SEARCH GINZA ID

考察『エルピス』7話。平川の言い分(安井順平)に虫酸が走るが、私たちは彼に近いのかもしれない

考察『エルピス』7話。平川の言い分(安井順平)に虫酸が走るが、私たちは彼に近いのかもしれない

急転直下、DNA再鑑定が行われるが、事態を覆すには至らず。忙しい浅川恵那(長澤まさみ)は密かに事件を追い、経理部に異動した岸本拓朗(眞栄田郷敦)は足で取材を重ねるが……。『エルピスー希望、あるいは災いー』7話を、ドラマを愛するライター釣木文恵と漫画家オカヤイヅミが振り返ります(レビューはネタバレを含みます)。6話のレビューはこちら。


組織の中で違う動きをすること

「あっ。はい、わかります、それは」。浅川恵那(長澤まさみ)が弁護士・木村(六角精児)の「組織というのは必ずしも一枚岩ではない」という言葉にふと気づいたように打った相槌が印象に残った『エルピス』7話。
組織の中でゲリラ的な動きをした結果、いまの状況にある恵那にとっては、腑に落ちる言葉だったのだろう。

検察、警察、裁判所、そしてテレビ局。なにかコトが起こった時、「警察っていつも〜」とか、「テレビ局ってヤツは〜」とか、私たちは組織そのものに意志があるように扱ってしまう。けれど、組織の中には人がいて、常にその誰かが判断をくだしているのだ。思えばこの『エルピス』というドラマが作られ、放送されること自体、驚きを持って迎えられた。これも、佐野亜裕美プロデューサーらの強い意志が貫かれた結果生まれたものだ。

誰もが半ば無理だと思っていた松本死刑囚(片岡正二郎)のDNA再鑑定の決定が下される。長年弁護士をやってきた木村でさえ「都市伝説みたいに思って」いたほどの奇跡的な決断。それは、退官間近の東京高裁裁判官がもうすぐ組織の人でなくなるという理由で下せたものだった。しかし、検察が真っ当な答えを出すとは信じられない岸本拓朗(眞栄田郷敦)は、組織の中の人間にある正義をそれでも信じたいと言う恵那に「なに平和ボケしてんですか」「甘すぎますよ」「ボケてるフリして考えることから逃げたいんですか?」と言い募る。恵那はその言葉に激昂し、拓朗を殴り倒す。はたして検察は、拓朗の予想通り「DNAは検出されず」という結果を出した。

村井(岡部たかし)に言わせれば、拓朗も村井も「さびしい男」だから恵那に嫌味を言ったし、泣いているのだという。甘ったれた酔っ払いの村井は放っておくとして、拓朗は一人で取材をすすめるさびしさもありつつ、友人・悠介(斉藤天鼓)が拓朗の母(筒井真理子)に言った通り、遅く来た反抗期でもあるのかもしれない。

私たちに近い、平川という男

7話には、組織にいながらにして思いがけない動きをする男がもう一人登場した。かつて連続殺人事件の捜査を担当していた八飛署の刑事・平川(安井順平)。3話で恵那と拓朗が冤罪の可能性について取材に行った際には「そんなこと、絶対あり得ませんから」ととりつく島もなかった。ところがここにきて、拓朗に「話せる限りのことを話す」と50万円を要求。かなり上の方の人間の圧力により、署ぐるみで松本を犯人にでっちあげたことを語る。「代わりに逮捕できるなら誰でもよかったんでしょうけど」と平気で言い、「今となっては僕だって真相の解明を願ってるわけですよ」とうそぶく。

拓朗たちの手によって松本が真犯人でないという証拠が次々明らかになり、八飛署は「明らかに詰んじゃってる」。「僕個人としては正義側の人間であると自分を思いたい」から拓朗にこっそり情報を提供したのだという。「僕個人としては正義側の人間であると自分を思いたいわけですよ」と言いながら金銭を要求したことに対しては「自分のもの買うつもりないんで」「娘のピアノとかかな、買うとしたら」と謎の理屈で答える。

平川の飄々とした振る舞いを見ているとイライラした。所属する組織に対して諦めと嫌悪を持ちながら、自分では何も変えようとせず、「早く息の根止めてやってくださいよ」と拓朗に丸投げする男。自分たちの保身のために人の人生がめちゃくちゃになることに痛みを感じていそうにない男。けれど、現実に翻ってみたとき、自分がもっとも近いのは恵那でも拓朗でもなく、平川になってしまうのだろう。「聞かない、考えない、話さない」「知ったら余計な悩みが増えるだけじゃないですか」。恵那だけじゃなく、平川も、私たちも忙しい。自分の人生を守るのに必死だ。だから、正義を貫くなんてたいへんなことを、やっている暇がないのだ。

「マジくそっすね」という拓朗に「百も承知ですよ」と即答する平川。自分をクソと認識しているだけよほどマシなのかもしれない、とさえ思ってしまう。

ジャーナリスト・斎藤のこれからは

大洋テレビを離れた斎藤正一(鈴木亮平)は、フリージャーナリストとしてタレント的にテレビに出演しはじめる(番組を見てはじめて斎藤が局を辞めたことを知った拓朗の社内事情に対する疎さは相変わらずだ)。拓朗が見たテレビで、斎藤は増税の意義について語っていた。そのビジュアルと「わかりやすい」解説で、きっと人気が出ることだろう。そしていつしか視聴者は彼の言うことを信頼してしまうだろう。その後ろにいる、彼にその解説をさせている存在に気づくことなく。

これまで恵那と拓朗が交互に担当していたナレーション。7話では、二人が交互にナレーションを当てていた。ここからいよいよ、二人が力を合わせて新たな、全てを吹っ飛ばすような真実にたどり着くのだろうか。

『エルピス─希望、あるいは災い』公式サイト(カンテレ

脚本:渡辺あや
演出:大根仁、下田彦太、二宮孝平、北野隆
出演:長澤まさみ、眞栄田郷敦、鈴木亮平、三浦透子、三浦貴大 他
音楽:大友良英
プロデュース:佐野亜裕美、稲垣 護(クリエイティブプロデュース)
主題歌:Mirage Collective『Mirage』

Profile

Writer 釣木文恵 つるき・ふみえ

ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。
twitter 

Profile

Illustrator オカヤイヅミ

漫画家・イラストレーター。著書に『いいとしを』『白木蓮はきれいに散らない 』など。この2作品で第26回手塚治虫文化賞を受賞。趣味は自炊。
twitter
instagram

 

Edit: Yukiko Arai

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

覚悟を決めた『エルピス』1話が、テレビというパンドラの箱を開けた

覚悟を決めた『エルピス』1話が、テレビというパンドラの箱を開けた

『エルピス』2話。報道が真実を伝えないことに慣れてしまった私たちに、あの時の映像が

『エルピス』2話。報道が真実を伝えないことに慣れてしまった私たちに、あの時の映像が

突っ走る恵那(長澤まさみ)『エルピス』3話。空気を読まない強さと正しいことを求める危うさ

突っ走る恵那(長澤まさみ)『エルピス』3話。空気を読まない強さと正しいことを求める危うさ

『エルピス』4話「負けざま」を象徴するベッドシーン…権力に負けた恵那と拓朗に胸が痛む

『エルピス』4話「負けざま」を象徴するベッドシーン…権力に負けた恵那と拓朗に胸が痛む

雑炊をかっこむ名シーン!『エルピス』5話。無精髭の眞栄田郷敦が真実を暴く

雑炊をかっこむ名シーン!『エルピス』5話。無精髭の眞栄田郷敦が真実を暴く

考察『エルピス』6話。真っ白な恵那が大洋テレビの顔に!しかし斎藤のLINEがいろいろ気になる

考察『エルピス』6話。真っ白な恵那が大洋テレビの顔に!しかし斎藤のLINEがいろいろ気になる

『最愛』がもっと楽しめる!まとめて読みたいドラマレビュー連載

『最愛』がもっと楽しめる!まとめて読みたいドラマレビュー連載

【ドラマレビュー連載】戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ』面白さをまとめて堪能!

【ドラマレビュー連載】戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ』面白さをまとめて堪能!

菅田将暉『ミステリと言う勿れ』の面白さを振り返る!ドラマレビューまとめ読み

菅田将暉『ミステリと言う勿れ』の面白さを振り返る!ドラマレビューまとめ読み

考察『インビジブル』1話 強引で乱暴な高橋一生と軽やかで謎めいた柴咲コウ

考察『インビジブル』1話 強引で乱暴な高橋一生と軽やかで謎めいた柴咲コウ

考察『インビジブル』2話 頭の回転の速さを感じる高橋一生のアクション!

考察『インビジブル』2話 頭の回転の速さを感じる高橋一生のアクション!

考察『インビジブル』3話。Hey! Say! JUMP有岡大貴の不遜な後輩感がイイ!

考察『インビジブル』3話。Hey! Say! JUMP有岡大貴の不遜な後輩感がイイ!

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』4話。目が嬉しい華やかな潜入捜査!これぞドラマの魅力

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』4話。目が嬉しい華やかな潜入捜査!これぞドラマの魅力

考察『インビジブル』5話。キレッキレな高橋一生が、やや強引な展開をねじ伏せる

考察『インビジブル』5話。キレッキレな高橋一生が、やや強引な展開をねじ伏せる

高橋一生×柴咲コウ×永山絢斗『インビジブル』6話。父から犯罪英才教育を受けてきた姉弟の対決

高橋一生×柴咲コウ×永山絢斗『インビジブル』6話。父から犯罪英才教育を受けてきた姉弟の対決

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』7話。内通者は誰?正義と悪の二項対立を疑うドラマ構造を考察

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』7話。内通者は誰?正義と悪の二項対立を疑うドラマ構造を考察

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』8話。内通者は一体誰?酒向芳の存在が気になるが……

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』8話。内通者は一体誰?酒向芳の存在が気になるが……

今夜最終回『インビジブル』9話「やっぱりお前だったのか!」真犯人はなぜ志村(高橋一生)を殺さないのか

今夜最終回『インビジブル』9話「やっぱりお前だったのか!」真犯人はなぜ志村(高橋一生)を殺さないのか

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』坂元裕二脚本が考察を否定する

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』坂元裕二脚本が考察を否定する

『初恋の悪魔』2話。仲野太賀と松岡茉優の名シーン「ラーメンぐらいのびたっていいんだよ、話したいことがあるときは」

『初恋の悪魔』2話。仲野太賀と松岡茉優の名シーン「ラーメンぐらいのびたっていいんだよ、話したいことがあるときは」

ミステリアスになってきた!『初恋の悪魔』3話。変人・鈴之介(林遣都)と凡人・悠日(仲野太賀)の悩み

ミステリアスになってきた!『初恋の悪魔』3話。変人・鈴之介(林遣都)と凡人・悠日(仲野太賀)の悩み

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』4話。悠日と星砂の「ロン!大恋愛!」なるか、鈴之介は大丈夫?

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』4話。悠日と星砂の「ロン!大恋愛!」なるか、鈴之介は大丈夫?

『初恋の悪魔』5話 坂元裕二ドラマにまたもカラオケ名場面。ありのままの自分が過去を救う

『初恋の悪魔』5話 坂元裕二ドラマにまたもカラオケ名場面。ありのままの自分が過去を救う

『初恋の悪魔』6話。たった一言で心を掴んだ満島ひかり、難役をこなす松岡茉優

『初恋の悪魔』6話。たった一言で心を掴んだ満島ひかり、難役をこなす松岡茉優

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』7話。ふたりの星砂を巡って対立せざるを得ない

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』7話。ふたりの星砂を巡って対立せざるを得ない

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』8話。初恋の悪魔=署長? 伊藤英明がますます怪しい

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』8話。初恋の悪魔=署長? 伊藤英明がますます怪しい

『初恋の悪魔』9話「帰ってきたら、りんごのむき方、教えてくれる?」衝撃のラストに戦慄

『初恋の悪魔』9話「帰ってきたら、りんごのむき方、教えてくれる?」衝撃のラストに戦慄

PICK UP

MAGAZINE

2023年2月号
2023年1月12日発売

GINZA2023年2月号

No.308 / 2023年1月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
ファッション大好き324人が集合!
BEST STYLE SNAP!

新しい年が始まったね
ファッションスナップ!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)