SEARCH GINZA ID

デザイナー・横澤琴葉さんのインスタマップから、コレクションの着想源を覗き見

デザイナー・横澤琴葉さんのインスタマップから、コレクションの着想源を覗き見

素敵なあの人たち。インスタグラムに何を求め、情報の大海原を巡り巡っているのだろう。訊けば、パーソナリティが浮き彫りに。


横澤琴葉(〈kotohayokozawa〉デザイナー)の脳内

掘るのはコレクションの着想源

面白い人や物を求めてアカウントを巡るのは、もはや日課。悪ふざけのようなアイデアが制作につながることも多い。最近、フォロー中の上海のショップを訪れ、現地の熱気や新しいムードを感じた。

よこざわ・ことは>> 2015年〈コトハヨコザワ〉をスタート。2018年Tokyo新人デザイナーファッション大賞受賞。@kotohayokozawa

@soopsoop

インスタフィード

トロントにあるファッションストア。「投稿しているブツ撮りが撮影の参考になる。ECサイトもシンプルだけど現代的で素敵」


@uglydesign

少女 ヘア

一風変わったデザインのまとめアカ。「ペットボトルを使ったヘアアレンジは、実際に自分のショーのヘアで挑戦したことが」


@fasicart_shop

アパレル ショップ

上海のショップ。『CLOSING CEREMONY』のポップアップストアを行っていたことも。「扱っている本やブランドが非常にコアなものが多く面白いです。店内も洗練されていて訪れるのが楽しみなお店です」


@davidbrandongeeting

青 ブラシ

NY拠点のフォトグラファー。物や人の捉え方に刺激を受けフォロー。「TIME誌でもよく撮影しているみたいです」

刺激あふれる海外のマガジン

 

@buffalozine

インスタグラム

英国発のモード誌『buffalo zine』。「他の雑誌の表紙やハイブランドのパロディを撮影。パロディされた側の海外誌も容認していて、しかもその雑誌からのメッセージをスクショしてポストしていたり(笑)」


@time

インスタグラム

TIME誌の公式。「ニュースや時事問題を扱うアカウントもよく見ます。ニュースの写真がスタイリッシュで、日本とは異なる視点が面白い」


@samepaper

赤 本

NY発のアート&カルチャーマガジン。「幅広いアーティストとのコラボが魅力」


@allinmagazine

老人

上海の出版社。『CLOSING CEREMONY』という名のアジアの若手クリエイターが携わるマガジンを出す。「エキシビションも行っていて、その展示の仕方が大胆でいい。一昨年のTABFで知りました」

Text&Edit: Ayana Takeuchi

GINZA2019年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)