編集Aの「おはなのはなし」。ヒメアジサイと呼ばないで!初夏を代表する花が抱える悩みとは

編集Aの「おはなのはなし」。ヒメアジサイと呼ばないで!初夏を代表する花が抱える悩みとは

もっとちゃんとエントリーシート書こうよ。

バイトの面接受けるたびに同じことを言われるヒメアジサイ。名前の欄に<姫紫陽花>と書くだけで憂鬱になるそう。普通のアジサイよりちょっと小ぶりで葉がギザギザ、ってだけで姫がつく。‘姫=小さい‘という意味で、それ名前につけるってどうなの。だったら、人間だって小柄な田中さんは姫田中って名乗ってほしい。おやゆび姫は姫おやゆびだよね。じゃあ、チワワって姫犬? 姫百合とお茶するたびに延々、姫問題を話し合ってる。難しいお年頃なのだ。

初夏の代表的な花のアジサイ。日本原産、万葉集に詠まれ、近年は映画や歌のタイトルに使われ、東京港区花やさいたま市花、切手のデザインに採用されたことも。母の日は忙しいカーネーションの助っ人でボランティア活動まで。酸性アルカリ性の色産み分けを公開されても嫌な顔ひとつしない。アジサイ一族は総じて大らかで人気者。ヒメアジサイだって立派なアジサイなんだから自己PRの欄に書くこといっぱいあるのに「私、ヒメ系ですから。ガーベラからも『ほんまは秘アジサイちゃうん?』とセクハラ受けてますから」と。

そんなヒメアジサイ、最近アジサイ族の長老に改名を申し入れているとか。おしゃれゴージャス西洋アジサイの台頭で、それらと区別するために「路地紫陽花さん」と呼ばれることもあり、なんかそっちの方がしっくりくるので<路地紫陽花>で生きていきたいらしい。わかったよ。ロジアジサイ上等! なのであります。

 

今月のブーケ

Fleur Universelle


青とピンクの姫アジサイ(路地アジサイ)、白いカシワバアジサイ、ルリダマアザミ、リョウブ

副編A

Editor A
好きな花は椿、チューリップです。都内のお花屋さんをまわって、”仲直りの花束”とも呼ばれる2000円ブーケを紹介します。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)