SEARCH GINZA ID

鎌倉山で『ジョージナカシマ展』が開催。吉村順三建築に佇む木の家具に会いに行く

鎌倉山で『ジョージナカシマ展』が開催。吉村順三建築に佇む木の家具に会いに行く

2022年3月26日(土)から4月3日(日)まで、20世紀に活躍した木匠・ジョージ・ナカシマの作品が展示される。会場は、吉村順三設計の建築を改修した鎌倉山「インク ギャラリー」。


コノイドチェアなどで知られるジョージ・ナカシマ。「家具デザイナー」という肩書きを厭い、自らを「ウッドワーカー(木匠)」と呼んでいたという。20世紀を通して木の持つ力やぬくもりを家具の形で表現し続けた彼の作品が、鎌倉山の「インク ギャラリー」にて展示されることになった。

日系2世としてアメリカで生まれ、1934年に初来日して建築家アントニン・レーモンドの事務所に入所。ナカシマは、そこで昭和を代表する「住宅の名手」吉村順三と知己を得て、日本の文物にも触れた。その後、日系人収容所へ送られた第二次世界大戦期などを経て、木を素材に家具作りを始めることとなる。

ジョージナカシマ展, George Nakashima, 吉村順三

吉村順三による茶室に置かれた、ブログレンスツール(左)、ミルクハウステーブル(中)、コノイドラウンジ(右)。

若かりし頃に同僚として出会った、ナカシマと吉村。1973年竣工の「ポカンティコヒルの邸宅」では、吉村が設計した大邸宅に、ナカシマが220点以上の家具を制作・納品するなど、その交流は続いた。住まいと家具という別々の道に進んだものの、自然への敬意や気高い簡潔さという点で、共通したエッセンスを感じさせる。二人とも、世の中が大量消費に舵を切り出した時代に、素材と向き合い、「暮らしの豊かさ」を求めていたのだ。

鎌倉山に竣工された吉村建築は、時を経てファッションブランド〈ヤエカ〉が所有する「インク ギャラリー」として生まれ変わった。そして、そのなかにナカシマ家具を置くというのが、今回の「ジョージナカシマ展」の大きな見所。

ジョージナカシマ展, George Nakashima, 吉村順三

吉村順三設計、中村外二工務店施工の建築。〈ヤエカ〉が建築家・中村好文とともに本来の姿に戻すような改修を施し、ギャラリーとして再生させた。

住居棟の他に、数寄屋建築の茶室もそなえた鎌倉山の吉村建築での展示。戦後は主にアメリカ・ニューホープの工房で制作活動に打ち込んだナカシマの作品が、日本の暮らしにより寄り添った親密なイメージで現れる。

さらに本展示では、最初期の作品・ブログレン・スツールを復刻。ライセンス制作を行う高松市の桜製作所が、ナカシマの娘・ミラの協力のもと、いままで一度も製品化されることのなかった幻のスツールを蘇らせた。そのほか、多くの特別仕様のナカシマ家具が並び、展示・販売される。

春の鎌倉山で触れるジョージ・ナカシマの精神は、とびきり澄んでいるだろう。暖かくなってきた日々にぴったりなお出かけ先だ。

『ジョージナカシマ展』

会場: ink gallery
住所: 神奈川県鎌倉市鎌倉山1-19-12
会期: 2022年3月26日(土)〜4月3日(日)
*無休
開場時間: 11:00〜18:00
Tel: 0467-31-0088

【お菓子の販売】
・田園調布にある「SAVEUR」のケーキ
・〈ヤエカ〉のスタッフが作る桜餅、おはぎ
日程: 会期中全日
価格: 各1,000円

・料理研究家の内田真美さんによるお菓子の販売。
日程: 3月26日(土)・27日(日)
価格: 各1,000円

*お菓子はギャラリー内の茶室にて、抹茶(サービス)と共に飲食可能。

Text: Motoko KUROKI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年6月号
2022年5月12日発売

GINZA2022年6月号

No.300 / 2022年5月12日発売 / 特別定価860円

This Issue:
洋服愛あふれるワードローブ紹介
クローゼットスナップ!

ZOOM UP
クローゼットの中身!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)