SEARCH GINZA ID

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』涙の最終話。だが、いつか5人はまた集まる

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』涙の最終話。だが、いつか5人はまた集まる

ついに最終話(10話)を迎えた『コントが始まる』(日本テレビ 毎週土曜夜10時〜)。やっぱり「マクベス」は解散してしまう。「マクベス」3人の中で、唯一道を見失っていた春斗(菅田将暉)も、あるきっかけでこれまでとは違う道を歩き始める。だがその選択は「マクベス」の日々を否定するものではなかった。ゲーム作家でライターの米光一成は、全10話を振り返りながら、いつかまた「マクベス」と中浜姉妹とが集まって過ごす日々を観たいと切望し、半ばそれを確信している。


それぞれがそれぞれの道を歩み始める

「コントが始まる」が終わってしまった。
最終回、新ネタは「引っ越し」だ。
解散ライブも終わり、「マクベス」の3人はそれぞれがそれぞれの道を歩み始める。
高校の同級生3人、春斗(菅田将暉)潤平(仲野太賀)瞬太(神木隆之介)は、コントグループ「マクベス」を10年間つづける。売れない。解散することを発表して、解散するまでの三カ月間の日々が描かれた。

中浜さん(有村架純)は、アルバイト先のファミレスで、常連客の「マクベス」3人と出会う。そしてファンになる。はじめて観に行った単独ライブの最後に解散が発表される。
妹は、つむぎ(古川琴音)。瞬太(神木隆之介)が通ってるスナックでアルバイトしている。

この5人に加えて、潤平の彼女である奈津美(芳根京子)、瞬太のバイト先の大将(伊武雅刀)、3人の恩師である真壁先生(鈴木浩介)、マネージャー(中村倫也)、スナック「アイビス」のママ(松田ゆう姫)などなど、「マクベス」に関わる人たちも魅力的だった。

コントのなかで演じたことが未来に

最終話のラスト、「コントが始まる」というタイトルにピタッとハマって、「見事!」だった。
なんでもないことがきっかけで就職できてしまう人たちに、「人生ってそんなラフに決めていいもんなの」「たったそれだけのことを働く理由にできるもんなの」と質問していた春斗だった。冷蔵庫をじゃんけんでゲットして、その冷蔵庫に貼られたマグネットシールを観るという何でもないことをきっかけに就職先を決めてしまう。だけど、それが1話のコントと円環を結ぶことで物語構造としてもばっちりハマったうえに、何でもないことで決めたようでいて、コントのなかで演じたことが未来に結び付いていることを描き出した。

「成果が出せなかったように思えても、青春のように熱くがんばった時間は無駄にならない、そのことが未来につながっている」と文字にしてしまえば「なーんだ」と言われてしまいそうなことを、物語全体で、まるごと伝えてきた

複雑な「泣き」が揺さぶった

見事な伏線の回収の数々は、そのことそのものが気持ちのよい構成だったが、それが伏線の回収としてハマっていたこと以上に、登場人物の想いがグッと伝わってくる要素として作用していたからこそ素晴らしかった。特に1話2話、そして最終話ラストの見事さに泣かされた。

泣くシーンが多いドラマだった。多すぎやしないか。つられて泣いて、泣き疲れた。
ただ悲しくて泣くのではなくて、笑いながら泣いたり、悔しさと怒りの混ざった涙だったり、言葉にはしにくい感情の動きだったり、そういった複雑な「泣き」が、ドラマの展開と役者陣の力で、観る者の気持ちを揺さぶった。

スピンオフのドラマとして、また観せて

脚本家の金子茂樹は、ドラマ『俺の話は長い』(傑作!)につづいて、「こいつは定職に就かないな!」という男を、二度も定職に就けてしまった
『俺の話は長い』で、屁理屈ばかり言って働こうとしなかったニートの岸辺満(生田斗真)が、スーツ姿で歩くラストシーンで「がんばれ!」と泣きながら応援しながらも、「定職に就かなくてもいいのにー、ずっといまのままの満でいてよー」とも思ったのだった。

フリーで活動している自分としては、春斗には定職につかない未来を望んでいた。ピンでも他の人と組むのでもいいので芸人を続けるのではないかと予想していた。
潤平が実家を継ぎ、瞬太が大将の居酒屋で働くとなれば、春斗は、定職につかずフリーで活動するっていう未来もある(ドラマのバランスとしても3人がそれぞれ違う方向に向かって歩き始めるほうがいいもの!)。

だが、9話で、瞬太が「冒険王になる!」と言い出しちゃうのだ。つむぎちゃんと恋人になり、大将と熱い契りを交わしたのに、ダメでしょそれは──と思ったが、瞬太らしいといえば瞬太らしい

「マクベス」の3人、そして中浜姉妹の合計5人の人生は、三カ月間で大きく変わった。「マクベス」の解散が大きな分岐点として作用した。
「マクベス」の3人はそれぞれの道を歩きだした。少し悲しい。悲しいけど、それは幾度もの涙を(三か月のあいだに何回泣いてるんだ、おまえたちは!)乗り越え、悩み、お互いが影響を与えながら選んだ道だ。

「マクベス」の3人が(中浜姉妹を入れて5人が)すぐにまた集合して楽しそうに会話することはないだろう(何しろ瞬太は海外に行っちゃったし)。

だが、いつか5人はまた集まる
演じた20代の5人にとってもそうだろうけど、ドラマを観ていた我々にとっても、この作品は気持ちの中の宝物になった。
「コントが始まる」ロスだなんて言わないから、再び集まって楽しそうに話す様子をスピンオフのドラマとして、また観せてほしい。すぐじゃなくてもいいから(ほんとうに数年後でいいから)。

 

『コントが始まる』公式サイト(日本テレビ)

脚本: 金子茂樹
演出: 猪股隆一、金井紘
出演: 菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀、有村架純、古川琴音、松田ゆう姫 他

主題歌: あいみょん「愛を知るまでは」

Profile

Writer 米光一成 よねみつ・かずなり

1964年生まれ、広島県出身。ゲーム作家。代表作は「ぷよぷよ」「はぁって言うゲーム」「変顔マッチ」等。
blog
twitter 

Profile

Illustrator オカヤイヅミ おかや・いづみ

漫画家・イラストレーター。著書に『いいとしを』『白木蓮はきれいに散らない 』など。趣味は自炊。
twitter

Edit: Yukiko Arai

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』が良すぎる。傑作誕生の予感を「3つの涙」で考察

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』が良すぎる。傑作誕生の予感を「3つの涙」で考察

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』2話ラスト5分に震える。1話まるごと前フリ?何この贅沢なドラマ

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』2話ラスト5分に震える。1話まるごと前フリ?何この贅沢なドラマ

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』3話 役者や演出への信頼なしに、こんな脚本は書けない

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』3話 役者や演出への信頼なしに、こんな脚本は書けない

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』4話 「マクベス」は、夢を延長するつらさに解散してしまうのか

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』4話 「マクベス」は、夢を延長するつらさに解散してしまうのか

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』5話「おまえ高校から時間止まってんじゃないの」

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』5話「おまえ高校から時間止まってんじゃないの」

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』6話。芳根京子が風呂から飛び出した場面が泣ける理由

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』6話。芳根京子が風呂から飛び出した場面が泣ける理由

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』7話。最終回を大胆予想!新生「マクベス」のコント「ピラミッド」が始まる

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』7話。最終回を大胆予想!新生「マクベス」のコント「ピラミッド」が始まる

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』8話。楠木が見ていた「マクベス」、つむぎの見ていた里穂子「誰かのがんばりは、誰かが見ている」

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』8話。楠木が見ていた「マクベス」、つむぎの見ていた里穂子「誰かのがんばりは、誰かが見ている」

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』9話「人生の敗者はいない」伏線回収してラストライブへ

菅田将暉×神木隆之介×仲野太賀『コントが始まる』9話「人生の敗者はいない」伏線回収してラストライブへ

PICK UP

MAGAZINE

2021年11月号
2021年10月12日発売

GINZA2021年11月号

No.293 / 2021年10月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
結局最後はヘアスタイル!
ファッションとの密接な関係

ヘアスタイルが決まれば
すべてうまくいく

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)