霧に包まれて「自然の恵み」に気付かされる装置を体験しよう

霧に包まれて「自然の恵み」に気付かされる装置を体験しよう

霧に包まれて、 アート&テクノロジーを考える

霧を人工的に生成し、それによって空間をがらりと変えてしまう。自分自身が包まれ、先が見通せなくなり、身体に水滴はつくが、つかむこともできないこの不思議な彫刻を、中谷は世界各地でつくり続けている。

最初に人工霧の彫刻を発表したのは70年の大阪万博ペプシ館。人工的に作り出すのが難しいといわれる霧を再現した。アート&テクノロジーの最初期である。それから約半世紀。芸術と科学の融合は、VR、AIなどITが爆発的に進化した現在も時代の最先端をいく。けれど、人工的な擬似体験に人々が熱狂するなか、中谷の思いはその逆をいく。「いま、切実に問われているのは、人間と自然との間の信頼関係ではないかと思う。(中略)宇宙服に身を固めて異常空間へと飛翔しなくても、日常の自然の中で、しかもナマ身でその気持ちを体験できたなら、その方がはるかにスマートでエコロジカルに違いない」(中谷芙二子「応答する風景 霧の彫刻」より)。最先端の技術は刺激的だし、何より楽しい。でも、その手軽さは人と自然の乖離を生む。何なら、この皮膚感覚とアタマもバラバラにしていく。だから、この言葉は今の私たちにぐさりと刺さる。

自然への思いは、中谷の父親である宇吉郎の影響も大きいだろう。雪の研究者として世界で初めて人工雪の製作に成功した彼の著書『雪』は、淡々と雪の結晶を観察・研究した内容を綴っている中に、自然現象や理系のロマンがあふれる名随筆だ。その姿勢は娘にも受け継がれている。

中谷の霧は、ひたひたと柔らかく人々を包む。霧の中にいると、雨や雪、太陽といった当たり前の自然が再確認できる。そう、これは柔らかくも鋭い〝気づき〟の装置なのだ。

[ロンドン・フォグ]霧パフォーマンス, #03779, 2017(参考図版) BMW Tate Live Exhibition: Ten Days Six Nights(テート・モダン/ロンドン)展示風景より コラボレーション:田中泯(ダンス)、高谷史郎(照明)、坂本龍一(音楽) 撮影:越田乃梨子


『霧の抵抗 中谷芙二子』

1970年以降、世界各地で80を超える霧の彫刻をつくってきた中谷芙二子の個展。霧の彫刻とビデオを通して、中谷の活動を当時の時代精神とともに紹介する。 ≫ 開催中〜2019年1月20日(日)/水戸芸術館 現代美術ギャラリー、広場

Tex & Edit: Satoko Shibahara

GINZA2019年1月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)