書を持ち、街へ出よう!東京の”いいビル”を愛でる。銀座の街でビル&床さんぽ

オリンピックを前に、新陳代謝が活発な大都会・東京。

高度経済成長期以前の有名無名建築が次々に取り壊され、新しいビルが建築されつつあります。それは安全面等の問題で仕方がないにしても、あまりにもあっけなく、あっという間。多くが1950〜70年代以前のビルですが、遊びの効いたデザインや丁寧な職人の仕事が多く見られるというのに、本当にもったいない!

そんな高度経済成長期に建てられた”いいビル”をまとめた写真集『いいビルの世界 東京ハンサムイースト』(大福書林)の、著者のひとりでもあるビル好き編集者が、GINZAのホームタウン、銀座の街のいいビルをご紹介します。

 

トニービル(左/1968年)と銀座数寄屋橋ビル(右/1970年)

Processed with VSCO with c1 preset

仲良く寄り添い、互いを引き立て合うグッドルッキングな2つのビル。ベビーピンクのトニービルの、上段の壁面レリーフが小さくなっているゆるさにときめかずにはいられません。銀座数寄屋橋ビルの窓周りのあしらいは、ひとつひとつ工場で作られたパネルをはめ込んだもの。微妙に角度がついた上下のラインがおしゃれ指数を上げています。

 

金成ビル(1971年)

Processed with VSCO with c1 preset

最寄駅は新橋ですが、ぶらぶらと”ビル見”をしながら歩けば、銀座-新橋間はあっという間なので、ぜひ足を延ばしてほしい。水平連続ハニカム窓というだけでもキュートなのに、両開きの窓の位置が各階で異なり、斜めに並んでいる小技がニクいです。

 

医療ビル(1971)

Processed with VSCO with c1 preset

最後にもうひとつ、GINZA編集部のあるマガジンハウスのすぐそばにあるポップなモザイク壁画ビルを。モザイク壁は建物の中心で階段室になっていて、ビル左右のテイストを分けています。つい贔屓してしまうのは、立体的な丸みの可愛らしい右側。このビルの向かいにはボリューミーなサンドイッチで有名な喫茶店「アメリカン」が。いいビルの側でランチをするのに最適です。

そうそう、モザイクといえば、銀座7丁目にある「ビヤホールライオン本店」の床。

IMG_5711

こちらの建物は1934年築と戦前からのものなので”いいビル”というよりも近代建築ですが、当時からほぼ変わらない内観が素晴らしい! 広いフロア全体に敷き詰められたモザイクタイルの、アールデコなグラフィックは壮観。ちなみにこの床については写真集『足の下のステキな床』(グラフィック社)で紹介しているので、ビルの本と併せて床の本もぜひチェックして。この2冊を片手に、いいビルやステキな床を探しに出かけてみてください。

(ルート的には、医療ビルを眺めながら「アメリカン」でサンドイッチランチ→トニー&銀座数寄屋橋ビル→金成ビル→「ビヤホールライオン本店」で散歩後のビール、がおすすめです)

西村依莉 にしむら・えり

編集者・ライター。東京ビルさんぽメンバー。ファッション誌・ライフスタイル誌を中心に活動しつつ、高度経済成長期のステキな建築や街の風景を日々記録している。グラフィック社から『足の下のステキな床』(グラフィックデザイナーの今井晶子、フォトグラファーの奥川純一との共著)、大福書林から『いいビルの世界 東京ハンサムイースト』(東京ビルさんぽ)が発売中。