Chim↑Pomの考える都市・トーキョー!? 新ギャラリーANOMALY で個展「グランドオープン」が開催

Chim↑Pomの考える都市・トーキョー!? 新ギャラリーANOMALY で個展「グランドオープン」が開催

Chim↑Pomは、2005年のデビュー以来、積極的かつ変則的に、社会と個人の関係、ボーダー、今を生きる矛盾をあぶり出す作品を発表し続けている。2008年被爆地・広島市の上空に飛行機雲で書かれた「ピカッ」、また東日本大震災直後の2011年5月には岡本太郎の壁画「明日の神話」に原発事故を描いた絵を付け足したことは、世間を巻き込んで大きな反響を呼んだ。いたずらか犯罪かギリギリのラインで都市に介入する彼らの行動を、バズや炎上目的なんて思う人もいるかもしれない。でも、一度目にすれば、それはストレートに社会に物申す行為だとわかるはずだ。


©︎Chim↑Pom Photo by Kenji Morita Courtesy of ANOMALY, Tokyo

平成最後のChim↑Pomの個展のタイトルは、『グランドオープン』。東京・天王洲アイルにオープンした新ギャラリー「ANOMALY」のこけら落とし展覧会でもある。この展覧会では、Chim↑Pomがこれまでに発表してきた「都市論」を振り返りつつ、更に展開している。
なぜ「都市論」なのか。そこには、最近の東京で公と個の関係が加速度的に変わっていっていることへの疑問がある。世界中で起きているジェントリフィケーション。公共空間の民営化。「おもしろい個が、おもしろい公をつくる」と語るChim↑Pomは、知らぬ間に変わっていく都市に、裸一貫ともいえる無謀さで体当たりしている。

今回展示している作品の中でも見ものなのが、『ビルバーガー』。総重量トン級の巨大彫刻は、10月に一時営業していた「にんげんレストラン」の場所でもあった新宿の旧歌舞伎町ブックセンタービルで制作された。ぶち抜いたビルの床と、そこにあったモノがぐちゃぐちゃに重ねている“そのまんま”な姿は、「Scrap and Build」を可視化しているうえに、ハンバーガーという現代のファスト消費を重ねたウマいタイトルだ。


©︎Chim↑Pom Photo by Kenji Morita Courtesy of ANOMALY, Tokyo

高円寺のキタコレ、そして昨年台湾の美術館にも作った『道』は、その模型と制作プロセスを収めた映像が見られる。アスファルトで舗装した道が、外の公道からそのまま美術館の敷地の中までつなげられたこのプロジェクトは、むしろ作品である「道」の中の方が、公道よりも禁止事項が少ないという矛盾をあぶりだす。


©︎Chim↑Pom Photo by Kenji Morita Courtesy of ANOMALY, Tokyo

個人的なお気に入りは、ギャラリーの中を車で走るツアーを収めた映像『Driving inside of the Gallery with Gallerists』。室内を壁にぶつかったりしながらヒヤヒヤ走行する様子は、呆れちゃうけど面白い。


©︎Chim↑Pom Photo by Kenji Morita Courtesy of ANOMALY, Tokyo

Chim↑Pomの活動は、どれもギャグみたいで笑ってしまう。でも、それらは現代の都市が抱える問題や綻び――その多くは、あたかも完璧な形で遂行していることになっている――を巧妙に露わにしてくれる。マレーシアには、禁止事項が多すぎて誰も入れない公園もあるというし、東京に限らず、世界の都市はどんどんクリーンになっている。きれいになるのはいいけれど、それが行き過ぎると息苦しい。ダイバーシティの感覚が広がりつつあるのに、都市はどこも似たり寄ったりな風景になっていってるような?そういう日々のもやもやを見事に言葉にしているのが、今回の展覧会にChim↑Pomが寄せたステイトメント。展示とあわせてぜひ読んでみてほしい。
Chim↑Pomステイトメント
いろいろ放っておいたら街はどんどん変わっていく。それが良いか悪いかの判断はあなた次第。Chim↑Pomが投げかけるギモンを、同じ時代と場所を生きる私事として受け止めたい。

 

Chim↑Pom「グランドオープン」
会場: ANOMALY
会期: 2018年11月22日(木) – 2019年1月26日(土)
Gallery hours: 11:00-18:00(月~木), 11:00-20:00 (金)
*日月祝、及び、2018年12月23日〜2019年1月14日は休館

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)