五所純子による、映画『RAW〜少女のめざめ〜』レビュー -暴力によって性を無効化する試み

五所純子による、映画『RAW〜少女のめざめ〜』レビュー -暴力によって性を無効化する試み

少女の成長を通して“究極の愛”を描いた、新人女性監督による衝撃のデビュー作。第69回カンヌ国際映画祭を初め数々の賞を受賞。性的存在として抑圧される女性の位相をずらし、女性たちに変身を呼びかけているようにも思える。みる角度によってホラーにもラブロマンスにもなるのだ。文筆家・五所純子さんのレビュー。

 

胃液がこみ上げてきた。これは映画を見ていて久しぶりの感覚。苦痛だろうと快感だろうと生理的な反応にのっとられたまま作品を語りたくないので、ちょっと横になっていいですか。一回休み。

さて、朝起きて考えた。あの映画は何だったんだ。乱暴に要約してしまうと、女になりたくないがために人食いになった少女の話。で、その奥のほうから聞こえてくるのは、「ヘンな奴だと思われたくなければ人並みに性に目覚めよ」という耳慣れた教訓じゃなくて、「ヘイ、ガール。あなたはメタモルフォーズする」という予言めいた鼓舞だった気がする。そのメッセージを血で描くものだから激しい。とりあえず胃はきりきり舞いだし、軽く呪われたみたいになる。

RAW 少女のめざめ

16歳のベジタリアン、ジュスティーヌが全寮制の獣医科大学に入学する。すでに在校する姉アレックスに電話してもつながらず、相部屋にいたのはアドリアンという男性で、「ゲイだから」と伝えられるがなんとなく納得がいかない。しょうがねえわと夜眠っていると、覆面をかぶった暴漢たちに叩き起こされ、部屋をぐしゃぐしゃに荒らされ、新入生たちが一堂に集められる。そこから始まる怒涛のパーティーに地獄のしごき。そういえば、旧制中学出身者の御年80代の方々が懐かしそうに語っていた新入生歓迎の伝統儀式、ストームという奇習はこのことかとわかった。英米でも日本でも今もおこなう寮があるとも聞く。さて、新入生が『キャリー』さながら頭上から血を浴びせかけられたり、うざぎの生の腎臓を無理やり食べさせられたりする、ここは獣医学科。教育的にいえば、もう動物に対して甘っちょろい夢を見ることはできない、今日からは血や糞や肉にじかに触れ、ときには殺すことさえあるのだ、という訓告の儀礼だろう。だが一方では、人間と動物の境界をなくせ、自分を獣の位置まで堕とせ、という不道徳な秘儀でもある。このイニシエーションがジュスティーヌにあからさまに作用する。

肉を無理に食べさせられ、ストレスフルな環境におかれ、ジュスティーヌは心身ともに拒絶反応を起こす。赤い発疹が浮かんでは皮膚が剥がれ、避けてきたはずの肉ばかり過食しはじめる。このあたりを見ていると、変化する肉体に精神が追いつかず不安定になる、それも肉体的変化の急激な女性のほうが直面するものが大きい、という思春期をめぐる普遍的な認識がなぞられているのがわかる。

ジュスティーヌは成績優秀で、あまりに能力が高いために教官からいじめられるという理不尽きわまりないシーンもあるが、目に見えてジュスティーヌの変身に関わるのが先輩からの一言だ。セクシーなファッションをしろという命令である。ぼさついたロングヘア、生えっぱなしの眉毛、味のないスウェットにジーンズ、地味なバックパックを背負うジュスティーヌにはごく素直な好感を抱くが、この姿はのびのびと性に無関係でいられた時代の表象であり、「ヘンな奴だと思われたくなければ人並みに性に目覚めよ」というプレッシャーがかかる社会にあっては、一種の理想化された形でもあるだろう。あるいはこの後のきわめて惨たらしい展開を見るにつけ、こうも言える。女性に重くのしかかる性的な圧力には、これほどの暴力をもってしなければ釣り合いがとれない。それが本作およびジュリア・デュクルノー監督の思想だろう。『RAW~少女のめざめ~』は暴力によって性を無効化する試みだ。

RAW

だからこそジュスティーヌには、性からずれて、別のものに目覚めてもらう必要があったのだろう。ジュスティーヌは初めてセックスをする。その後もする。一見すると「性の目覚め」だが、物語にそっていえば「血の目覚め」であり、そこでおこなわれるセックスは性愛というよりも、自分の変化への処し方がわからない混乱であり、混乱がうったえかけた破壊的行為だろう。なるほど、だからアドリアンはゲイであったし、ジュスティーヌをより夢性的な存在へと近づけようとしている。性的存在として抑圧される女性の位相をずらし、まるで女性たちに変身を呼びかけているようだ。

すでに変身を遂げた後の人物がいる。「血の目覚め」と書いたが、ジュスティーヌとまさに血を分けた姉アレックスである。話が進むにつれてアレックスは存在感を増し、これは姉妹愛の物語だといよいよ気がついた。セクシーなワンピースを妹に与えるのも姉ならば、危うい生存術を教授するのも姉だ。姉がとりわけ露悪的なのは、後ろ指をさされて生きていく実存を妹にむけて過度に演じて見せているのかもしれない。反発しあうジュスティーヌとアレックスが闘犬のように輪の中で噛み合う。最初は囃し立てていた群衆は、スマホを向けつつ様子を見ているうちに、どんどん白けていく。いがみ合っていたはずの姉妹は取り残され、肩を組み、支え合い、群衆の輪から去っていく。比喩として、比喩だけなく、血を分け合い、肉を分け合う二人である。当世、女性どうしの親交を百合と呼ぶのだとか。気安く慰みものにされる百合姉妹をはるかに超えるジュスティーヌとアレックスに目にもの食らわされようという気にもなるし、高カロリーを要する姉妹愛の描写に面食らいもする。ギャランス・マリリエ(ジュスティーヌ役)とエラ・ルンプラ(アレックス役)がどんどん凄みを増していくのを見ると、女優って因果な稼業だとつくづく思う。

RAW 少女のめざめ

やっぱり同じ姉妹なら、立ち小便とブラジリアンワックスのシーンが好きだ。老女の立ち小便といえば『階段通りの人々』、水中の失禁といえば『テイク・ディス・ワルツ』というように、素敵な女の排尿場面をいくつか見てきたけど、本作もよかった。姉妹の睦み合いを開放感のある立ち小便で見せられた。思わず真似したくなる。ブラジリアンワックスの雑な親密さもなんとなく羨ましい。実はこうしたいちゃいちゃきゃらきゃらした肌合いの場面が散りばめられていて、胃酸の過剰分泌を抑えてくれていた。

学園モノであり、ボディホラーであり、少女の成長譚であり、呪われた一族の歴史であり、そのどこをとっても異色である。ラストシーンは呆気にとられたけれども、あるいはラブロマンスに見えるのかもしれない。


映画『RAW〜少女のめざめ〜』
監督|ジュリア・デュクルノー

2018年2月2日より、TOHOシネマズ六本木ほか全国ロードショー

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち獣医学校に進学するが、新入生通過儀礼として生肉を食べることを強要される。人生で初めて肉を口にした彼女はその行為によって本性が露わになり、次第に変貌をとげていく…。

出演ギャランス・マリリエ、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ
原題|GRAVE/2016年/フランス・ベルギー/98分
配給|
パルコ
宣伝|ライトフィルム

raw-movie.jp

© 2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

 


 

五所純子 ごしょ・じゅんこ

1979年生まれ。文筆家。著書に『スカトロジー・フルーツ』など。日めくり日記「ツンベルギアの揮発する夜」をboidマガジンにて連載中。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

「さあ、映画を作ろう。それこそが人生だから」映画『ライオンは今夜死ぬ』の諏訪敦彦監督にインタビュー。聞き手:五所純子

「さあ、映画を作ろう。それこそが人生だから」映画『ライオンは今夜死ぬ』の諏訪敦彦監督にインタビュー。聞き手:五所純子

「宮本彩菜のテレフォン・ショッキング!」自伝的青春映画『グッバイ、サマー』のミシェル・ゴンドリー監督に電話取材を敢行!

「宮本彩菜のテレフォン・ショッキング!」自伝的青春映画『グッバイ、サマー』のミシェル・ゴンドリー監督に電話取材を敢行!

【INTERVIEW】
前野朋哉 × 森岡龍:映画『エミアビのはじまりとはじまり』の主演が語る

【INTERVIEW】
前野朋哉 × 森岡龍:映画『エミアビのはじまりとはじまり』の主演が語る

【INTERVIEW】西島 秀俊:DAYS WITH CHARISMA - 11年ぶりにカリスマ映画監督と再タッグ

【INTERVIEW】西島 秀俊:DAYS WITH CHARISMA – 11年ぶりにカリスマ映画監督と再タッグ

【みんなのニュース】少女の“人生が変わる瞬間”を捉えた13分〈ミュウミュウ〉の新作短編映画 『THAT ONE DAY』が公開

【みんなのニュース】少女の“人生が変わる瞬間”を捉えた13分〈ミュウミュウ〉の新作短編映画 『THAT ONE DAY』が公開

岡村靖幸×松江哲明 : 森達也監督15年ぶりのドキュメンタリー映画 佐村河内守“主演”の『FAKE』を語り尽くす 後編

岡村靖幸×松江哲明 : 森達也監督15年ぶりのドキュメンタリー映画 佐村河内守“主演”の『FAKE』を語り尽くす 後編

岡村靖幸×松江哲明 : 森達也監督15年ぶりのドキュメンタリー映画 佐村河内守“主演”の『FAKE』を語り尽くす! 前編

岡村靖幸×松江哲明 : 森達也監督15年ぶりのドキュメンタリー映画 佐村河内守“主演”の『FAKE』を語り尽くす! 前編

GINZAが考える『この冬にしたい10のこと』 - 01: お部屋でぬくぬく「Binge Watching(ビンジ・ウォッチング)」

GINZAが考える『この冬にしたい10のこと』 – 01: お部屋でぬくぬく「Binge Watching(ビンジ・ウォッチング)」

五所純子による、映画『ミューズ・アカデミー』レビュー - はたして自分が見ているのは、 女なのか、彼女なのか、何なのか

五所純子による、映画『ミューズ・アカデミー』レビュー – はたして自分が見ているのは、 女なのか、彼女なのか、何なのか

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)