SEARCH GINZA ID

歌人/穂村 弘が考える『オリーブ』精神 「勇敢な少女が見え隠れする、見出しに惹かれて。」

歌人/穂村 弘が考える『オリーブ』精神 「勇敢な少女が見え隠れする、見出しに惹かれて。」

休刊後も熱く語られる機会の多い『オリーブ』。何に惹きつけられたのでしょう?みんなが好きだった『オリーブ』って?時代とともに変化した雑誌のスピリットを懐かしいページとともに振り返ってみましょう。


勇敢な少女が見え隠れする、
見出しに惹かれて。

homura

穂村 弘
歌人

『オリーブ』というと、日本とは思えぬような森の中を、少女が通学しているようなヴィジュアルの印象が強いですね。そこに異次元感があった。見出しの文章も印象的で、「迷彩セーターでだましてしまう」「かいじゅうとだって仲良し」とか、シリアスな意味のある迷彩を平和な80年代の恋愛にもってきたり、男女の役割意識はあっても、迷彩もかいじゅうも男性のものだけにはさせておかないみたいな意外性があったりもした。主体性のきらめきに惹かれました。基本的に、10代の女の子がノックすれば素晴らしい世界の扉が開かれる、という感覚に満ちていた。自分はとてもそうは思えなかったし、同じことを『ポパイ』に言われると逆に怖じ気づいてしまうくせに、少女には勇気を求める。それが今にいたる性癖というか(笑)。通勤電車で読む『オリーブ』は、天国を買うつもりで手にしているところがありました。

EDITgz04_Img30735_c
83年12月3日号。「音読したくなる、秀逸な見出しがあふれていました」

 

穂村 弘 HIROSHI HOMURA

1962年北海道生まれ。短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本など幅広い分野で活躍。近著に酒井駒子との絵本『まばたき』(岩崎書店)がある。

Photo: Jun Kato Text&Edit: Tomoko Ogawa

 

GINZA2015年4月号別冊付録「おとなのオリーブ」掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年1月号
2019年12月12日発売

GINZA2020年1月号

No.271 / 2019年12月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
おしゃれな人が毎日、使うもの

センスのいい人の
生活に必要なアイテム

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)