あなたはいくつ知ってる?ナウなコトバをゲッツするのだ GINZA2016年版:イマドキ言葉の使い方#01

あなたはいくつ知ってる?ナウなコトバをゲッツするのだ GINZA2016年版:イマドキ言葉の使い方#01

GINZA 2016年版「イマドキ言葉の使い方集」作ってみました。ナウなコトバをゲッツするのだ! まず学生編パートⅠ。

【学生独自の言葉使い #01】

学生のテンポ重視のコミュニケーション。言葉にスピードが不可欠。

01.

gz09_01

知り合い以上友達未満。「ヨッ」と挨拶するだけの関係。交遊関係は広がるが、本当の友達は少ない切ない言葉。

 

gz09_01-ill

 

 

用例

「あいつ、ヨッ友だから飲み会には誘わねえ」

 


02.

いつかのメンズではなく、いつものメンバー、面子。集団行動が多い学生や、(若い)社会人にもおなじみ。

 

用例

「誰が来るの? いつメン?」

 


03.

パーティピープルの略。パーティでよく盛り上がるノリノリの人種。若者の間では、ネガティブにとらえられがち。

 

用例

「山田くんパリピなんだ〜。どーりで……」

 


04.

ネットストーキングのこと。一部ではネットストアと言い張る女子も。前者はネガティブ、後者はポジティブ。

 

用例

「彼の情報は、ほとんどネトストで仕入れたにょ」

 


05.

 

いまや学生証も電子カード時代。ピッとすると出席扱いになる。即ち、ピッだけしてそのまま帰ることをいう。

用例

「いつもピニゲのくせに、ノート貸してとかウザ」


06.

「チキン」を動詞化したもので、臆病者、ビビリのことを指す。レストランのオーダーで使ってはいけない。

用例

「あれ ? もしかしてチキってるの ?」

Illustration: Chika Miyata
Text: Harumi Hino,
Cooperation: Rina Ishii, Loco Kinoshita

2016年9月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)