SEARCH GINZA ID

橋本愛、野村訓市、石田真澄が語るGUCCI 短編映画シリーズ OUVERTURE OF SOMETHING THAT NEVER ENDED -エピソード3:「郵便局にて」-

橋本愛、野村訓市、石田真澄が語るGUCCI 短編映画シリーズ OUVERTURE OF SOMETHING THAT NEVER ENDED -エピソード3:「郵便局にて」-

11月16日から1週間にわたり、最新コレクションを発表するためにオンラインでムービーを発信したグッチ。
クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレと映画監督ガス・ヴァン・サントの共同監督で撮影されたこの短編映画シリーズについて、1エピソードずつ女優・橋本愛、編集者・野村訓市、写真家・石田真澄にそれぞれの視点で語ってもらい、ginzamag.comでグッチにならって毎日アップしていきます。
今日は主人公シルヴィアが郵便局へと出かけるエピソード3

前エピソード:-「カフェにて」-


橋本 愛

橋本愛

ニットベスト¥120,000、タイ付きブラウス¥150,000、スカート¥175,000、ソックス¥17,000、シューズ ヒール8.5cm ¥102,000(以上グッチ|グッチ ジャパン)

アレッサンドロが手がけたものなら
どんなスタイルでも挑戦してみたい

美術評論家の方とハリー・スタイルズが電話で話している内容に一言一句共感しました。コロナ禍で、芸術家たちの存在意義がなかなか根本から理解されていないことが浮き彫りになりました。この会話を撮ることによって、アートを重要視し、理解しているアレッサンドロが彼らに救いの手を差し伸べているような気がします。
シルヴィアが愛を讃える詩を読んでいる声にちょっとエコーがかかっていて、郵便局という公的な場所で1人の世界に浸っている感じが出ていたのも面白かった。世界とは、そうした個々が偏在している重層的な空間なんだな、と。
私の好みはロマンティックなスタイルなんですけど、アレッサンドロの手にかかると、なじみのないタイプの服でもいいなと思ってしまい、挑戦してみたくなるんです。スポーティな服装はあまりしないのですが、郵便局員さんが着ていたカジュアルな青いポロシャツがすごくかわいくて。白いハイソックスに茶色のローファーというクラシカルな組み合わせも大好きでした。

橋本愛が選ぶGUCCI filmの場面

シルヴィアは不思議なフライヤーが印刷された切手を青いポロシャツを着た郵便局員から受け取る。

 

野村 訓市

野村訓市

電話でのハリーは
いつもあんな感じ

ハリーはプライベートでも、電話でしゃべっているときはあんな感じ。
去年お忍びで来日した、と話題になりましたけど、みんなでご飯を作ったりギターを弾いたりして、楽しそうにしていましたよ。彼版の「ロスト・イン・トランスレーション」だったのかな、と。1人で外国に行って、いろんな人と知り合ったり、未知の物を見て、やがて自分がその土地に受け入れられていると感じると高揚するじゃないですか。僕も留学していた時、外国でだんだん自分らしく動けるようになっていくのはすごく楽しかったのでよくわかる気がします。
ハリーがずいぶん派手なカーディガンを着ているな、と思った日があったのですが、グッチのウィメンズでした。仕事としてだけじゃなくグッチが好きで、プライベートでも着ていたのかなと。ハリーは奇をてらうわけじゃなくドレスであっても、「すごくかわいいから」と、普通に着こなしているんじゃないのかなと思います。

野村訓市が選ぶGUCCI filmの場面

歌手・俳優のハリー・スタイルズはLAの庭を散策しながらイタリアの美術批評家・理論家、アキーレ・ボニート・オリーヴァと電話で話す。

 

石田 真澄

石田真澄の撮り下ろし写真

エピソード3のイメージ写真を石田真澄さんが撮り下ろし

セリフの中に
自分の信念との共通項がありました

美術評論家の方が「諍いや対立が絶えないが、でも幸せな違いが共存してもいる。たくさんの異なる文化的な状況においても、我々はみな違っていて、共存しているということ自体は確かに感じられる。芸術、ファッション、演劇、映画など手法は違ってもね」と言っていたのが印象的でした。私も、たとえ考え方や見ている方向が一緒ではなくても、違いを認めたうえでの共存は可能だと思っています。
「芸術を創るというのはずっと見たかったり聴きたかったのになかったものを見つけること」で、「まだそれが何かわからないけど楽しい」といった話にも共感しました。私は好きなものを残しておきたいから撮っているし、自分の写真には見たいものが写っている。こうした大切な話が対面ではなく、電話で繰り広げられていることに不思議な感じがしました。

石田真澄が選ぶGUCCI filmの場面

アキーレは、「今は絡み合いの時代と言えるだろう。未来への不信感が漂う時代…だが、こんな時代が以前にもあったんだ。同じようなことが起きて、現在のことを考えることばかりが重要だった時代が。遠い昔、ルネッサンス後のことだよ」とも語る。

エピソード3に登場したルック

Photographer: Gus Van Sant


関連記事

橋本愛、野村訓市、石田真澄が語るGUCCI 短編映画シリーズ-エピソード1:「自宅にて」-
橋本愛、野村訓市、石田真澄が語るGUCCI 短編映画シリーズ-エピソード2:「カフェにて」-
橋本愛、野村訓市、石田真澄が語るGUCCI 短編映画シリーズ-エピソード4:「劇場」-
橋本愛、野村訓市、石田真澄が語るGUCCI 短編映画シリーズ-エピソード5:「近所に住む人々」-
橋本愛、野村訓市、石田真澄が語るGUCCI 短編映画シリーズ-エピソード6:「ヴィンテージショップにて」-
橋本愛、野村訓市、石田真澄が語るGUCCI 短編映画シリーズ-エピソード7:「夜の散歩」-


橋本愛 はしもと・あい

女優。1996年熊本生まれ。主な出演作品はNTV「同期のサクラ」、WOWOW「パレートの誤算」、NTV「35歳の少女」。ヒロインの親友役を務めた映画「私をくいとめて」が12月18日(金)より全国ロードショー予定。2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」では主人公渋沢栄一の妻となる尾高千代を演じる。

野村訓市 のむら・くんいち

編集者。1973年東京生まれ。設計事務所「TRIPSTER」の一員としてインテリアデザインも手がける。「TRAVELLING WITHOUT MOVING」(J-WAVE)ではナビゲーターを務めている。

石田真澄 いしだ・ますみ

写真家。1998年埼玉生まれ。2017年初の個展「GINGER ALE」を開催。作品集に「light years -光年-」(18)、「everything will flow」(19)がある。

【GucciFest】

開催期間:2020年11月17日(火)〜22日(日)
開催サイト特設サイトGucciFest.com、Youtube内Fashionチャンネルグッチ公式チャンネル、Weibo

【問い合わせ先】
Tel: 0120-99-2177
(グッチ ジャパン クライアントサービス)

Photo: Reiko Toyama(Ai Hashimoto, Kunichi Nomura), Masumi Ishida(herself) Styling: Tamao Iida(Ai Hashimoto) Hair & Make-up: Hiroko Ishikawa(Ai Hashimoto) Text&Edit: Itoi Kuriyama

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2021年2月号
2021年1月12日発売

GINZA2021年2月号

No.284 / 2021年1月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
どんなときでも
ファッションスナップ

2021年もスナップ特集
スタートします!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)