SEARCH GINZA ID

小沢健二ツアーが開幕!「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」の主にツアーグッズのレポート

小沢健二ツアーが開幕!「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」の主にツアーグッズのレポート

小沢健二のツアー魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ初日に行ってきた。

そこで出会ったのが彼ら。
ozkn06

『キック・アス』みたいな、ヒーロー・ヒロイン風のマネキンが会場のあちらこちらに。

ozkn07
『東京の街が奏でる』のときのキツネのお面を被った人たち(*1)のよう。GINZAはかつて彼らにインタビューをしたことがあるので、いつかこの方々にもお話を聞ける日が来るのかもしれない。

ozkn08

とにかくこのスーパークールなマスクがどこで手に入るのか。それを知れる日が来るかもしれない。

なんといってもこの日が初日。まだなにか分かろうとするのは早いんだろう。
そう思って、とりあえす彼らが着ていたツアーTシャツや、グッズをチェックすることにした。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

オザケンといえばやっぱりボーダー。よーくタグを見てみると…、ん?「サメに注意」?「フクロウの声が聞こえる」??(ライブを観るとこの意味が分かる!)しかし「スーパーヒーローの気分で着用」って、最高やな!

ozkn04
OLIVE VIVE!“オリーブは生きている”Tシャツ。ネタ元はギンザ2015年5月号別冊で復活していた「オリーブ」のドゥワッチャライク。(*2)物語から現実が生まれている!

Exif_JPEG_PICTURE

そして飛行機Tシャツは、色やプリントにかなりバリエーションがあるみたい。今回この「ヒコーキコー」ロゴがいろんなアイテムに使われている。


ヨットサック。洗いのかかったキャンバスとヨット用のロープがかわいい。どんぐり拾いにいいらしい。

 

ozkn05
『魔法的モノローグ台本+4+2』とピカピカひかる電子回路。本には1月のツアー発表パーティーで披露したモノローグ(ウワサのロングジョンに対するなみなみならぬ思い入れも)と『子どもと昔話』で連載していた『うさぎ!』から6話が掲載されている。赤の布張りにブルーのしおり紐がおしゃれ。モノローグを読むと新曲をより深く味わえる。し、オザケンのドゥワッチャ的テキストはやっぱ最高に面白い。あと、この電子回路もあったほうが、断然ライブが楽しいです。

本題のライブについては、すでに各所で大きな話題を呼んでいるとおり。観てる自分が、スーパーなヒーロー・ヒロインに(まるで会場で出会った彼らみたいに)“変身”できちゃうんじゃないか?ってくらいのパワーをもらえる、そんな体験だった。言葉がグルーヴに乗って身体の奥の奧にまで、しっかりお届けされてる感じ。行けば行くほどに、聴けば聴くほどに、中毒になりそう。まさに魔法的!

ツアーはまだまだ続くので、チャンスがあったらぜひ。

冒頭の『キック・アス』風の人々も、詳報が分かったらまたアップデイトします!

*1 ギンザ2012年6月号GGG『INTERVIEW』。気になる方はこちらから。
*2  ギンザ2015年5月号別冊『オリーブ』で復活を遂げた『ドゥワッチャライク』。この中で“OLIVE VIVE(オリヴェ、ヴィヴェ。オリーブは生きている)”Tシャツが登場していた。

Illustration:sucreusagi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)