SEARCH GINZA ID

今夜最終回『インビジブル』9話「やっぱりお前だったのか!」真犯人はなぜ志村(高橋一生)を殺さないのか

今夜最終回『インビジブル』9話「やっぱりお前だったのか!」真犯人はなぜ志村(高橋一生)を殺さないのか

弟・キリヒト(永山絢斗)の元に戻ったキリコ(柴咲コウ)の働きで、志村(高橋一生)が追い続けてきた後輩殺しの犯人がわかった! いよいよ最終決戦へと向かう『インビジブル』9話を、ドラマを愛するライター釣木文恵と漫画家オカヤイヅミが振り返ります。8話はこちら(レビューはネタバレを含みます)


キリヒトの”犯罪者らしさ”が気になる

「やっぱりお前だったのか!」と言わずにはいられなかった『インビジブル』9話。インビジブル・キリヒト(永山絢斗)に情報を提供している内通者、犬飼(原田泰造)を殺した犯人・リーパーは猿渡(桐谷健太)だった。彼は志村(高橋一生)の後輩・安野も殺していた。内通者の存在が発覚してからというもの、相当怪しくはあったけれど、8話で志村と同じように、彼への疑いは晴れたものと考えてしまっていた。

志村を助けるためにキリヒトの元へ戻ったキリコ(柴咲コウ)。キリヒトは「2人なら何でもできそうな気がするねえ」と言ったり、リーパーについてキリコが探ったときも「カマかけたな」と言いつつ嬉しそうだったり。あれだけ自分を否定しているキリコをなぜこんなにも欲するのか。キリコに対する異常なまでの執着は一体何なのだろう。

前半は完全に存在を消していたはずのキリヒトだが、一度姿を現してからは、警察の前に頻繁に映像で登場する。9話では顔出しでまたもや「ブラックフライデー」について捜査一課の面々に告知をかます。「ブラックフライデー」という名称といい、「海外のクリミナルズと提携」といういい方といい、犯罪者らしい犯罪者に憧れているのではないか。「父はなまぬるい」というキリヒトの発言も、案外犯罪者っぽいことをしたいという幼稚な発想からきていたりして……。彼の自己顕示欲もまた、ちょっと気になる。

謎が残る猿渡の真意

「ブラックフライデー」というと買い物を発想してしまいがちだけれど、キリヒトが語るのは凶悪犯罪が次々と起こるという恐ろしい計画。金曜22時(このドラマの放送開始時間)までにクリミナルズを釈放すれば計画は中止する、というもの。

キリコはキリヒトに連れられ、2人が昔住んでいた家へ。2人の父親──元祖インビジブルの情報がつまった部屋を開けるのに、キリコの指紋認証が必要だったらしい。侵入者を察知するとガスが充満するという仕掛けを利用し、キリコはキリヒトを拘束。クラシカルな画面を操作し、なんとか「ブラックフライデー」を回避したキリコだが、警視庁には爆弾が仕掛けられていた。刑事たちは人海戦術で地味に爆弾を探す。

キリコとキリヒト、姉と弟が互いに主導権を取り合っている間に、志村と猿渡はタッグを組んで捜査にあたるが、なかなか情報はつかめない。猿渡がもろもろの事件に関わった犯人なんだから当たり前といえばそうだが。しかし猿渡が犬飼を殺したのは、10代の頃に犯した犯罪のことを知られたからのようだが、警察に入る時点でその過去は問われなかったのだろうか。「データベース化」されていなかったからすり抜けたということなのだろうけれども、ちょっと気になる。犬飼殺しにこれだけはっきりした理由があるのだとしたら、猿渡は安野をなぜ殺したのか、「志村を殺せるのに殺さない」のはなぜなのか。「大切なおもちゃ」だからというだけではまだ納得できない。
「実は猿渡が犯人でした」と発覚しても、「だからか!」というスッキリ感はあまりなく、彼のこれまでの振る舞いや動機に対する謎が増えるばかりだ。

キリコへの執着、炸裂!

9話終盤、再びキリヒトのキリコに対する執着が炸裂する。「なんでキリコはあいつなんだ? 僕じゃなくて」というキリヒトに悲しげにキリコは言う。「あんたは何も見えてない。本当に何も見えてない」。キリコの思いはキリヒトに届くのか、猿渡の謎は解明されるのか。

「今は誰も信用できない」と志村が猿渡に手錠をかけたときには「グッジョブ!」と思ったが、猿渡にとっては意味がなかったようだ。ラスト、簡単にすり抜けて志村の元へと向かう猿渡の姿があった。次週最終回で志村と猿渡の対決、キリヒトとキリコとの対決に決着がつくのを楽しみにしたい。志村の総決算的なアクションも見られるだろうか。

『インビジブル』公式サイト(TBS)

脚本: いずみ吉紘
演出: 竹村謙太郎、棚澤孝義、泉正英
出演: 高橋一生、柴咲コウ、有岡大貴、堀田茜、原田泰造、桐谷健太 他
主題歌: Dragon Ash『Tiny World』

Profile

Writer 釣木文恵 つるき・ふみえ

ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。
twitter 

Profile

Illustrator オカヤイヅミ

漫画家・イラストレーター。著書に『いいとしを』『白木蓮はきれいに散らない 』など。この2作品で第26回手塚治虫文化賞を受賞。趣味は自炊。
twitter
instagram

 

Edit: Yukiko Arai

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年7月号
2022年6月10日発売

GINZA2022年7月号

No.301 / 2022年6月10日発売 / 特別定価860円

This Issue:
ひみつの場所

プライベートな時間を過ごす
自分だけのテリトリー

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)