SEARCH GINZA ID

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』7話。内通者は誰?正義と悪の二項対立を疑うドラマ構造を考察

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』7話。内通者は誰?正義と悪の二項対立を疑うドラマ構造を考察

志村(高橋一生)とキリコ(柴咲コウ)は、キリヒト(永山絢斗)の犯罪を妨害しつつ、警察の内通者を探る。一体誰? 思わぬ人物の死によって謎がさらに深まった『インビジブル』7話を、ドラマを愛するライター釣木文恵と漫画家オカヤイヅミが振り返ります。6話はこちら(レビューはネタバレを含みます)


完全なる二人の協力体制

7話で真のインビジブル・キリヒト(永山絢斗)の手から志村(高橋一生)を救うため、アメリカのクリミナルズ(凶悪犯罪者)のリストをキリヒトに渡してしまったキリコ(柴咲コウ)。自分も悪に加担したと落ち込むキリコに志村は「何が正義で何が悪かは俺が見極める」と言う。それぞれの真の目的を共有した二人の絆は確実に深まった。

そんな中で、キリコはキリヒトが警察の動きをいち早く察知していることに気づき、警察内部に内通者がいることを疑う。志村とキリコは誰が内通者なのか探りながら、インビジブルが仕掛けた事件を追う。

インビジブルが次にターゲットにしたのはIT企業のCEOである早坂(横山めぐみ)。彼女は競合他社のトップを引きずり下ろすべくインビジブルを何度も使っていた。そんな上客に与えられるアクセスコードからキリヒトの機密情報を得ようとするキリコ。それにしても、キリコが早坂のPCに近づく隙を与えるためとはいえ、志村の「インビジブルに会ったことがあるんです」という無茶なウソよ! 「写真見ます?」と言った彼はいったい何の写真を見せたのだろうか……。

「悪を見極める」難しさ

SPとして早坂につきながら警護することになった志村。SPリーダーの神岡(山田純大)に「本当に社長を守ることができるんですか?」と煽られ、柔道で対決して一本背負いでやられるシーンはいったいなんだったのだろう。クライマックスのパーティー会場で実はクリミナルズだった神岡と志村が対決したとき「なるほど、ここで一本背負いをやり返すのか!」と思ったが、そういうことでもなかった。ただ、アクションはちゃんとかっこよかったし、さらに失敗して死を選ぼうとする神岡を止めて「死なせねえぞ、生きてこれまでしてきたことを償え」という志村のセリフも印象的だった。今回も犯罪に手を染め、それを死で解決しようとする人間を許さない志村。目の前で後輩を亡くしたからこそ、誰よりも悪を憎んでいるからこそだろう。

早坂を狙っていたのは、創業メンバーでありながら会社のナンバー2に甘んじていた若槻(水橋研二)。汚いやり方でのしあがった早坂を仲間の嫉妬から守っていたという結末に、「何が正義で悪なのかわからなくなる」とつぶやく志村に「(それをあなたが)見極めるんでしょ」と返すキリコ。一貫して白と黒の曖昧さを描き続けている『インビジブル』。正義とされる警察と悪とされる犯罪者が手を組んだこのタッグは、本当の悪を見極められるだろうか。

犬飼を殺したのは……?

内通者を探る中で、犬飼(原田泰造)にも疑いの目を向けるキリコ。しかし志村は、犬飼もまた、上司として部下を守れなかった思いを抱えながら内通者を探っていることを知り、疑いの気持ちが弱まる。
キリコは「今はすべてを疑わなきゃならない」と忠告しつつも、「俺は課長を信じたい」という志村をそれ以上否定せず、「私は依頼者を探す」とだけ話す。この一言に、自分のやるべきことをやって真実を明らかにすることで、志村の思いを尊重したいというキリコの思いを汲み取るのは考えすぎだろうか。

その犬飼は、何かを発見し志村に伝えようとする途中でどうやら亡くなってしまったらしい。内通者が犬飼に気づかれたことを知り、手を下したのだろうか。かねてから、この警察には犬飼と猿渡(桐谷健太)はいるが雉が見つからないな、と思っていた。桃太郎モチーフでないのだとしたら犬猿の仲ということだろうか。となれば犬飼の敵は猿渡ということになるが、果たして……。

『インビジブル』公式サイト(TBS)

脚本: いずみ吉紘
演出: 竹村謙太郎、棚澤孝義、泉正英
出演: 高橋一生、柴咲コウ、有岡大貴、堀田茜、原田泰造、桐谷健太 他
主題歌: Dragon Ash『Tiny World』

Profile

Writer 釣木文恵 つるき・ふみえ

ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。
twitter 

Profile

Illustrator オカヤイヅミ

漫画家・イラストレーター。著書に『いいとしを』『白木蓮はきれいに散らない 』など。この2作品で第26回手塚治虫文化賞を受賞。趣味は自炊。
twitter
instagram

 

Edit: Yukiko Arai

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年7月号
2022年6月10日発売

GINZA2022年7月号

No.301 / 2022年6月10日発売 / 特別定価860円

This Issue:
ひみつの場所

プライベートな時間を過ごす
自分だけのテリトリー

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)