SEARCH GINZA ID

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』8話。内通者は一体誰?酒向芳の存在が気になるが……

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』8話。内通者は一体誰?酒向芳の存在が気になるが……

真のインビジブル・キリヒト(永山絢斗)に振り回される捜査一課とキリコ(柴咲コウ)。バディである志村(高橋一生)の命の危機に彼女がくだす決断とは?『インビジブル』8話を、ドラマを愛するライター釣木文恵と漫画家オカヤイヅミが振り返ります。7話はこちら(レビューはネタバレを含みます)


最終章へとつながる対決

真のインビジブル・キリヒト(永山絢斗)と、志村(高橋一生)&キリコ(柴咲コウ)コンビの対立構造が明らかになった7話を受け、『インビジブル』8話はこの後に控えているだろう最終章につながるような回だった。

インビジブルの内通者が警察内部にいるらしい。志村にその内通者に関することを伝えようとしたまま犬飼(原田泰造)が不審な死を遂げ、猿渡(桐谷健太)が捜査一課長の代理に就任。一方、犬飼が死んだ日にキリヒトがクリミナルズを使ったことを把握したキリコ。犬飼の死は、自分がキリヒトの元を離れて警察に協力するようになったせいだと落ち込む。

監察官が捜査一課長の代理に就くことが実際にあるものかどうかわからないが、もし猿渡が内通者だとしたらより動きやすくなったことは確か。怪しさが増したな、と思いきやすぐさま猿渡は志村に内通者の存在を把握していたこと、犬飼の死に疑いを持っていることを話す。もし内通者だったらそんなことはわざわざ言わないだろうし……。でも、キリヒトも捜査一課の面々にわざわざ出さなくてもいい顔を出したりするし……。

キリヒト独自の正義感

キリヒトは一貫して警察=無能、だから市井の人々の殺害依頼に基づいて自分が代わりに犯罪者を裁く、という考えで動いているようだ。今回はそれぞれに恨みを買った犯罪者たちを拉致し、そのうち一人の命をかけて警察と取引をする。キリヒトによって殺されそうになっている男は、警視副総監の息子。女性を暴行して殺しておいて父の力を使って隠蔽し、のうのうと暮らしていた。殺された女性の婚約者がインビジブルに復讐を依頼したのだという。猿渡は副総監をうまく誘導して息子の犯罪隠蔽の事実をしゃべらせ、それをマスコミに流す。そのことで依頼者に依頼を取り下げさせる。「依頼者は悪人? 殺害したほうが悪人、それを隠蔽した組織も腐っている」というキリヒト。もちろんキリヒトの行為は許されるものではないが、その独自の正義感も、一部わからなくもないところが難しい。

キリヒトは志村の後輩刑事・安野の妹・東子(大野いと)をも騙して拉致していた。志村はその場所を突き止めて飛び込むが、キリヒトの手配した「闇の興行師」に不意打ちされ、拘束されてしまう。志村か東子、どちらを助けるか、キリコに究極の選択を迫るキリヒト。弟・キリヒトは、何よりも自分が警察との関係を解消し、彼に協力することを求めている……。そう悟ったキリコは、キリヒトの元に帰ると宣言することで二人の命を救う。

志村とキリコの考える正義と悪は?

キリコは犯罪者の父の元に生まれ、その父を継いだ弟の横暴さに耐えかねて警察に協力を申し出た。父も弟も同じ犯罪者だが、父には美学があった、とおそらく彼女は認識している。けれども弟にはそれがない、とも。この時点で黒の中にグラデーションがある。そして裏の世界に精通するキリコが警察に協力してきたこれまでの何話かは、黒と白が混ざり合っている状態だ。その彼女が人の命を助けるべく、真っ黒な悪の道に戻ることを決意する(その道さえも、キリヒトは完全な悪とは思っていないようだけど)。このぐちゃぐちゃに混ざりあった正義と悪は、どのように決着を迎えるのだろうか。志村はキリコに宣言したように、悪を見極められるのだろうか。

猿渡の協力的な言動からは、彼が内通者には思えない。次週予告の志村&猿渡のバディ結成にはワクワクさえした。志村&猿渡VSキリコ&キリヒトは、どのような戦いになるのだろう。そしてまたも謎を深くした内通者はいったい誰だろう。考察でもなんでもないけれど、ただ酒向芳がこのまま穏やかな味方という役柄で終わるのだろうかと妙に気になるが……。

『インビジブル』公式サイト(TBS)

脚本: いずみ吉紘
演出: 竹村謙太郎、棚澤孝義、泉正英
出演: 高橋一生、柴咲コウ、有岡大貴、堀田茜、原田泰造、桐谷健太 他
主題歌: Dragon Ash『Tiny World』

Profile

Writer 釣木文恵 つるき・ふみえ

ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。
twitter 

Profile

Illustrator オカヤイヅミ

漫画家・イラストレーター。著書に『いいとしを』『白木蓮はきれいに散らない 』など。この2作品で第26回手塚治虫文化賞を受賞。趣味は自炊。
twitter
instagram

 

Edit: Yukiko Arai

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年7月号
2022年6月10日発売

GINZA2022年7月号

No.301 / 2022年6月10日発売 / 特別定価860円

This Issue:
ひみつの場所

プライベートな時間を過ごす
自分だけのテリトリー

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)