子育て1年生、買ってよかった育児グッズ(前編) 「KAZAK」編集・発行人アギーの「わたし産みましたわ」

子育て1年生、買ってよかった育児グッズ(前編) 「KAZAK」編集・発行人アギーの「わたし産みましたわ」

子が、この10月にとうとう1歳になりま〜す!!パチパチパチパチ!!というわけで今回は、子育て1年生の自分が買ってよかったと思う育児グッズを2回に分けてご紹介します。


①ピジョンの哺乳瓶「母乳実感
まずは、ピジョンの哺乳瓶「母乳実感」。できれば母乳で育てるつもりだったので(ラクそうだから)、哺乳瓶は必要ないかも〜と思っていたのですが、無知の極みでした。自分の場合、最初の2ヶ月は看護師さんもびっくりするくらい母乳が出なかったため、毎回、形ばかりちょこっと母乳を吸わせたあとに(でもこれが、あとあとちゃんとおっぱいが出るようにするためにとても大事)、哺乳瓶でミルクを飲ませていました。しかも出産直後は授乳間隔も短く、とてもじゃないけど使用後に分解して洗って煮沸、という手間を毎回毎回やってられない!!結局、買い足し買い足し、3本をローテーションして使ってました。そうでなくとも、べつの人が面倒を見る日やお白湯を飲ませたりするときに、哺乳瓶はふつうに必要!

②コンビの哺乳瓶消毒器「除菌じょ〜ず
哺乳瓶の煮沸消毒も、最初はいちいち鍋にお湯を沸かしてといった昭和の方法でやっていたのですが、これがかなりストレスに。泣きたくなるほど時間がかかるし、熱いし、めんどくさい。まだ消毒をしていないのに次のミルクを求めて子が泣き出したときなんかは、まじで絶望していました。で、もっと早く買えばよかった!!!!と後悔するほど重宝したのがコンビの「除菌じょ〜ず」。洗浄したあとの哺乳瓶をセットして、水を入れてチンするだけでスチーム除菌ができ、しかもそのまま保管ケース代わりにもなるというすぐれもの。しかも離乳食の器やスプーンも消毒できるなど汎用性高し。抱きしめたいほど最高!ヤンヤヤンヤ!

③エルゴ「ADAPT」、モンベルの抱っこ紐
抱っこ紐のエルゴは、新生児期から使える「アダプト」の毛羽立ちが目立ちにくいグレーを購入。この前に書いたモンベルの抱っこ紐と使い分けをしながら、どちらも重宝しています。長時間つけるはエルゴ。ベビーカーで出かけた時のサブ用に、カバンの中に入れて持って行くのがモンベル。後者はベビーカーに乗せていても途中で「抱っこ抱っこ!」となる時があるため、必需品であります。

④ベビーカー「BABYZEN YOYO+
抱っこ紐とならぶ、子育てグッズの目玉がベビーカーですよね。自分の場合はもっぱら車よりも電車移動が多いことと、家の玄関が狭いので毎回たたむ必要があること。これらの2点をふまえて軽くてコンパクトなものに自然と選択肢が絞られました。あとは毎日使うものだから、好きなデザインであることも大事。これらの条件に見事ぴたりと当てはまったのが、フランス製の「BABYZEN YOYO+」でした。自動改札機もスイスイ通れる車幅、片手でたため、三つ折りでコンパクトになること、そしてなにより余計な装飾が一切ないシンプルな見た目に満足してます。ところで、ただでさえ腹に力を入れることを避けたい妊婦は、ベビーカーを選ぶときに車体を持ち上げてみたり、販売員の方が見せてくれるようにジャッ!と片手で開いてみるなど、じっさいの使用感を試すことができないのです。スペックと見た目、あとはパートナーの意見で判断するしかない。

⑤「ウタマロ石けん
いったいこの世に、ウタマロ石けんで落ちない汚れはあるのか(いや、ない)。手洗いする汚れ物には朴訥とした水色のコイツですよ。こんなに働き者で100円前後とかすごいでしょ。

⑥ヴェレダ「カレンドラベビークリーム
子の通っている保育園は布おむつ派なのですが、あるとき、おしりが真っ赤にかぶれてしまったことがありました。調べてみると、どうもヴェレダのおむつクリームがよいらしい。根気よく数日ヌリヌリしていたら、ある日とつぜんスッキリと治っていました!こんなに効果があるなんてとびっくり助かったよ!

⑦トラセリアのモビール「ジャングル
天井からぶら下げるモビールは、トラセリアの「ジャングル」にひとめぼれ。キリンさんがいるねえ、トラさんがいるねえ、これはシマウマさんだねえ、と生まれて間もなく、ぼーっと天井を見上げているばかりの子に一生懸命話しかけたなあ。オルゴールのついているのもあったみたい。そっちでもよかった!

⑧おしりふき
いろいろなメーカーから出ているおしりふきを検証。いまのところは、赤ちゃん本舗の「水99.9%」というのが大きさ、厚さ、一枚の取り出しやすさなどを総合すると一番好きかもしれない。

⑨肌着
ねんねちゃんのときは赤ちゃん本舗の浴衣タイプ、首が座ってからは〈H&M〉のオーガニックコットンのものを愛用しています。山下清みたいなランニングがお股までつながっているやつだよ。肌着はたーくさん枚数が必要なので、コスパがよいのが一番です。

⑩BOSおむつが臭わない袋
使用後のおむつは、BOSの「おむつが臭わない袋」に入れればほんとに臭わない。思わずくんくんして、ちょっとぐらいモレないのかよう、と確かめたくなる。さらに、パッキン付きの台所用消臭ゴミ箱を買って、おむつ専用のゴミ箱にしてます。これで、いまのところ臭いトラブルはなし。

aggiiiiiii

アギー≫ZINE『KAZAK』編集/発行人。兵庫県出身、東京都在住。独自にガールズカルチャーを追い続ける。GINZA2016年11月号「読むファッション」特集では「KAZAK in GINZA」を制作。
http://kazakmagazine.blogspot.jp/

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年9月号
2019年8月9日発売

GINZA2019年9月号

No.267 / 2019年8月9日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
センスって何?/最新靴バッグ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)