ&フォークやミニチュア感溢れるミルクピッチャー、シロップカップにも。縮尺が一瞬わからなくなるこの感じ、どこか子供の頃のままごと遊びを思い出して、ふと幼なじみの顔が浮かんだり。

駒込 ホンガトウ 喫茶店 ナポリタン

ランチメニューも充実しているので、一日中いつ訪れても喫茶店らしさを満喫できる。いわば喫茶店版オールデイダイニング。ナポリタンは、自家製ソースで作られた野菜も麺もボリューム満点の一皿。ついまた食べたくなる。

駒込 ホンガトウ 喫茶店

インテリアも隅々まで観察したくなる。ケーキ売り場と喫茶コーナーをつなげる通路はアーチ型。ランプの曲線ともマッチして相似形。

丸窓などケーキ売り場の内装もユニーク。ニッセイのニックンとセイチャンのフィギュアはかなりレア。デザートに少しずつトッピングされたソフトクリームも、この店ならではの味を生み出している。

 

 

この店の帰り道に聴きたい80年代の名曲

 

駒込 ホンガトウ 喫茶店 「夢の中へ」斉藤由貴

 

「夢の中へ」
斉藤由貴

 

今回の「この店の帰り道に聴きたい80年代の曲」は、斉藤由貴の1989年のシングル「夢の中へ」。井上陽水の1973年のスマッシュヒットを、80年代のデジタルサウンドでリメイク。ポエジーな斉藤由貴のヴォーカルが、時代を超えて古き良きものに命を吹き込み自身最大の売り上げを記録。そう、『夢の中へ』はレトロポップな「ボンガトウ」の魅力にも通じているのだ。

駒込 ホンガトウ 喫茶店

ちなみに夕方からの「ボンガトウ」はネオンカラーのランプがさらに際立って、ポップさ増し増し! まさに夢の中へって感じ。実際の店内ではビートルズがBGM。どれも知ってる曲ばかりで和みます。

 

水原空気のこぼれ話

Wikipediaによるとプリン・アラモード発祥の地は横浜で、ホテルニューグラントの喫茶室。戦後、米軍将校の夫人たちに、プリンにフルーツやアイスクリームを盛り付けて出したのが始まりだそう。まさに昭和の味。プリン・アラモードの意味は、直訳するなら「おしゃれなプリン」。アラモードにはクリームなどをトッピングした新しいお菓子を指す意味もあるそう。この造形美は発売当時も今もずっとエポックなのだ。

「洋菓子・喫茶 ボンガトウ」

住所: 東京都北区中里2-2-4
電話番号: 03-3915-1880
営業時間: 9:00〜17:30LO(喫茶)
定休日: 月曜日
26席 禁煙
プリン・ローヤル680円
サバランと紅茶のセット840円
ランチのナポリタン850円
モーニングのホットケーキ550円
モーニングのミニサラダ150円
モーニングの茹でたまご60円
*全て税別

水原空気 みずはら・くうき

80年代好きライター。夏の扉を開け秘密の花園へ時をかける探偵物語。GINZAウェブ「松田聖子の80年代伝説」でインタビュアーも。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年12月号
2021年11月12日発売

GINZA2021年12月号

No.294 / 2021年11月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
80年代カルチャーガイド!

賑やかだった時代
80年代にタイムスリップ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)