SEARCH GINZA ID

20世紀の巨匠作家が生んだ彫刻空間にひたる 「イサム・ノグチ 発見の道」@東京都美術館

20世紀の巨匠作家が生んだ彫刻空間にひたる 「イサム・ノグチ 発見の道」@東京都美術館

20世紀を代表する芸術家イサム・ノグチ(1904-1988)。その仕事は、彫刻作品はもちろんのこと、舞台美術やプロダクトデザインなど様々な分野で大きな足跡を残している。読者の中には、提灯にヒントを得たランプシェードの「あかり」を持っている人も多いだろう。私もつい先日、ベッドサイド用に購入したばかり。

現在、上野の東京都美術館で行われている「イサム・ノグチ 発見の道」は、国内では久しぶりとなる大型回顧展だ。晩年の独自の石彫に至るノグチの「発見の道」をテーマに、様々な作品によってノグチ芸術のエッセンスに迫っている。彫刻と空間は一体であると考えていたノグチ。その作品世界を特色ある3つの展示空間で表している。


「あかり」インスタレーション風景 筆者撮影

まず展示室に入って圧倒されるのが、光の彫刻「あかり」を150灯も用いたインスタレーション。紙を通した柔らかい光が会場にあふれ、心地よい。この「あかり」シリーズは、1951年に制作されてから30年以上に渡って取組み続けた、ノグチのライフワーク。光る提灯を「太陽と月」に見立て、これ自体を「光の彫刻」としてつくっていたという。生前のインタビュー映像で、ノグチは、高価になってしまう石や金属でできた一点ものの彫刻作品に比べ、「あかり」は誰でも安価に買って自分の家で楽しめるところが気に入っている、と語っていた。紙と竹ひごでできた「あかり」は、ノグチが私たちに送る軽やかな手紙のようだ。

彫刻作品も見ごたえたっぷり。インターロッキング・スカルプチュアは、日本建築の木組みのように、いくつかの部品を組み合わせることで形づくられている。丸みを帯びたパーツも、組み合わさった形もユーモラス。ジブリのキャラクターはこの形に影響を受けてる?なんて思うほど、形が似ている。

そして、環状の形に無限の空間表現を試みたブロンズの《ヴォイド》は、大きさの異なるシリーズもあるが、まさに環を描く彫刻の中の空洞に何かが存在しているような、禅的な問いを私たちに投げかけてくる。


イサム・ノグチ 《ヴォイド》1971年(鋳造1980年)、ブロンズ、和歌山県立近代美術館蔵筆者撮影 ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

次の階に進むと、薄い金属板が折れたシリーズの彫刻が並ぶ。素材はアルミで、折り紙のように一枚の板を折りたたんでつくられているという。対照的に、部屋の中央付近にある、にゅるっとした形の彫刻は、プレイスカルプチュアだ。これは子どもの遊具として考案されたもの。原色の赤も、波打つ形も、楽しい。


イサム・ノグチ 《プレイスカルプチュア》2021年、鋼鉄、茨城放送蔵 筆者撮影

ノグチは、ニューヨークと香川県高松市の牟礼を拠点に制作を続けた。石の産地でもある牟礼に野外アトリエを設け、1969年以来、制作のパートナーとなった石匠の和泉正敏とともに、名作を次々と生み出した。江戸時代の豪商の邸宅を移築・改造した住まいは、現在イサム・ノグチ庭園美術館として公開されており、150点余りの石彫をアトリエの雰囲気そのままに味わうことができる。

「石の庭」と題された最後の階は、その庭園美術館から多くの石彫を持ちこみ、石の庭を再現している。牟礼に残された作品が、同所以外でまとめて展示されるのは1999年のイサム・ノグチ庭園美術館開館以来初めてなのだそう。

自然石に少し手を加えただけのような彫刻は、ありのままの環境を重んじる日本やアジアの感性に近い。日本人の父とアメリカ人の母との間に生まれ、アイデンティティの葛藤に苦しんだというノグチ。彼は、世界各地を旅するなかで日本の伝統や文化に出会い直し、大きな影響を受けたという。石の庭や、重量感のある自然を見抜いた石彫たちは、日本の伝統文化のもっと深層にある、自然と人の手がつくり出すものの「間」を表現しているようにも見える。

イサム・ノグチ 《フロアーロック(床石)》1984年、玄武岩 筆者撮影
イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)©2021 The Isamu Noguchi Foundation and GardenMuseum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

 

今回の展示を見て、もう10年以上も前にイサム・ノグチが設計したモエレ沼公園 (北海道・札幌)を訪れたことを思い出した。地形自体がノグチの設計によるもので、小高い山や、石を積んだまさにピラミッドのような建造物、プレイスカルプチュアで遊べるスペースもあった。季節は真冬で、私と友達はまあまあ大人だったのに、雪に足を取られながら登っては山の斜面を転げるを繰り返し、夢中になって遊びまくった。あの我を忘れるような感覚は、ノグチの造形を「見る」のではなく、体ごと感じた記憶として残っている。

今回の展示もまた、形を愛でる純粋な楽しさを感じさせるものだった。いわゆる美術品であっても、山のように全体が見渡せないほど大きい形となっても、自分の家に置くプロダクトとなっても、それはノグチの形として私たちに入ってくる。楽しく、温かく、そして他にはない「かたち」と戯れる歓びを、ぜひ会場でも感じてみてほしい。

イサム・ノグチ 発見の道

会場: 東京都美術館 企画展示室
住所: 東京都台東区上野公園8-36
会期:
開催中~2021年8月29日(日)

*日時指定予約制 チケット購入等は展覧会公式ウェブサイトをご覧ください。

公式HPはこちら

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年7月号
2021年6月10日発売

GINZA2021年7月号

No.289 / 2021年6月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
クリエイターたちの住居
夏のお部屋訪問

すてきなお部屋41軒
夏の家庭訪問です!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)