1度見たら忘れられない、77歳の希代のイメージメーカー×シャネルの世界を目撃せよ

1度見たら忘れられない、77歳の希代のイメージメーカー×シャネルの世界を目撃せよ

希代のイメージメーカーと シャネルの長い蜜月

 

女性たちがマンションの窓から恋人への不満を一斉に爆発させ「エゴイスト!」と叫ぶ、シャネルの男性用香水〈エゴイスト〉のCM。ジャン=ポール・グードといえば、一度観たら忘れられないこの映像が一番に思い浮かぶ。米『エスクァイア』誌の伝説のアートディレクターであり、女優グレイス・ジョーンズのポップカルチャーアイコンとしてのイメージを作り上げたり、歴代シャネルのフレグランスの広告を手がけたり。グードは、いわゆるスタンダードの枠を越えた圧倒的な美を作り出し、77歳の今でもビジュアル表現の既成概念をアップデートし続けるアーティストだ。

そんなイメージメーカー、グードの展覧会『In Goude we trust!』が開催される。シャネルとのコラボレーションCM映像やキャンペーンビジュアルを中心に、インスタレーション作品や、作家自ら選別した写真とドローイングプリントなどを展示。シャネルのファインジュエリーコレクション〈The Five Elements〉のために制作された[ファイヤー インスタレーション]では、ダンサーがパフォーマンスも披露してくれるそう。  グードがこれまでミューズと崇めた女性たちは、ジャマイカ系アメリカ人のグレイス・ジョーンズ、アルジェリアがルーツのアラブ系ファリーダ・ケルファ、そして現在の妻、韓国系アメリカ人のカレン・パーク・グードがいる。まさに美の多様性に恋をする男グード。彼の多種多様で自由な発想は、目に映る世界さえも鮮やかに変えていく。

会場内で放送されるドキュメンタリー映像[So Far So Goude]も、ユニークでクレイジー、「今のところ(グッドならぬ)グード」な世界の楽しみ方入門としておすすめだ。

Slave to the rhythm, cut-up transparency, Paris, 1986 ©JEAN-PAUL GOUDE


『ジャン=ポール・グード In Goude we trust!』

広告史に残る傑作を生み出し続けるグラフィックアーティスト、ジャン=ポール・グードの展覧会。シャネルとのコラボレーション、パーソナルなアート作品の二部構成。
≫ 開催中〜12月25日(火)/シャネル・ネクサス・ホール

Edit: Satoko Shibahara Text: Tomoko Ogawa

GINZA2019年1月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)