SEARCH GINZA ID

わたしの狂気が編み物になる!?映画『YARN 人生を彩る糸』4組のアーティストを追ったドキュメンタリーが公開

わたしの狂気が編み物になる!?映画『YARN 人生を彩る糸』4組のアーティストを追ったドキュメンタリーが公開

編み物と聞くと、オカンアートだったり手芸の枠を越えないほっこりしたイメージがまだつきまとうが、今やかなりぶっ飛んだクールなアートの世界になっていることに、気づいている人も多いのではないだろうか。映画『YARN 人生を彩る糸』は、糸をつむぎ、編む4組のアーティストをフィーチャー。家の中にあった手仕事を街中に引っ張り出してゲリラで装飾していくヤーン・グラフィティ・アーティストのティナや「わたしの狂気が編み物になる」をスローガンにかぎ編みをしまくるマッドアーティスト、オレク。

gz01_yarn_sub_7

白い糸の上でパフォーマンスを見せるサーカス・シルクール。

gz01_yarn_sub_3

日本からもカラフルなネット遊具の作品で知られる堀内紀子が登場する。

gz01_yarn_sub_4

YARNは名詞だと糸を意味するが、動詞にすると「面白い冒険談をたくさんしゃべる」という意味になるそうだ。まさにおしゃべりでユニークなニット作品は、灰色の日常を魔法のように冒険の世界へと変えていく。

YARN 人生を彩る糸

ヤーン

糸に人生そのものを見出した4組のアーティストを追ったドキュメンタリー。監督は、アニメーターとしても活躍するアイスランド人女性監督ウナ・ローレンツェン。渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開。

©Compass Films Production 2016

Text: Tomoko Ogawa Edit: Shun Sato, Akira Takamiya

GINZA2018年1号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)