スポーツに、普段着に、アクティブで美しい人が〈GapFit〉を選ぶ理由

スポーツに、普段着に、アクティブで美しい人が〈GapFit〉を選ぶ理由

Share it!

〈Gap〉のスポーツウェアラインとして登場してから、ランニングやヨガを始めとする、GINZAガールのアクティブシーンに活躍してきた〈GapFit〉。数あるスポーツウェアの中で際立っているのは、着心地の良さとデザイン性の高さ。心にも身体にも快適なウェアとして、世界中の女性に支持されている。

ヨガインストラクターの渡辺志穂さんも〈GapFit〉を愛用中。

彼女がヨガを本格的に始めたのは今年。勤めていた会社を辞め、ヨガを学びに単身ハワイへ。帰国後、インストラクターの活動を始めライフワークとして向き合うように。

「ヨガを始めてから自分の内面に意識を向けるようになりました。自分を見つめ、愛してあげることで、初めて人を大切にすることができる。気持ちが穏やかになり、優しくなったと思います。夫には『変わってないけど…』と言われますが(笑)」

自分が心地よいと感じたコトやモノに忠実に。それはウェア選びも同じ。

「着ていて気持ちが良いので気がつけばいつも〈GapFit〉のアイテムを選んでいます。ヨガウェアとしてはもちろん、愛犬の散歩には動きやすく着心地の良さを重視したものを、ちょっとしたお出かけにはモダンなカジュアルファッションを作るものを。程良くトレンドが入ったデザインが可愛く、シティユースに使えるのも魅力です」

IMG_2061黒

IMG_2159

STYLE 01 愛犬の散歩

「愛犬のコタロウとレイと家の近所をお散歩。寒くなってきたので、わんちゃんたちにもセーターを着せました。私はというと、動きやすくて快適なレギンスが定番。しっかりした生地で暖かいので、この時期にぴったりなんです。ヨガ留学していたハワイではロコと同じように私もレギンスのままカフェへ行ったりしていましたが、日本ではちょっと恥ずかしいので腰回りを覆うトップスやカーディガンを着ています」

レギンスを始めとするボトムスは、フレキシブルに動いてもインナーが透けない機能「ブラックアウト」を備え女性のスポーツシーンをサポート。トップスはゆったりしているものが好みの志穂さんは、ツーサイズ大きめのラップトップをセレクト。レギンス¥5,900、ラップトップ¥4,900、スポーツブラ¥3,900(共にGapFit) ロングカーティガン¥9,900、ベルベッドBBキャップ¥3,900、ドッグセーター¥3,900 (共にGap)  *全て税込価格

 IMG_2334黒

 STYLE02 コールドプレスジュース[YES TOKYO]

「ヨガクラスの前に、お気に入りのコールドプレスジュースショップ[YES TOKYO]へ。いつもより少し女のコらしいファッションを意識して、スポーツブラの上に花柄ワンピを着ました。ストラップに特徴があるこのブラは、着こなしのポイントとしても活躍。ラフな感じで、ワンピをカジュアルダウンしてくれます。実はレギンスも履いているので、ワンピを脱げばそのままレッスンできるのも嬉しいところ。美味しいジュースで一息ついて、いざヨガスタジオへ」

クロスされたバックストラップが可愛いブラトップ。ファッション性とカジュアルなコットン素材が相まってヘルシーな肌見せに。スポーツブラ¥3,900(GapFit) ドレス¥9,900円(Gap)  *全て税込価格

IMG_2428 縦

 STYLE03 マグマスパスタジオ[insea]  でヨガレッスン

「私はヨガウェアもいつもの服の延長で着たいタイプ。普段通りのダークトーンで、ゆるっとしたトップス×ピタッとしたパンツコーデが定番です。ポイントは身体がすっきりキレイに見えること。たとえ可愛くても膨張する色やデザインは選びません。また、インストラクターとしてポーズを見せていくので、身体の動きが分かりやすいものを選んでいます。背中が大きく開いたデザインが可愛いこのタンクトップは、背骨の動きも分かるので重宝しています」

汗や熱を素早く外へ逃がす放熱性や吸汗性に優れたGapオリジナルの素材「ブリーズ」や、身体の動きにしなやかにフィットする4方向ストレッチなど多彩なスポーツのニーズに応える機能面にも注目。タンクトップ¥3,200円、スポーツブラ¥3,900、レギンス¥6,900(共にGapFit) *全て税込価格

 

志穂さんのアクティブな生活に寄り添う<GapFit>ではこの冬、新プロジェクト「GapFit Ambassador」がスタート。ヨガやランニング、ストリートダンスを始めとするアクティビティで活躍する人物をフォーカスし、Gapストアやイベントでインストラクターとして活動する予定とか。もちろん、渡辺志穂さんもその一人。興味深い詳細はGapFit Ambassador 特設ページでチェックして。

問い合わせ

Gapフラッグシップ原宿
03-5786-9200

Photo: Kentaro Oshio Hair&Make up: Ryoki Shimonagata Text&Edit: Mina Yoshioka