SEARCH GINZA ID

奥田浩太と行本佐紀、ジュエリーと立体作品の共演。“輪郭”を主題に展覧会を開催

奥田浩太と行本佐紀、ジュエリーと立体作品の共演。“輪郭”を主題に展覧会を開催

ジュエリーデザイナー奥田浩太と美術作家行本佐紀の個展『Figure』が開催中だ。Figure=輪郭をテーマに、二つの若い才能がそれぞれの作品を展示する。2022年7月3日(日)まで、「es quatre galarie」にて。


2018年に紙幣とマネークリップのデザインのドレスを発表し、話題となった奥田浩太(GINZAでの取材記事はこちら) 。2015年にはイタリアの国際ファッションコンペティション「ITS」のジュエリー部門でグランプリを受賞している、生粋&実力派のジュエリーデザイナーでもある。

行本佐紀も、ファッションの世界でファーストキャリアを積んだ作家だ。幼少期の直感的な手作業にインスピレーションを得た作品を発表している。

現在台東区のギャラリー「es quatre galerie」で開催中の共同個展『Figure』では、奥田のジュエリーと行本の立体作品を展示。2人のアーティストが“輪郭”というキーワードからそれぞれに描き出した唯一無二の世界が広がる。

奥田は、“立体や曲線が持つ力強さや美しさ”を表現したジュエリーを発表。なめらかながらも意志を感じるラインで象られた指輪やピアスが並ぶ。また、新作として花器をモチーフにしたシリーズも。本来花を生けたり飾ったりするものであるフラワーベースを、身につける“モノ”に変換することで、置物と身体の関係性が探られている。なお、ジュエリーは展示販売となり、その場で購入も可能。

アートから“輪郭”を思考しているのは、行本の展示。ペーパーカッティングアートとは、彼女が自ら描いたドローイングを手でちぎり、バラバラになったかけらを張り合わせながら全く別の平面画に再構成する作品だ。抽象画の輪郭を壊し、紙という質感を活かしながら新たな輪郭を生み出す行為でもある。今回の展覧会では、そのドローイングをもとにしたクレイアートも登場し、平面から立体へと、輪郭が“住み変わる”様子を眺めることができる。

ジュエリーとアート、身につけるものと見るものという違いはあれど、その形や佇まい、輪郭を愛でるものにはかわりない。2分野の才能が共演するまたとない機会、ぜひ堪能したい。

【KOTA OKUDA / SAKI YUKIMOTO EXHIBITION - FIGURE -】

会期: 開催中〜2022年7月3日(日)
会場: es quatre galerie
住所: 東京都台東区千束3-4-3 2F
開場時間: 12:00〜19:00(最終日は〜18:00)(月・木定休)
*入場無料
Tel: 03-6240-6889

Text: Motoko KUROKI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年7月号
2022年6月10日発売

GINZA2022年7月号

No.301 / 2022年6月10日発売 / 特別定価860円

This Issue:
ひみつの場所

プライベートな時間を過ごす
自分だけのテリトリー

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)