SEARCH GINZA ID

肌がざわっと、胸震える瞬間。「塩田千春展:魂がふるえる」森美術館

肌がざわっと、胸震える瞬間。「塩田千春展:魂がふるえる」森美術館

胸?肌?が、ざわつく。微かな風が肌を撫でてぞわっとすることがある。あるいは、何かの気配を感じた時。塩田千春の作品を見ると、そういう感触がこみあげてくる。
ベルリンを拠点にグローバルな活躍をする塩田千春の過去最大規模の個展が、森美術館で開催されている。記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを表現したパフォーマンスやインスタレーションで知られる塩田。ざわついた、のは、彼女の代表的なシリーズである、黒や赤の糸を空間全体に張り巡らせたダイナミックなインスタレーションに包まれた時の感想だ。

《時空の反射》「塩田千春展:魂がふるえる」森美術館
塩田千春《時空の反射》2018年 コミッション:Alcantara S.p.A.
展示風景:「時間を巡る9つの旅」 パラッツォ・レアーレ(ミラノ)2018年 撮影:Sunhi Mang

おびただしい数の糸が空間全体に張り巡らせたインスタレーションは、小舟やピアノ、椅子、洋服などに結び付けられている。なのに、どうしようもなく、「人の身体」を感じる。赤い糸は血管や神経みたいだし、黒い糸は、宇宙的とも、逆に自分が内に秘める未知の感覚のようだ。目で確かめることのできないあふれる感情が、可視化されていることに戸惑ってしまう。

静けさのなかで 塩田千春
《静けさのなかで》2002/2019年 焼けたピアノ、焼けた椅子、Alcantaraの黒糸
サイズ可変 制作協力:Alcantara S.p.A. Courtesy: Kenji Taki Gallery, Nagoya/Tokyo
展示風景:「塩田千春展:魂がふるえる」森美術館(東京) 2019年 撮影:Sunhi Mang
画像提供:森美術館

身体とのつながりは、初期の作品にうかがえる。塩田は京都精華大学で絵画を専攻していたが、海外に留学すると、ドローイングやインスタレーションなど、積極的にメディアを拡張していった。そして、「絵のなかに自分が入っている夢をみた」ことをきっかけに、身体に絵具を塗り、シーツを使ったパフォーマンス《絵になること》を実施、その後ドイツに留学した塩田は、本格的に身体を使ったパフォーマンスを始める。
真っ赤な絵の具を全身にかぶったり、お風呂場で泥をお湯のように浴び続けるパフォーマンスは、怖しいくらいの緊張感。でも、そこまでして、身体や自分自身と向き合おうとする作家自身の切実な姿が、胸を打つ。

《内と外》「塩田千春展:魂がふるえる」森美術館
塩田千春《内と外》2009年
展示風景:ホフマン・コレクション(ベルリン)2009年 撮影:Sunhi Mang

以降、塩田は、「不在のなかの存在」をテーマに、記憶や夢のなかだけに存在する、物理的には存在しないものの気配やエネルギーなどにかたちを与えていく。大規模なインスタレーションへと発展していっても、そこにゆるぎない身体の存在があるからこそ、観る者は自分に震えが生じていることを感じとるのだろう。本展の副題は、「魂がふるえる」。言葉にならない感情によって震えている心の動きを伝えたいという作家の思いが込められているという。

《集積—目的地を求めて》「塩田千春展:魂がふるえる」森美術館
塩田千春《集積―目的地を求めて》 2016年
展示風景:「アート・アンリミテッド」アートバーゼル(スイス)2016年
Courtesy: Galerie Templon, Paris/Brussels撮影:Atelier Chiharu Shiota

展覧会は、大型インスタレーションを中心に、立体作品、パフォーマンス映像、写真、ドローイング、舞台美術の関連資料など盛りだくさん。25年にわたる活動を網羅的に体験できる。圧倒的な迫力の作品と物量なのに、私の場合、鑑賞後はとても静かな気分になった。激しさよりも静けさ。あなたにも、この展覧会を観て、自分自身の微かな震えに向き合ってほしい。

Profile

塩田千春 Chiharu Shiota

1972 年大阪生まれ、ベルリン在住。2008年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。南オーストラリア美術館(2018年)、ヨークシャー彫刻公園(2018年)、スミソニアン博物館アーサー・M・サックラー・ギャラリー(2014年)、高知県立美術館(2013年)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2012年)、国立国際美術館(2008年)を含む世界各地での個展のほか、シドニー・ビエンナーレ(2016年)、キエフ国際現代美術ビエンナーレ(2012年)、横浜トリエンナーレ(2001年)など国際展参加も多数。2015年には第56回べネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館代表。

※プロフィール撮影:Sunhi Mang


「塩田千春展:魂がふるえる」森美術館
開催期間: 開催中~ 10月27日(日)
休館日: 会期中無休
開館時間: 10:00~22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※ただし10⽉22⽇(⽕)は22:00まで(最終⼊館 21:30)

 

GINZA SIX にもインスタレーションが!

展覧会開催にあわせて、GINZA SIXの吹き抜け空間には、期間限定で塩田千春によるインスタレーション《6つの船》展示されている。各フロアから見え隠れする船は、ふと、異次元を訪れるかのよう。こちらも要チェック。

展示期間: 2019年2月27日(水)~10月27日(日)予定
展示場所: GINZA SIX 中央吹き抜け(東京都中央区銀座6-10-1)
詳細はこちら

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年6月号
2020年5月12日発売

GINZA2020年6月号

No.276 / 2020年5月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
東京LOVE いつだって好きな場所

好きな場所を想う
新緑の季節です。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)