SEARCH GINZA ID

日本戦後ファッション、本気のアーカイブがここから始まる!? 「ファッション イン ジャパン」@国立新美術館 後編

日本戦後ファッション、本気のアーカイブがここから始まる!? 「ファッション イン ジャパン」@国立新美術館 後編

現在、国立新美術館で開催中の展覧会「ファッション イン ジャパン 1945-2020 —流行と社会」。会場には、性別問わずあらゆる世代の観客が訪れている。これまで、日本人デザイナーのパリコレ進出など、海外での評価を起点に語られることの多かった日本のファッション。それとは異なり、本展は戦前の洋装、戦中のもんぺから始まる。戦後と現代のファッションには、どんなつながりやストーリーがあるのか?前編に続き、展覧会を企画した一人である国立新美術館の主任研究員・本橋弥生さんにお話を聞いた。

 

90、00年代は、ストリート発カルチャーが時代を席巻する

──90年代や2000年代は、一気にストリートファッションの雰囲気が強くなりますね。ファッションブランドの服だけでなく、ギャルやゴスロリといったものも混じってきて、これらが同居してたんだなあと改めて驚きました。当時、これほどストリートファッションがブームになるのは日本特有だったのでしょうか?

90年代のコーナー。「アンダーカバー」や「A BATHING APE®」など、当時は裏原系と呼ばれたブランドの背後に、「アルバローザ」などのギャルが好んだ服が並ぶ。Photo : Ken Kato

今回は海外の動向と詳しく比較していないのですが、90年代の『FRUiTS』といった日本のストリートをスナップした雑誌は、海外でも人気だったようです。突飛な組み合わせとかメイクが、斬新に見えたのでしょう。私が一時期ロンドンで暮らしていたときも、パンクスとか見た目で趣味がわかる人たちはいたけれど、それと比べて、日本は同じ好みの人が集まる傾向がある気がします。90年代に限らず、竹の子族とかロカビリーの人も、好きな服を着て集まったり、どこかに繰り出したりしていて。だからストリートでも目立ったのかもしれませんね。


達川清/HYSTERIC GLAMOUR 1988/Courtesy of POETIC SCAPE

『FRUiTS』8月号No.13 表紙/1998年/ストリート編集室発行/個人蔵

 

原点回帰し、装う意味を考える

──当時の渋谷原宿は、今ではびっくりするようなファッションの人も普通に歩いていた記憶があります。今は表現の場も、ストリートからSNSに移っているのでしょうか。

SNSの影響が大きいのは確かです。本展も、受け手・作り手・メディアの三者の関係に注目していますが、メディアでは2008年以降のiPhoneの登場が大きな転換点だと考えています。個人がピンポイントに欲しい情報を得るようになったので、いわゆる全体を覆うトレンドはつかみづらい。そのなかでも、「くらし系」やファストファッションが普及した反動として注目される動向など、いくつかピックアップして紹介しています。

終章、未来のコーナー。さまざまな規模のブランドが、サスティナブルに取り組んでいることがわかる。Photo : Ken Kato

──今は、誰でも手軽に低価格・高品質のものを買えるようになりましたよね。現代のファッションは、着る人にとってどんな表現やツールになっていると思いますか?

原点回帰というか、ほんとうに着たいものを着られる分だけ買う、という流れを感じます。例えば、80年代は日本が経済的に豊かで、みんなが服をたくさん買っていましたが、それと今は異なります。ファストファッションも、SDGsの観点からサスティナブルに対応しはじめて、大きく方向転換しつつありますよね。

2010年代のコーナー。「Mame Kurogouchi」や「sacai」など、第一線で活躍するブランドの服たちが。Photo : Ken Kato

一方の個人デザイナーにも変化を感じます。現在、福岡を拠点に活動している「途中でやめる」の山下さんは、古着をリメイクした一点ものを販売していますが、価格は4800円とか原価ぎりぎりくらい。儲ける気がないの?と心配になるほどです(笑)。新型コロナウイルスの影響もあって、人々が、ますますなぜ装うのか?の原点に立ち戻っているように思います。

2010年代のコーナーの一部。手前が「途中でやめる」の服。Photo : Ken Kato

 

アーカイブが教えてくれる未来

──展覧会場では、若い人が熱心に過去のものを見ているのが印象的でした。今の20、30代は、ファッションに限らずアーカイブを参照することが当たり前になっています。今回も、単なる歴史を紹介する展示ではなく、今見て面白いもの、かっこいいものを探す意味で、とても興味深い内容だと思いました。

そうですね。アーカイブがこれだけ当たり前になった今、私、個人としては国内でもファッションのアーカイブをつくる必要性を感じています。欧米ではすでにファッションが学問になっていたり、各美術館や博物館が近現代の洋服もコレクションしたりしていて、見たい時に引き出せる状況があります。

80年代のコーナー。男女問わず、これだけの点数が並ぶ国内のファッション展はめずらしい。Photo : Ken Kato

今回は800点超を出品していますが、所蔵先がばらばらで、集めるのに苦労しました。ファッションブランドは、今と未来が大切。少し先を予測したファッションを売ることが仕事なので、過去を振り返らないんですよね。在庫として置いておくのも大変ですから、処分されてしまったものも多くありました。ただ今回、菊池武夫さんからは「自分は80年代からストリートをやっていた」と聞きましたし、日本にボーダーシャツを定着させたきっかけは「マドモアゼルノンノン」だという話もあったりと、発見がとても多かったんです。こんなふうに、重要なブランドや証言は本展ではひろいきれず、まだまだたくさんあるので、これをきっかけに、日本のファッションを網羅的にアーカイブしていく気運が高まっていけばいいなと思います。

お話をお聞きした、国立新美術館主任研究員の本橋弥生さん。70年代「MILK」のコーナーの前で。筆者撮影

◁前編はこちら

「ファッション イン ジャパン 1945-2020 —流行と社会」

会場: 国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7-22-2

会期:開催中~2021年9月6日(月)
開館時間: 10:00~18:00 ※毎週金・土曜日は20:00まで。※入場は閉館の30分前まで。(開館時間は変更になる場合があります)
※事前予約制。詳しくは展覧会HPを参照。
休館日: 火曜日

展覧会HPはこちら

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年8月号
2021年7月12日発売

GINZA2021年8月号

No.290 / 2021年7月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
新感覚
コレクター白書

おしゃれな人たちの
集めているもの見せて!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)