この世界を映し出す、アーティストというメディア イケムラレイコ 「土と星 Our Planet」

この世界を映し出す、アーティストというメディア イケムラレイコ 「土と星  Our Planet」

この世界を映し出す、 アーティストというメディア

同時代を生きるアーティストは、彼らの研ぎ澄まされた感性によって、今の社会について私たちがぼんやりと感じていることを、いち早くキャッチする人たちだと思うことがある。彼らが感じたものが形となることで、起きていることを頭ではなく体で理解できるような気がするのだ。

イケムラレイコは長くヨーロッパを拠点にして活動してきた。そのキャリアは1980年代に始まり、今日まで精力的に作品を発表し続けている。彼女の特徴として、絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真、詩とあらゆるメディアを扱うことがある。展覧会場に入ると、それらをひとつの世界観が貫いていることに気づく。たとえば、抽象画のように見える絵画には、大地や樹々といった自然、人や動物といった具体的なモティーフを見つけることができる。自然環境と動物の境目が溶けて、ない交ぜになった不思議な光景は、古代の神話のようにも、一方でSFっぽくも見える。ユートピアかディストピアかもわからないその場所にいる人物もまた朧気。はっきりとしないぶん、観る者の心を映すのだろう。この人は、自然は、何かを憐れんでる?それとも?自分の受け止め方にドキッとする。

地球温暖化や環境汚染が深刻化するここ数年、人と自然の付き合い方の見直しが迫られている。ただ、問題から目を逸らしてしまいがち。アーティストの表現を啓示的だと感じるのは、そういう時だ。彼らは自身がメディウム=媒介となって、今現在を自分の体に通し、表す。それによって観客は、正面から向き合えなかったことを考えられたりする。イケムラの作品は〝今〟をありのまま差し出す。そして私たちに問う。その先に希望は見出せるか、と。


イケムラレイコ 『土と星 Our Planet
物事がうつろう姿を独自の表現で追求するイケムラレイコの大規模個展。約210点を16のインスタレーションで構成する。 ≫ 開催中〜4月1日(月)/国立新美術館 企画展示室1E

Tex & Edit: Satoko Shibahara

GINZA2019年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)