SEARCH GINZA ID

2018年夏、東京のストリート「FOOD」カルチャーって?

2018年夏、東京のストリート「FOOD」カルチャーって?

GMCとBEAMSのコラボーーアートの種はストリートにある

70年代のNYを舞台に、ギャラリーやミュージアムを飛び出して、ストリートやレストラン、住宅地や廃墟となったビルなど、街中を駆け巡って活動したアーティスト、ゴードン・マッタ=クラーク。そんな彼の縦横無尽なフットワークを受け継いで、現在開催中の東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」がビームスとコラボ。美術館を飛び出して、2018年の東京に、GMC(ゴードン・マッタ=クラーク)のDNAが散りばめられていく。


レストラン「FOOD」でのゴードン・マッタ=クラーク
©︎ The Estate of Gordon Matta-Clark; Courtesy Richard Landry, The Estate of Gordon Matta-Clark and David Zwirner, New York/London/Hong Kong.

 

東京の「FOOD」

都内各所で同時多発的にイベントが行われるなか、注目はマッタ=クラークのプロジェクト「FOOD」にインスピレーションを得た企画。
「FOOD」は、まだまだ荒廃していた70年代のNY、ソーホーに、彼が仲間たちと一緒にオープンしたレストラン。アーティストたちがシェフやホール、経営も全部やっていた。骨付き肉のローストの骨を削って帰りにペンダントにしてくれたり、ジョン・ケージやロバート・ラウシェンバーグがゲストシェフの候補だったり、記録映像や写真などを見ると、なにやらすごく楽しそう。アーティな料理って、コンセプト優先気味で実際の味はどうだったの?と心配にもなるが、実際は安い、旨い、おなか一杯になれる3拍子揃った若者に人気の食堂だったらしい。

そんな70年代のソーホーから、時空を超えて2018年の東京・幡ヶ谷へ。カフェPADDLERS COFFEEを舞台に、週替わりで人気料理家や飲食店店主をゲストに迎えて「カルチャーとしての食」をテーマに、展覧会にヒントを得た特別メニューやトークを楽しめるイベントが開催される。こちらの「FOOD」のゲストたちは、名前を見るだけでほんとに豪華。今の東京の「食」を堪能できる、絶好の機会になるはず。

【ゲストラインナップ】
石田貴齢(手打ち蕎麦naru)、岸本恵理子(出張料理人)、小島真理子×小島麻貴二(margo)、紺野真(organ/uguisu )、齊藤輝彦(アヒルストア)、野村友里(料理人/「eatrip」主宰)、原川慎一郎(the Blind Donkey)、冷水希三子(料理家/フードコーディネーター)、福田里香(菓子研究家)、松島大介×加藤健宏(PADDLERS COFFEE)、三原寛子(南風食堂)、山本千織(chioben)×江口宏志(mitosaya薬草園蒸留所 /蒸留家)

実際にイベントに参加して味わいたい!という人は早速お申込を。
遠くて行けない!スケジュールが合わない!という方もがっかりしないで。オフィシャルのYoutubeチャンネルから当日の模様が見られる。

おなかいっぱい食べながらの会話から、新しいアイデアや友達が生まれる。「食」がつなぐ東京のカルチャーが体感できるこのチャンス、興味のある人は先着順なので急いで申し込みを。

GMCとビームスのコラボは盛りだくさん。GMCの作品があしらわれた展覧会のオリジナルTシャツとトートバック制作の他、東京発のインディペンデントマガジン『TOO MUCH MAGAZINE』が5組のアーティストをフィーチャーしたTシャツ5種を限定リリース。Abake、加賀美健、ホンマタカシ、モトーラ世理奈、平山昌尚といったラインナップはもちろん、それぞれオリジナルラベルの缶に入っているのもカワイイ。美術館のミュージアムショップや「トーキョー カルチャート by ビームス」、蔦屋 代官山、銀座SIX蔦屋などで購入できる。詳細はこちらから

 


【料理というクリエーションと食におけるストリートカルチャー】
企画・主催: 株式会社ビームス
開催期間: 2018年6月25日(月)~9月17日(月・祝)
会場: PADDLERS COFFEE(東京都渋谷区西原2丁目26−5)
時間: open 18:30/talk start 19:00~close 21:00
定員: 各回25名(要事前申込/先着順)
*料金は各回で異なります
申し込みはこちらから

 

スケジュール(予定)
6月25日(月)松島大介×加藤健宏(PADDLERS COFFEE)
7月1日(月)原川慎一郎(the Blind Donkey)
7月23日(月)小島真理子×小島麻貴二(margo)
7月30 日(月)福田里香(菓子研究家)
8月12日(日)三原寛子(南風食堂)
9月3日(月)紺野真(organ/uguisu )
9月16日(日)岸本恵理子(出張料理人)
*石田貴齢(手打ち蕎麦naru)、山本千織(chioben)×江口宏志(mitosaya薬草園蒸留所 /蒸留家)のイベント詳細は決定次第発表。

YouTube配信のみ 
以下はYouTube配信のみとなります。
7月15日(日) 齊藤輝彦(アヒルストア) 主宰 料理人×野村友里(料理人/「eatrip」主宰)×冷水希三子(料理家/フードコーディネーター)

*イベント詳細、最新情報は各公式SNSでチェックを
Instagram: @gmc_food_beams
Facebookイベントページ: fb.me/gmcfoodbeams
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCVjKTA0vrR8gBcO7qYtPizg
問い合わせ先: info@tmpress.jp
関連サイト: 東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)