SEARCH GINZA ID

「KYOTOGRAPHIE 2020」が開催。遠藤克彦建築研究所が手がけるウィン・シャの展示に注目

「KYOTOGRAPHIE 2020」が開催。遠藤克彦建築研究所が手がけるウィン・シャの展示に注目

2020年9月19日(土)から10月18日(日)にかけて「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020」が開催。京都市内にある14箇所の会場にて作品が展示される。今回は、遠藤克彦建築研究所が空間演出を担当したウィン・シャによる『一光諸影』にフォーカス。


毎年春に行われていたが、今年は異例の秋開催となった「KYOTOGRAPHIE」。「目に映るもの」「想像して見るもの」を意味する“VISION”をテーマに掲げ、国籍を問わない10人のアーティストが出展する。

今回取り上げるのは、香港出身のウィン・シャによる『一光諸影』だ。同氏は、映画監督ウォン・カーウァイの元専属フォトグラファー兼グラフィックデザイナーとして知られるアーティスト。京都室町で280年の歴史を持つ帯匠「誉田屋源兵衛」の「竹院の間」を舞台に、2000年公開のロマンス映画『花様年華』のスチール写真や、初公開のものを含む映像作品が並ぶ。

遠藤克彦建築研究所が担当した空間演出も見どころ。奥行きのある「竹院の間」の構造を利用し、写真や映像が一直線に配置される。“帯”のように一筋に連なった作品に沿って奥へ進むことで、ストーリー性のある『一光諸影』の世界観を堪能することができる。

アート作品と空間デザイン、そして、京都の建造物を一度に楽しめる「KYOTOGRAPHIE」。この贅沢な機会をお見逃しなく!

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020『ウィン・シャ / 一光諸影』」

会期: 2020年9月19日(土)~10月18日(日)
場所: 京都市中京区室町通三条下る「誉田屋源兵衛 竹院の間」

公式ホームページ

Text: Koki Yamanashi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)